占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。主に日記を綴っているnoteはhttps://note.mu/maki_akari、Instagramはmaki_akariです。

2017年7月9日、やぎ座満月。壊れるほどの情熱と、胸に秘めた希望と。

f:id:makiakari:20170708162633j:plain

2017年7月9日、やぎ座で満月が起こります。今回の満月はなかなか印象的な配置です。やぎ座の月は冥王星コンジャンクション、対岸のかに座では太陽と火星がとても近い場所にあります。そしててんびん座では木星があり、これらの星々がTスクエアという配置になっているのですね。なかなかガチ勢が出揃っているというか、アウトレイジがあるというか……って物騒な例えはともかくとして、非常に強い配置であることは確かです。

 

自分はこうしたいんだ、現状を壊してでも絶対にこうしたいんだという情熱がわきやすいときです。何がなんでも叶えたい目標や高いハードルに取り組んでいる人にとっては「本気が試される」ようなタイミングであり、しっかりとベストを尽くして結果を出すことができる人も多いだろうと思います。もしそうなったら素敵ですね。頑張ってきたご自分を、しっかり褒めてあげましょう。

 

ただ、何かに取り組むといっても、そのやり方や熱量は人それぞれですよね。「本当はやりたくないけどやってる」「辛いけれど我慢している、もう限界かも」といった矛盾する何かを心の中でなだめながら毎日をやり繰りしている人にとっては、この満月前後にひとつの方向性を見出していけると思います。ちょっと思い切った決断をする必要も出てくるのかもしれません。しんどかったり、悩んでしまっていても大丈夫です。しんどいのは、それだけ自分にとって大切な出来事だから。どういうかたちであれ、ここまで頑張ってきた自分というのは確かに存在するわけです。しんどいことにも意味があります。良いチャンスと思って、自分としっかり向き合ってあげることで道が見えてきます。

 

また「熱意が空回りしているように感じる」「やり場のない感情を扱いきれない」といった気持ちを抱いている人も多くなりそうな満月です。この場合は何よりもまず、感情を爆発させるよりもその熱意や思いをいい方向に向けてあげることを考えてみてください。この場合の「いい方向」というのは、「世間的にいい方向」「周囲が自分に求めるいい方向」ではなく「自分がいいと思う方向」です。淋しさや怒り、やるせなさといったものに我慢や妥協をしてきた人は、ぷつっと切れないように注意が必要ですよ。それでもなお爆発するほうを選ぶなら、ちょっとだけ爆発の仕方を考えてみましょうか。暴発ではいかんのです。せっかくここまで頑張ってきたというのに、激情に流されてまわりと衝突してしまったり、ここまでの努力を無にしてしまってはもったいないですからね。

もしもあふれる思いが止まらないときは、自分にとって「何が一番幸福なのか」を今一度、考えてみてください。今回の満月は、自分の情熱や衝動と幸福、これらにうまく折り合いをつけていくことが、星を味方にするベストな選択となります。

 

物騒なことも書きましたが、いずれにせよ満月は「満ちる」タイミング。自分の中にある熱い炎をどうしていくか。どう行動や言葉に変えていくか。試行錯誤したって良いのです、でも意思をもって自分の炎を、ひいては自分自身の心を運用していくことが大事なのだろうと思います。どなたにとっても、良い満月でありますように。

 

 

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

noteでは主に日記とか日々のつれづれを書いています。しょーもないことも多いのですが、よかったらぜひご覧ください。

note.mu

【宣伝】
どのようなお悩みでも詳しくご相談いただける個人鑑定(メール鑑定)を、BASEで承っております。仕事運など悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

※最近ご依頼が多くいただけるようになり、時折SOLD OUTとなってしまっています。が、毎日20時に枠を追加しておりますので、恐縮ですがタイミングをみてアクセスいただけますと幸いです。

makiakari.thebase.in

アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

 

 

 

【更新・掲載情報】ちょっぴり冷静になれるといろいろうまくいくかもしれない7月の占いまとめ

f:id:makiakari:20170331075924j:plain

2017年下半期がスタートしましたね。土曜始まりの月初というのはなんとなくのんびりムードといいますか「まあボチボチやっていこうかね」という雰囲気が世間的に漂っているようで、おもしろいなと感じています。

さて、7月に入ったということで占いがもろもろ更新されていますのでまとめてお知らせいたします。7月は5日に金星がふたご座入り、6日に水星がしし座入り、20日に火星がしし座入り。全体的にコミュニケーションが活発になってくると思いますが、若干感情的にヒートアップしやすいとき、と言えるかもしれません。できれば冷静さを心がけていくと、あなたらしく過ごせるのではないかと思います。ハッとしてグーじゃないですけどカッとしてゴーみたいにならないように、って私「ハッとしてGood」って聴いたことないんですけど何を書いているんだ俺は。一瞬昭和にタイムスリップしてたわ!(∪ ´ω` )ここは誰!私はどこ!(もう何がなんだか)

こうしたタイミングだからでしょうか、最近、怒りについてよく考えています。悲しみが結晶化したものが怒りなわけですが、これを溜め込んでしんどくなっている人はとても多いのですね。優しくあろう、我慢づよくあろうという方には特に。怒りを上手に出していくやり方など、また書いていけたらと思ったりもします。

 というわけで今月の連載もの、ご紹介です。全部無料でお読みいただけます。

 

幻冬舎plus 7月の恋愛運

www.gentosha.jp

★ALICEY 悪魔の誕生日占い

ステージがかに座からしし座に移る7月。なかなか勢いのある星の配置ですが、あなたの恋のゆくえのご参考になればと思います。

www.alicey.jp

4yuuu!7月の占い

4yuuu.com

 

4meee! 7月の占い

4meee.com

★カートピア「真木あかりのお出かけ占い」

Webでは出ていませんが、紙媒体のほうで「真木あかりのお出かけ占い」を連載させていただいております。全国のSUBARU販売店でもらうことができます。

www.subaru.jp

★引っ越しありがち心理占い

www.0003.co.jp

 

ちなみに下半期スタート、というわけで下半期占いもご紹介しておきます。総合運、仕事運、恋愛運です。こちらからどうぞ!

makiakari.hatenablog.com

 

 

2017年下半期の運勢を公開しました

f:id:makiakari:20170624013914j:plain

2017年下半期の運勢を公開しました。今回は先日購入したミュシャタロットの1枚引きでも入れようかしらと思っていたらお恥ずかしいことに余裕がなく……2018年の年間占いではなんとか新しい試みも取り入れたいと思っています。って、あぁ〜宣言してしまったぁぁぁぁぁ〜(バカ)

 

各星座の運勢は下記よりご覧ください。すべて無料で全文ご覧いただけます。みなさまの毎日に、少しでもお役に立てるようなことがありましたらこんなに嬉しいことはありません。

★2017年下半期 おひつじ座の運勢
★2017年下半期 おうし座の運勢
★2017年下半期 ふたご座の運勢
★2017年下半期 かに座の運勢
★2017年下半期 しし座の運勢
★2017年下半期 おとめ座の運勢
★2017年下半期 てんびん座の運勢
★2017年下半期 さそり座の運勢
★2017年下半期 いて座の運勢
★2017年下半期 やぎ座の運勢
★2017年下半期 みずがめ座の運勢
★2017年下半期 うお座の運勢

 

2017年下半期において大きな動きはまず10月10日の木星移動。てんびん座からさそり座へと移動します。それから12月20日の土星移動。いて座に2年半滞在した土星が、満を持してやぎ座に移動するのですね。星座によってはかなり大きなターニングポイントだと感じる方も多いかもしれません。そのあたりをモリモリッと書いております。

また、下半期の水星逆行は8月13日〜9月5日、12月3日〜12月23日です。このへんはまた、近くなったらブログでも書いてまいりますね。

どなたにとっても、よき下半期でありますように。頑張ってまいりましょうね。

 

 

 【以下宣伝です】

幻冬舎幻冬舎plus」でコラム「ご縁の法則」連載中です。15日がコラム、月末が恋愛運に特化した占いです。ご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。毎朝ホロスコープを読んで運勢と「今日のことば」をつぶやいています。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

 

noteでは、占いとはあまり関係のない日記や日々のつれづれを書いています。「日記が暗すぎて不安になる」と友人たちから不評なのですが、私はだいたい元気です(∪ ´ω` )

 

★年間占い、下半期占いより詳しい鑑定はBASEにて受け付けております。すべてメールのやりとりで完了する鑑定です。恋愛運から仕事運、転職の転機、お引っ越しの方位や時期、相性、復縁、不倫のお悩みなど悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

★アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

 

 

 

 

2017年下半期 おひつじ座の運勢

f:id:makiakari:20170624013531j:plain

2016年秋から今に至るまで、おひつじ座の人々の運勢においては対人関係に強いスポットライトが当たっています。いつも以上にさまざまな人があなたにコンタクトをとってきたことでしょうし、あなたから会いに行った人も多かったことでしょう。妙にアツすぎる会話を交わしたり、大事な交渉や約束をしたりと、コミュニケーションの中でも印象的なことが起こりやすい時期が今、なんですね。

 

こうした傾向は10月初旬まで続いていきますが、より良いものにしていこうというお気持ちがあるならば、相手の気持ちを汲んであげたり、より良い一致点を見つけていったりと、ある程度“譲る”ことも大切にすると良いでしょう。あなたは情熱的かつパワフルで、いつも能動的に自分の意思を伝え、自分の思いを貫こうとする人です。その力は素晴らしいものであろうと思いますが、コントロールすることにも意味がありますよ。

 

といっても、今年のあなたは人と交流することで得られる数々の発見をしっかりと自分の中に取り入れて、すでに成長を遂げてもいるでしょうね。これから10月初旬にかけて、まだまだ出会いは広がっていきます。すでに出会っている親しい人の中に、新たな魅力を見つけることもあるでしょう。「広く浅く」ではなく「狭く深く」を意識していかれると良いときですから、出会った人ひとりひとりに目を向け、お気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。交渉ごとやお願いごとも今がチャンス。自分だけの利益を考えるのではなく、お互いの発展を目指す交渉であれば、すばらしい成果を出していけるはずです。

 

10月10日、木星の移動にともなっておひつじ座の人の運勢はしっとりと落ち着きを帯びてきます。人から信頼されて引き立てを受けたり、重要な役割を任されたりするようなこともあるかもしれません。多少ハードルが高いと思ってしまうようなお話もありそうですが、これも今まで陰日向なく頑張ってきたあなたの努力が認められてのこと。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

この10月以降、約1年間にわたってこういった機会は複数訪れるはずです。周りからは「すごいね」と言ってもらえたり、羨ましがられたりすることも多くなりますよ。ただ、ストレートな性格のあなたにしては珍しく、表向きの華やかさとは裏腹に心の中で葛藤を抱える暗示も出ています。というのも、ここでの活躍はこれまでのように自由で広がりを感じるものではなく、手綱をつけられているような、息が詰まるような感覚を伴うものになりがちだからです。正直なところ、やりづらさや息にくさが先に立つような話も少なくないだろうと思います。

 

もちろん、すべての挑戦がつまらないものばかりとは申しません。周囲の人の支援を受け、ひとりでは到底できなかったであろう喜びを味わえる時間もあるでしょう。ピンチのときこそ自分のタフネスや持ち味を再確認し、自分を失わないようにすることで、感情の波に翻弄されることも少なくすることができます。

 

少々フライングにはなりますが、来年以降、あなたは自分が担うべき仕事や役割において、ある種の試練を味わうことになります。それは決して避けられない凶事ではなく、どちらかというと弱点をなくし強みを伸ばすための通過儀礼なのですが、この秋から巡り始める運命は、そこで起こることとリンクしてくる出来事も多々ありそうです。ストイックに、自分の目指すものに忠実に。そんな過ごし方を意識していかれると、この時期は非常に有意義なものになるでしょう。

 

<恋愛運>

上半期はさまざまな異性と接点を持ちこの世の春を謳歌した人も(なんだこの昭和な表現は)多いだろうと思いますが、思いがけない出会いやドキドキするような駆け引きといった、「これぞ恋の楽しみ」的な明るいムードを伴うのは9月いっぱいまで。秋の気配が漂い始めると、楽しさよりも確実さを求めたくなってきます。といってもこれは決して悪いことでもなんでもなく、恋に求めるもの、あなたの真剣度合いが変わってくるというお話です。

 

私たちは変化というものにあまり強くはありません。特に自分の心境が変わるときは、自分が自分でなくなってしまうような心もとない気持ち、信じていたものや拠り所が失われるような不安を味わうこともあるでしょう。ただ、長い目で見ると人が成長するにあたって、必ず変化はするものなのですよね。特にこの秋においては、そうした成長に伴う変化というものが起こりやすいときなのだろうと思います。むしろ、これまでの自分の恋愛スタイルにこだわらず、今の自分が求める愛にしっかりと向き合って、これまでのやり方にこだわらないほうが今の星回りを味方につけるには有効と言えるでしょう。

 

さて、真剣モードに移行したおひつじ座の人にこの秋以降巡ってくるのは、非常に深いご縁を感じる方、と言えるでしょう。偶然が重なったり、共通点が多かったりと、驚くようなシンクロニシティを感じられるはず。一点注意したいのは、お相手にパートナーがいたり、何らかの深い秘密や痛みを内包していたりと、のっぴきならない事情を抱えている可能性がある、ということです。愛においてまっすぐに情をを注ぐところはあなたの素晴らしい性格のひとつですが、進退に関してはどうぞ、慎重になさってくださいね。

 

なお「これまでのやり方にこだわらない」というのは、カップルにおいても同じことです。結婚観やパートナーシップに関する考え方などでどうしても埋まらない溝ができ「2人でいる価値はないかもしれない」と思うに至ったならば、関係を続けることにこだわりすぎず、幕引きを検討するのも幸せへの道と言えるでしょう。無理に別れろと言うわけではありません、続いていくならばそれはそれで素晴らしいことですが、ここで自分のホンネに蓋をしても、また同じ問題が必ず持ち上がってきます。もしそうした自分に気づいたら、ホンネとしっかり向き合ってあげてください。

 

<仕事運>

人脈が広がり、コミュニケーションが活発になるときです。交渉ごとや調整ごともサクサク進み、2月から6月にかけてモタモタとしていたことも、この夏にはすっかり調子を取り戻すことができるでしょう。持ち前の闘争心をフルに活かして……と言ってしまうといささか物騒にすぎるかもしれませんが、積極的に物事を仕掛けていくと良いでしょう。特に10月上旬までは、社内外のパートナー、同僚、先輩や後輩としっかり意思疎通をはかり、つながりを作っておきたいところです。ただし8月下旬、確認ミスやカン違いなどでバタバタしそうな暗示も。「言ったつもり」「伝えたつもり」で大損をすることもありそうなので、9月頭までは慎重に過ごしましょう。電話や会議など、言った言わないの争いになりそうなことはメールや議事録で保身をはかって。

 

10月以降、仕事運に変化が訪れます。大きな仕事を任され、責任の範囲もそれにともなって広がるでしょう。プレッシャーはそれなりに大きいはずですが、得られるものも大きいはず。期待に応えられるよう頑張ってみると良いでしょう。

 

10月からの1年間では、上司の引き立てを受けて昇進するなど、名実ともにステージがワンランク上がる人も多そうです。まとめ役、指導役という立場はどんどん引き受けていくと良いでしょう。ただ、新しいポジションに就く場合も、先輩や上司のやり方をいきなり変えるのはよしたほうがベター。現行のルールや方法はムダが多くつまらない過去の遺物に見えることもあるかもしれませんが、今こうして成り立っていることにもちゃんと理由がありそうですよ。それを無視して自分のやりたいことをすると、思わぬ落とし穴にはまることも。先人のやり方を真似つつ、少しずつ自分仕様にしていくのがこの時期はベストと言えそうです。

 

 

さあ、2017年も後半戦。いろいろと計画も立てておいでかと思いますが、おひつじ座の人ならきっとガンガン頑張っていかれることと思います。充実した良い日々になさってくださいね。心から、応援しております。

 

真木あかり

 

 【以下宣伝です】

幻冬舎幻冬舎plus」でコラム「ご縁の法則」連載中です。15日がコラム、月末が恋愛運に特化した占いです。ご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

 

noteでは、占いとはあまり関係のない日記や日々のつれづれを書いています。「日記が暗すぎて不安になる」と友人たちから不評なのですが、私はだいたい元気です(∪ ´ω` )

 

★年間占い、下半期占いより詳しい鑑定はBASEにて受け付けております。すべてメールのやりとりで完了する鑑定です。恋愛運から仕事運、転職の転機、お引っ越しの方位や時期、相性、復縁、不倫のお悩みなど悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

★アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

 

2017年下半期 おうし座の占い

f:id:makiakari:20170624013435j:plain

上半期はいかがお過ごしでしたか。仕事や日常の雑務に追われ、ばたばたしているうちにあっという間に過ぎたという人も少なくないかもしれません。私もこないだ正月が来たと思ったらもう6月で、いやもう驚いたのなんのって。口から心臓が3つくらい飛び出そうになりました。という話はどうでもいいと思うのですが、おうし座の人はいつも以上に忙しく感じられたことでしょう。特に2月から6月上旬あたりはなんとなく停滞感から抜けきることができず「調子が出ないけれどもやらなければならない」「なんとか挽回して良い方向へ持っていかなければ」と焦るような部分もあったりして、なかなか落ち着かない状態であったのではないかと思います。

 

運気はすでに復調していますが、10月までは引き続きコツコツと目の前のことに向き合っていくこと、地道な努力をしていくことが大事です。おうし座の人であれば、実はこうした過ごし方は嫌いではないのではないでしょうか。むしろ「肌に合う」ようなところもあると思いますので、適度に息抜きをしつつも着実にやるべきことと向き合っていきましょう。

 

すぐには結果が出ないことも多い時期なのですが、今は自分の足元を固める時期と思ってみるのも良いでしょう。ここでの頑張りというものは確実に、あなたの“これから”につながっていくはずです。もし先が見えずしんどい気分になってしまったら、これまでの人生を振り返って「あのとき頑張っておいて良かったな」と思える記憶を振り返ってみると良いでしょう。そうした体験はいくつかお持ちだろうと思いますが、その“あのとき”を作っているのが、今なのです。先が見えない日々であっても、ちゃんと未来の自分につながっていますからね。

目上の人からのプレッシャーを強く感じていた人はどうぞご安心を。なくなるわけではありませんが、だいぶ和らいでくるはずです。気難しい上司があなたの頑張りを認めてくれるような、そんな流れも起こるかもしれません。

 

もし余裕がありましたら、生活において心豊かになるものを取り入れてみるのはいかがでしょうか。たとえば丁寧にドリップするコーヒーとか、すごく肌触りの良いベッドリネンとか、ですね。新しいものを買わなくても、お気に入りのシャツにぴしっとアイロンをかけてみたり、大好きな靴をしっかりメンテナンスしてみたりと、なんでも良いです。そうした日常の豊かさが、この夏から秋にかけてのあなたの毎日を支えてくれるはずです。

 

2017年下半期のターニングポイントは10月です。10日にラッキースター木星が対人関係を意味するエリアに移動し、周囲がにわかに活気づいてきます。この時期の対人関係は、あなたとその他大勢といったにぎやかなものではなく、ひとりひとりとしっかり向き合い、対話をするような時期となります。この時期は2018年秋までの約1年間続いていくのですが、ここで出会った人はのちのち、あなたの人生においてすばらしい理解者、味方となってくれるかもしれません。

 

すでに出会っている友人やパートナーとも良い関係を築いていけるでしょう。あなたに会いたい、話がしたいと思う人が多くなりますから、今まで以上に人と会ったり、話したりすることが増えていきます。コミュニケーションが大切なときですから「広く浅く」ではなく「狭く深く」を目指して、交流を深めていきましょう。

 

2017年下半期「これをやってみたい」と思うようなことがあれば、周囲にどんどん意思表明をしていけると良いですね。9月いっぱいまでは若干現実逃避気味な発想も強くなりがちなので大きなシフトチェンジは避けたほうがベターなのですが、10月以降は「そういえば、この間言ってたアレだけど……」「協力してくれそうな人を紹介しようか?」などと、あなたにとって有利な情報が人からもたらされるかもしれません。ひとりでも多くの人に伝えることでその分チャンスは増えますから、「これがしたい」「あれが欲しい」と、積極的に周囲に伝えてみましょう。それが、今年の上半期には重要なポイントとなってくるはずです。

 

<恋愛運>

今年は仕事が忙しかったり、なんとなく現実的な気分が勝ってしまったりして恋愛スイッチが入りにくい時期に当たっています。そもそも時間や気持ちの余裕がないわいという人もいそうですが、パートナーをお持ちの方であればお相手を少々淋しい気持ちにさせてしまっていることもあるかもしれません。安定した関係には穏やかな変わらない日常が続いていくことになるかと思いますが、つき合って間もないカップルの場合は関係が冷え切ってしまったり、まるで空気のような間柄になってしまったりするかもしれません。忙しいながらも、会えるときはしっかりと互いの心を通わせるような、そんな愛情を育んでいけると良いですね。

 

シングルの人に追い風が吹くのは10月以降。ここからはパートナーシップに光が当たりますから、積極的に動いていかれてください。ここまでいまひとつ恋愛に興味が持てないまま来た人も、幸せな恋をしたいと思う気持ちがあるならきっちりとスイッチを入れていきましょう。ここが曖昧なまま「いい人がいれば……」などと思っていても、せっかくの星のあと押しも活かしきれません。

 

この10月以降に巡ってくるご縁というのは、あなたにとって素晴らしいものである可能性大。特に、あなたとしっかり向き合ってくれる人、心を通わせ合うような会話ができる人であれば間違いはないでしょう。無理せず自分らしく振る舞えるというのも、運命の人の条件です。自然とあれこれ話したくなる、カッコ悪いところも晒し出せるというのはこの時期、「この人かな」と確信して良い部分です。

 

10月以降は間違いなくラッキーシーズンではありますが、ひとつだけご注意を。今年から来年にかけて、将来を見据えたお話がとんとん拍子に進んでいく人も多いかと思います。ただ、もし一緒にやっていけるかどうか疑問がある場合は勇気を出して立ち止まってみてください。いったん距離を置くなり、お別れを選ぶなりはそこから考えると良いと思いますが、自分のどこかに「こんなにいい人とはもう巡り会えないかも」「別れたら次がないかも」という気持ちがあるのなら、それを排除した上でお相手を見つめてみてください。計算や妥協は、本心には負けます。あなたもお相手も幸せになるために生きているわけですから、そこは見ないふりをしないことです。

 

<仕事運>

10月まではコツコツと地道に現状維持を心がけていくと良いでしょう。……と言ってしまうと酷なくらい、おうし座の人は昨年秋から努力を続けておられると思います。大きな進展や先々の明るい見通しを求めるよりも、ひたすら目の前のことばかりという状態になっている人も多いかもしれません。

 

いい加減疲れてきてしまったならば、折れずにめげずにコツコツやっていく方法をまずは考えていきましょう。たとえば、「今やっていることに意味があるのだろうか」「自分なんかいくら頑張っても無駄なのではないか」と思えてしまうのは、おそらく疲れがたまってしまっているから。負のループにはまってしまうと辛くなるだけです。自分を追い込んでも良いことはひとつもありませんから、「今日のタスクはクリアした! えらい!」「ミスなくできた! すごい!」と、今の自分が確実にできていることに目を向けていけるといいですね。

 

そしてコツコツと……ってもうコツコツはええわ!と叱られそうなくらい繰り返しておりますが、「コツコツ」というのは何もただ耐えるのみ、というわけでもないのですね。あなたは繰り返し練習して技術を身に着けたり、じっくりと何かを学んだりすることには並々ならぬお力を発揮できる人ですが、この時期は星の後押しを受けて、その強みをさらに発揮できるときです。身につけたいものがある人は、この10月までにトライしてみてはいかがでしょうか。

 

現状がしんどく感じられ、転職を考えている人であれば秋まではどうぞ焦らずに。やりたいことがあって転職するならばOKですが、「つまらない」「逃げたい」といったマイナス思考からスタートしてしまうと、自分の中に「頑張りきれなかった」という遺恨を残してしまいがちです。

 

羽海野チカさんの『3月のライオン』(白泉社)2巻に、「『逃げなかった』って記憶が欲しかった」という言葉が出てきます。このあと、会話の中でそれが説明されていくのがとても良いシーンだったのでぜひ作品をお読みいただければと思うのですが、「がんばれた状況だったけれども逃げた」という記憶があると、次に正念場を迎えたときにその記憶が邪魔をすることがあるのですね。また逃げればいいという、易きに流れる気持ちが生まれるかもしれません。自分がまた逃げてしまうのではという恐れの気持ちかもしれません。どちらにせよ、自分を信じてあげられない、どこか疑ってしまうという状態では、パフォーマンスは上がりにくいでしょう。逆に、結果はどうあれ「やれるところまでやった」という記憶を持てていたならば、それは確固たる自信となってあなたを支えてくれるはずです。

 

もちろん、何があっても逃げるなと言いたいわけではありません。たとえばパワハラやいじめといったものは、逃げないといけません。悪に手を染めるだけのような仕事であれば、離れるべきでしょう。そういうときは「もういやだ」ではなく「良い環境を得るために逃げるぞ」と、意思をもつと良いでしょう。ちょっとした気の持ちようみたいですけれども、だいぶ違いますよ。あなたはとても我慢づよい人ですから、あなたが嫌だと思うことであれば相当のものだと思います。だからこそ、その資質を活かすためにもしっかりと「選ぶ」ことを心がけていきましょうね。

 

10月以降、仕事上での人間関係は非常に良くなりますし、交渉や話し合いといったことにも前向きなムードが満ちてくるだろうと思います。待ち望んでいたようなチャンスが訪れるかもしれません。それはきっと、ここまでのあなたの努力を見ていた人が「君だから任せたい」といって持ちかけてくるような、あたたかで信頼に溢れた話ではないだろうかと、私は想像しています。

 

 

2017年後半戦、ぜひとも良い季節にしてまいりましょう。心から、応援しています。

 

真木あかり

 

 【以下宣伝です】

幻冬舎幻冬舎plus」でコラム「ご縁の法則」連載中です。15日がコラム、月末が恋愛運に特化した占いです。ご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

 

noteでは、占いとはあまり関係のない日記や日々のつれづれを書いています。「日記が暗すぎて不安になる」と友人たちから不評なのですが、私はだいたい元気です(∪ ´ω` )

 

★年間占い、下半期占いより詳しい鑑定はBASEにて受け付けております。すべてメールのやりとりで完了する鑑定です。恋愛運から仕事運、転職の転機、お引っ越しの方位や時期、相性、復縁、不倫のお悩みなど悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

★アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

 

2017年下半期 ふたご座の運勢

f:id:makiakari:20170624013321j:plain

2016年秋からスタートした「創造と愛の1年」、いかがお過ごしでしょうか。ふたご座ならではのきらきらとした好奇心をフルに発揮して、まだ誰も見たことのないもの、価値あるものをたくさん生み出してきたのではないだろうかと私は想像しています。お子さんのいる方は、いつも以上に子どもとの関わりが濃く、豊かなものになってきているかもしれませんね。

 

といっても、春あたりは創造どころかモタモタ、モヤモヤとした印象ばかりが募っていたという人も多いのではないでしょうか。カギを握るラッキースター木星が逆行というイレギュラーな動きを見せていましたから、2月から6月上旬くらいまでは「流れが悪い」と感じやすいときだったのですね。すでに運気は復調しており、明るい兆しが見えています。7月などは公私ともに人気運がアップし、楽しい時間を過ごせるでしょう。

 

8月はばたばたと身辺に動きがある時期です。まず初旬、海外など遠方から思ってもみないチャンスが巡ってくるかもしれません。下旬は若干波乱含みですが、IT・情報分野のお仕事に就いておられる方であれば印象的な転機を迎える暗示も。こうしたいくつかの転換点を経ながら、10月にかけて一気にドライブをかけていくような星の動きになっています。しっかり波に乗っていきたいところです。上半期に積み残したことがある人は、9月いっぱいくらいまでに全部取り戻していくくらいのお気持ちでいらしてください。

 

秋までのキーフレーズは「楽しく欲張る」。自分が楽しいと思うことをとことん追い求める貪欲さが、運気を底上げしてくれます。これはプライベートにおいても仕事においても同様で、どちらか一方に偏るのは良くありません。運気の流れを鈍らせてしまうことにもつながりますから、仕事も遊びも徹底的に追い求めていきましょう。ふたご座ならではの知的好奇心を発揮して、世界中に散らばっている楽しみごとのかけらをもっともっと、拾い集めてみるとよろしいだろうと思いますよ。ぜひ、心の中の宝箱をいっぱいにしていきましょう。

 

10月は転機が訪れます。これまで「攻め」の状態にあった運気が「守り」の状態に転じるでしょう。ここから2018年秋までの1年間は、自分が周囲の人にどう貢献していけるのか、また何をすべきかを考え、コツコツと実行に移していくべき1年です。何かを獲得していくときの華やかさ、ワクワクするような冒険といった感覚は薄らいでいくものの、不思議と淋しさはないでしょう。代わりに生まれるのは、「今あるものをより良くすること」「地に足をつけて頑張っていくこと」の喜びと確かな手応えです。あなたが持っている力を、知識を、そしてすばらしい好奇心を、周囲の人たちのために使ってあげてください。きっと、良い時間になるだろうと思います。

 

ここ2年ほど、人間関係のしがらみやコミュニケーションにおけるやりづらさ、うっとうしさを感じておられた人には朗報です。この下半期において、そうした状況は次第に解消していきます。あなたはコミュニケーション上手でスマートな人ですが、実は周囲が驚くほどの反骨精神の持ち主でもあります。この2年は腹に据えかねるようなこともたくさんあったことでしょう。おつかれさまでした。クリスマスを迎える頃には明るい兆しが見えてきますから、どうぞ安心してくださいね。

 

<恋愛運>

愛情面は10月まで、非常に楽しい時期が続いていきます。間違いなくモテ期ですから、出会いを求める人はどうぞ積極的に人が集まる場に足を運んでみてはいかがでしょうか。カップルは相手をしっかり見つめて「未来」に目を向けられるとき。ふたご座はもともとさっぱりとしたパートナーシップ観の持ち主であり、ひとりに縛られない自由な恋愛をすることも多い人々です。それでも、この時期はどこか本気で、一番大切な人との今と今後を考えたいという気持ちが高まっていくでしょう。

 

さっぱり恋のチャンスに恵まれないという人であれば、自分で自分に抑制をかけてしまっているのかも。恋は楽しいことも多いものですが、決してそれだけではありません。人と人が関わり合う中で、どうしても軋轢が生まれてしまうことだってあります。もし「恋は辛いもの」「どうしたって苦しいもの」といったネガティブな思いを抱えているのなら、この時期は恋愛の楽しい側面を、愛し愛される喜びをもう一度信じられる時期にあたっています。恋をしたいな、という思いがあるならば、ぜひ早めの段階で自分に「いい恋をして、幸せになろうね」と、言ってあげてください。そこから始まるストーリーは、必ずや彩り豊かなものになるでしょう。きっと、あなたの人生を濃く豊かにするであろうと、私は確信しています。

 

そして、あまり不安を煽るつもりはないのですが……2017年下半期は、問題や障害を内包する、そして解決の見込みが立たない恋愛は終わりを迎えるかもしれません。もしもお別れになりたくないのであれば、どうか大切な方の手を離さないようにしてくださいね。そして、今からでも大丈夫ですから大切にしてあげてください。しんみりしてしまって恐縮です、これは誰にでも起こるというわけではありませんので、思い当たった方だけ参考になさってくださいませ。

 

<仕事運>

2017年前半は「面白いものを作り出す」ことに追い風が吹くときでした。夏の間は引き続きワクワクするような状況が続いていきます。これまでになかったすばらしいものを作り出そうと力を尽したり、新しいプロジェクトに身を投じてきたり……遊んでばかりという人もいそうな気がしますけれども(笑)って、ふたご座の方なら遊びの中からしっかりと学びも得て、有意義に過ごしておられることでしょうね。もし本当に遊んでばかりという状況であれば、そろそろ本気を出してまいりましょう。物事は運や努力だけでなく、タイミングも大切。良い時期には、しっかり動いておくのが幸運のカギです。夏の間にやれることをやっておくとよろしいでしょう。

 

10月以降はタスクが急激に増加し、地味に仕事に追われることとなります。11月下旬には、これまで先延ばししてきたことに本気で向かい合わなければいけなくなる暗示も。もし今、これをご覧になって「あれかな!?」と思い当たるアレやコレがあった方は、そのときが来たらぜひ腹をくくって頑張ってくださいませ! 責任を持って取り組むことで自分の道が見えてきますし、スキルアップもできるはずです……と、救いになりそうなことを一応書いておきます。

 

ご注意いただきたいのは、10月からの1年は「楽しい」「面白い」だけではうまくいかないということです。タスクをリストアップし、漏れなくダブリなく進めていく。時間とコストをしっかりと管理する。最後まで責任をもって進めていく。そうした、当たり前だけどときどきおろそかになる——もっとおもしろいことや興味のあることに流されて——ことをひとつひとつ、しっかりやっていくことが大切なときです。ルールづくり、マニュアルづくりをするのも良いでしょう。人によっては夜型生活を朝型生活にシフトしたり、深酒を控えて睡眠時間を確保したりと、生活を整えるのも仕事のクオリティ向上につながるはずです。

 

コツコツと努力を積み重ねていく過程というものは、ときに華やかさに欠ける、つまらないものと思えることもあるかもしれません。ただ、あなたが生み出す素晴らしいものを待っている人はたくさんおられるはずです。それが実感できるのは少し先のことになるかと思いますが、あなたの喜びも大きいだろうと思いますよ。ぜひそのときを楽しみに、頑張っていらしてください。

 

 

さあ、2017年後半の始まりです。10月の切り替わりを意識して、今できること、今しかできないことを貪欲に求めていけると良いですね。頑張ってまいりましょう。心から、ふたご座のあなたを応援しております。

 

 

真木あかり

 

 【以下宣伝です】

幻冬舎幻冬舎plus」でコラム「ご縁の法則」連載中です。15日がコラム、月末が恋愛運に特化した占いです。ご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

 

noteでは、占いとはあまり関係のない日記や日々のつれづれを書いています。「日記が暗すぎて不安になる」と友人たちから不評なのですが、私はだいたい元気です(∪ ´ω` )

 

★年間占い、下半期占いより詳しい鑑定はBASEにて受け付けております。すべてメールのやりとりで完了する鑑定です。恋愛運から仕事運、転職の転機、お引っ越しの方位や時期、相性、復縁、不倫のお悩みなど悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

★アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

 

2017年下半期 かに座の運勢

f:id:makiakari:20170624013229j:plain

2017年上半期はいかがでしたか。昨年秋からどこか内向き思考で、表にガンガン出ていくというよりは家や会社、慣れた場所など自分が安定して過ごせる場所に目が向いていたというかに座の人は多いことでしょう。もとよりそうした「自分の場所」で過ごすことのほうが落ち着くタイプでもありますから、居心地良く過ごせているかもしれませんね。2016年末に後悔した年間占いでは、私は「ベースキャンプ」という言葉でかに座の2017年を表現しました。ご家族や住まい、仕事をする環境など、日常に目を向け、ていねいに手を加えていく……そんな過ごし方をなさっているなら、運の流れにしっかりと乗れている証拠です。

 

かに座は2年ほど前から仕事や日常生活において、地道で粘り強い努力が求められることが多くなっているかと思います。目の前の「やるべきこと」に忙殺され、このままで良いのだろうか、果たして将来は明るいのだろうかと疑問を抱いたこともあったかもしれません。今年に入り、その重さというものは随分軽くなってきたのではないかとお見受けしますが、年末まではしがらみや義務感といったものは多少、残るかもしれません。ただ、ここでの努力は決して無駄にはならないでしょう。むしろ、葛藤や迷いの中から学べることを探してみると、実りある時期にしていくこともできるでしょう。

 

さて、2017年後半でもっともビビッドな星の動きといえば10月10日の木星移動です。かに座の人にとっては、静かな日常から一転してスポットライトを浴びるような、華やかなラッキーシーズンへと非常に大きなターニングポイントとなります。賑やかな楽しさが、身の回りに増えてくるでしょう。最初はいろいろと戸惑うこともあるかもしれませんが、物事が変わっていくときというのは、少なからずバタバタしたり「1年分の幸運を使い果たしているのでは」と不安になったりするものです。今がせっかく安定しているのに、わざわざ波風を立てたくないという思いもあるでしょう。ただ、ここでの変化は非常に楽しく、明るく、きらきらとした雰囲気を伴うものです。ぜひ、楽しみにしていらしてください。

 

10月から始まる1年間というのは、かに座の人にとって「愛」と「創造」がキーワードになります。愛情面はこのあと<恋愛>の項で詳しく述べるとして、あなた自身のひらめきや発想、センスといったものがさまざまな場所で発揮され、また評価もされることになるでしょう。ただし、誰かが決めたものに従うばかりだったり、自分の意見を持たずに流されていたりすることに留まってしまえば、得られるものもそれなりです。声をあげ、かたちにし、行動に移していきましょう。そうする中で、この時期あなたを照らす運命のスポットライトは「主役をくっきりと浮かび上がらせ、注目を集める」という本来の役目を果たすのだろうと思います。

 

人のため、また周囲のため、そして人目を気にするなどしてどこか本来の自分の欲求を抑制してきたような人は、ぜひこの10月からは「やりたいことをやる」「行動を起こす」ことに目を向けていってみてはいかがでしょうか。人のために力を尽くせる優しさはあなたらしくてとても素敵だと思いますが、自分をしっかり出していってこそこの時期の運を上手くつかっていけます。2018年の秋まで続きますから、ゆっくり取り組んでも大丈夫です。いろいろな変化をしっかりと受け止めて順応しながら、少しずつ自分を変えていくというのも良いかもしれませんね。

 

なお、お子さんをお持ちの方にとっては、10月以降は今まで以上に親子の時間が充実する時期となるでしょう。楽しい思い出を、たくさん作っていかれてくださいね。お子さんにとって、人生の節々で思い出すたびに胸があたたかくなり勇気がわく思い出が、向こう1年のあいだは形成されていきやすいだろうと思います。

 

<恋愛運>

10月から1年間、恋には強い追い風が吹きます。シングルの人にはすばらしい出会いがありそうです。ここ最近は内向き思考が強まっていた人も多いと思いますが、行動範囲を狭めてしまうのはもったいないほどの時期です。自分にしっかりと手間をかけて、欲しいものをつかんでいきましょう。

 

この「自分に手間をかける」というのは重要なキーワード。外見、内面ともに「これでいいや」「こんなもんかな」というのは運気ダウンにつながります。この時期にしっかり幸運をつかんでいくためには「これがいい」と、ひとつひとつのことをしっかりと選択していくこと。「面倒だからノーメイクでいいや」「友達と会うだけだから適当な服でいいや」ではなく、「ナチュラルメイクがいい」「この服がいい」と、意思をもって“なりたい自分”でいることが大切なのです。私生活においても同様で「ランチはこれを食べたい」「読書をして自分を充実させたい」と、しっかりと意思をもって心に栄養を与えてあげてください。一見すると恋愛運とは無縁のように思えるかもしれませんが、自分を満たしてあげられるのは自分だけです。そして、良いご縁というのは充実した人のところに訪れますから、ぜひ意識してみてください。

 

カップルの場合は、プライベートの予定が忙しくなることで恋人の優先順位は少し低下するかもしれません。ただ、それが続けば変な疑いを持たれたり、気持ちが離れてしまったりすることも。10月以降は愛情運に追い風が吹く良い時期ですから、大切な人と一緒にいる時間も大切にし、絆を強めていきましょう。結婚に向けて話が進んでいく、またとないメモリアルイヤーになる可能性も高いだろうと思います。ぜひおふたりならではの幸せを、追い求めていきましょう。

 

<仕事運>

夏の間は穏やかに安定した運気が続いていきます。年内はコツコツと地道な努力が必要とされるので、時間はかかっても確実な道を選んでご自分の努めを果たしていかれると良いでしょう。ここでの取り組みは地味ではありますが、あなたにとって必要なこと。他人任せにしたり、適当にやっていたりすれば足をすくわれることもありそうですから、うっすら「めんどくさ……(∪ ´ω` )」と思うことがあってもしっかりと向き合うことはしておいたほうが良いですよ。部長のおやじギャグに付き合うとか……ってつい書いてしまいましたが、まあそれは本当に面倒くさいですよね(笑)。ただ、そうした地味な対人関係うまくやりくりしていくことも、巡り巡って意外な効能を生むのが今です。しんどくない程度に合わせていけるといいでしょう。ちなみに私は最近「電話に出んわ」という懐かしの昭和ギャグを言って男友達に呆れられました。今に「布団がふっとんだ」も言ってしまいそうです(←最高に面倒くさい人)。

 

さて、10月からはあなたの中に「今後、仕事でこんなことをしていきたい」という希望のようなものが見えてくるかもしれません。小さなことでもノートにメモをしておきましょう。それは向こう1年続く幸運期の中で、あなたが自分に合った仕事や環境を選んでいくための重要なヒントになるかもしれません。

 

この秋から来年にかけてのテーマは、自分で自分の仕事を創造していくこと。現状を変えたいという思いが生まれたならば、それは運気がバックアップしてくれているサインと前向きに受け取ってみると良いでしょう。転職や異動も十分アリだろうと思います。あなたは環境を変えることにおいては非常に慎重な人ではありますが、もちろん小さな変化だって良いのです。大切なのは「これでいい」ではなく「これがいい」をきちんと選んでいくこと。迷ったときには、この言葉をぜひ思い出してくださいね」(「電話に出んわ」は思い出さなくて大丈夫です)。

 

もしもあなたがクリエイティブ系、企画系の職種に就いておられるならば、またとないチャンスです。インプットもアウトプットも欲張りにしていけるといいですね。自分の代表作と言えるようなものを作り出していくことも可能な良い時期です。クリエイティブとまったく関係のない職種の方であっても、ひらめきや創造力を活かして業務を改善してみたり、プライベートでの体験が仕事につながったりすることもありそうです。どうぞ楽しみながら、お仕事の幅を広げていってくださいね。

 

 

内向きから外向きへ。夏が終われば、なかなかビビッドな展開を迎える秋がやってきます。どうぞその日を楽しみに、今を充実していってみてはいかがでしょうか。2017年後半、かに座のあなたを心から応援しています。

 

真木あかり

 

 【以下宣伝です】

幻冬舎幻冬舎plus」でコラム「ご縁の法則」連載中です。15日がコラム、月末が恋愛運に特化した占いです。ご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

 

noteでは、占いとはあまり関係のない日記や日々のつれづれを書いています。「日記が暗すぎて不安になる」と友人たちから不評なのですが、私はだいたい元気です(∪ ´ω` )

 

★年間占い、下半期占いより詳しい鑑定はBASEにて受け付けております。すべてメールのやりとりで完了する鑑定です。恋愛運から仕事運、転職の転機、お引っ越しの方位や時期、相性、復縁、不倫のお悩みなど悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

★アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain