占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2017年下半期 てんびん座の運勢

f:id:makiakari:20170624012938j:plain

2017年上半期、いかがお過ごしでしたか。2016年秋「12年に一度の幸運期」というものがスタートしたという占いをいろいろなところで目にしたてんびん座の人は多いと思うのですが、上半期に至っては「どこが幸運期!?」と占い師を正座させて3時間くらい問い詰めてやりたい気分だった人も多いだろうと思います。大変申し訳ありません……って別に私が悪いわけではないんですけどね。星!星のせいです!(›´ω`‹ ) この幸運期の担い手であるラッキースター木星が2月から6月まで「逆行」という動きをしており、その影響で幸運期という割にはモタモタした印象が強かったり、これまで溜め込んだ“膿が出る”ような、ショッキングな出来事に直面したりした人も多かったかもしれません。

 

ただ、どんなことでもそうですけれども、曲がりくねった道や遠回りの道にも、それなりに良いことはあるものです。ゆっくり進んだからこそきれいな花を見つけたり、じっくり考える時間を持てたりしたこともあったでしょう。幸運期とはとても思えないようなことにも、ちゃんと意味があります。まずは、ここまで頑張って歩いてきたご自分をしっかり褒めてあげてくださいませ。

 

さて、運気はすでに復調しています。ここから秋まではガツンと全力で駆け抜けるべきときですから「できることは全部やる」「もらえる幸運は全部もらう」うらいのお気持ちでいらしてください。あなたは非常にバランス感覚の優れた人で、無理をするよりも程よく「確実にいけるレベル」をキープするのが得意です。その中庸の精神は素晴らしい長所ですけれども、今はちょっぴり欲張ってみたいときです。冒険だって大いにアリです。自分を変えていきたいなら、それも今がチャンスです。本当にやりたいこと、もっともっと手に入れたいことを、とことん貪欲に追い求めてみてください。

 

「全然幸運期って気分がしない」派の方にも、ラッキースター木星の後押しをしっかり使って欲しいので、少し解説してみますね。

2016年年末に後悔した年間占いでも書きましたが、木星によってもたらされる1年間の幸運期というものは、その渦中にあるときはただただ「大変だった」としか思えない人も多いのです。それは、この幸運期が「頑張ったら頑張っただけいいことがあるとき」という性質を持っているからなんですね。何もしなくてもジャンジャンバリバリうまくいくときではありません。

 

頑張る、という行為には無理や忍耐、我慢、負担といったものがつきもの。たまにそういうのをまったく感じない、生まれつきのドMみたいな人もいますけれども……ってそういう話ではなくて、それなりに負荷を感じてこそ「頑張る」なのだろうと思います。

 

今、仮に「もうムチャクチャ大変なだけで、まったく幸運期って感じがしないんだけど!」と思える人は、ちゃんと頑張っていることの証拠です。あなたは間違いなく幸運期にいますし、ここでの努力は必ず報われますよ。もうちょっとだけ、お力を尽くしていきましょう。しんどいことは良いことの前半分。早ければ晩秋、遅くとも2018年にはきっと「あれは確かに幸運期だったな」と思えるのようになるでしょう。

 

10月10日以降、1年間の奮闘モードは少しずつ静まっていきます。といっても、「幸運期終了!ハイしばらく楽しいことナシ!!」というわけではありません。今度は1年間の努力をベースに、それを自分の中にしっかりと取り込んでいく、自分のものにしていく時期がスタートします。いつの間にか知識が定着していたり、技術が身についていた人はそれをしっかりと活かしていくフェーズに入ります。早い人であれば、晩秋にはすでに「実感はなかったけど幸運期だったんだな!」と思える人も出始めるかもしれません。ぜひ、楽しみになさっていてください。

 

<恋愛運>

非常に好調な時期です。すでに上半期で印象的な出来事が起きたという人もおられるだろうと思いますが、これからの出会いも十分期待できます。思っても見なかった人とのご縁、想定もしていなかった盛り上がりといった意外性を伴うものとなりそうですから、ぜひ積極的に人が集まる場に足を運んでみると良いでしょう。意識していただきたいのが、好きなタイプばかり狙うよりも、ストライクゾーンではない人とも交流を持つこと。といっても、妥協しろと言いたいわけではありません。楽しみながらいろいろな人の魅力に気づいていくことが、この時期は幸運をもたらしてくれるのです。特に9月は狙い目ですから、しっかりとあなたの魅力も磨いていきましょうね。

 

前半で苦い思いを味わった人は、なんというかこんなテンションの高い占いを読ませてしまって恐縮です。まだ痛みは消えていないかもしれませんが、できれば「何が幸運期だ」とくさらないでいただきたいなと切に願います。ここで切れたご縁は、あなたが幸せになるために切れるべくして切れたと言うこともできそうなんですね。すがりつきたくなるお気持ちもあるかもしれませんが、もし「より良い幸せのため」と少しでも思えるようになれたなら、次の恋はもっと良いものになると私は思います。とはいえ、無理やり忘れようとするのも、過去の自分をナイフで削ぎ落としてしまうようなもの。無理なさらず、ご自分のペースも大切になさってください。

 

未婚カップルは10月以降が本番と言えるでしょう。ここからは具体的に、結婚に向けて話が進んでいくことも多そうです。住まいをともにしたり、大きな買い物をしたりするのは絆を強めることになりますから、相手としっかり話し合って関係を確かなものにしていけるといいですね。

 

<仕事運>

前半は幸運期とはとても思えないようなモタモタを感じていた人も、すでに運気は復調しています。夏から9月いっぱいまでにかけては、積極的にお仕事に取り組んでいかれてください。頑張ったら頑張っただけ、リターンは得られます。体力・気力ともに充実している時期ですから、ここは一発とことんやってみるとよろしいかと思いますよ。

 

転職も9月いっぱいまでは有利なお話が来る可能性が高いですから、「いつかは転職」と思っておられるなら早めに情報収集を始めてはいかがでしょうか。10月を過ぎてからの転職は、経験や知識を活かせる職場を選ぶなど堅実モードに切り替えたほうがうまくいきます。

 

短期間に結果を出せることばかりではなく、半年〜1年スパンといった中長期的な取り組みのための種まきも、夏のうちにやっていくと良いでしょう。具体的には新規の提案、ご挨拶、コネ作り、売り込みといった感じです。ここでしっかりと準備をしておくことで、木星が去ったのちも幸運期の余波をビシっときかせていくことができます。

 

10月以降は、自分の得意分野や身につけた技術を活用して周囲の期待に応えていくような、着実な取り組みが重視されます。自分ではそう大したことはないと思っていても、周囲から見れば「すごい!」というスキルもありそう。資格や技術がある人は、周囲にアピールしてみると仕事場での地位向上に役立つかもしれません。うまくいけば、この時期は年収アップにもつながるはずです。

 

2017年下半期は仕事運については好調ですが、周囲とのコミュニケーションにおいてズレを感じている人は要注意。衝突したり、意思疎通がはかれなかったりして噛み合わないままでは、あなたに原因があると誤解されかねません。諦めたり放置したりせず、じっくりと時間をかけてわかり合うことを心がけてみると道もひらけやすいですよ。

 

 

2017年、ひとまずは9月いっぱいまでは思いっきり貪欲に過ごしたいときです。ぜひ「12年に一度の幸運期」を、フルに活かしてみてください。あなたならきっと、素晴らしい時期にしていけるだろうと私は確信しています。頑張ってくださいね。

 

真木あかり

 

 【以下宣伝です】

幻冬舎幻冬舎plus」でコラム「ご縁の法則」連載中です。15日がコラム、月末が恋愛運に特化した占いです。ご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

 

noteでは、占いとはあまり関係のない日記や日々のつれづれを書いています。「日記が暗すぎて不安になる」と友人たちから不評ですが、私はだいたい元気です(∪ ´ω` )

 

★年間占い、下半期占いより詳しい鑑定はBASEにて受け付けております。すべてメールのやりとりで完了する鑑定です。恋愛運から仕事運、転職の転機、お引っ越しの方位や時期、相性、復縁、不倫のお悩みなど悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

★アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain