占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2017年下半期 うお座の運勢

f:id:makiakari:20170624011034j:plain

2017年上半期、いかがお過ごしでしたか。2016年末に公開した年間占いで、私はうお座の人の運勢を「有形無形のギフトを受け取る年」と書きました。目上の人からすばらしい引き立てを受けたり、大事なことを教わったりした人は多いかもしれませんね。受け取ったそのときは身に余るものに思えたり、その価値がわからなかったりすることもあるかもしれませんが、今年受け取ったものの意味は少し長い時間をかけて、じわじわと効いてくるものであるだろうと私は思います。機が熟せば「そういうことか」とわかる日が、必ずやってきますよ。

 

だいたいにおいて、大きな意味を持つテーマというのは、そのときはなかなか噛み砕くことができないものです。でも、分かった気になって調子をぶっこくよりは、わからないまま「わかろう」とし続けるほうが、人生は豊かなものになりそうではありませんか。思い出すのです、好きでもない人に「○○(あなたの名)は意外と傷つきやすいからさ〜」などとわかったような口をきかれた日のことを。お前に何がわかる無礼者。世が世なら不敬罪だぞ状態ではありませんか、って運命を語るにはあまりにも雑な例えで恐縮なのですが、今の自分に与えられたものを味わいながら、この2017年を過ごしていけると良いですね。

 

うお座の人は非常に許容力の大きな方ばかりですから、無理をしてあれこれと解釈しようとするよりも、与えられた環境や物事にじっくりと“馴染む”ようなスタンスでおられるとよろしいでしょう。今、ちょっとしんどくなってしまっている方はどうぞご無理なさらず、ご自分のペースを大切にしてください。特に、夏は対人面において若干ストレスがたまるときです。不義理をされたり、意見や気持ちがすれ違ったりと散々な暗示も。ここでは無理をせず、流れに任せてみるのも良い選択と言えるでしょう。

 

さて、うお座の人の日常に転機が訪れるのは10月です。ここから一気に自由な雰囲気にシフトします。2016年の秋くらいから、あたたかいけれどもどこか重苦しい感じ、快適だけれどどこかゆるやかに拘束されているような気分、そういったものを感じていた人は、もう大丈夫ですよ。がんばりましたね。

 

10月以降の1年間は、あなたができることと視野が大きく広がるときです。もっと自分の可能性を広げたい、新しい世界を知りたいといった気持ちが生まれたら、それは挑戦するタイミングが来たというサイン。どんどん冒険して大丈夫ですし、むしろいろいろな価値観をどんどん取り込んでいったほうが運気アップにつながります。勉強にもプラスになるときですから、たとえば社会人の方なら大学院進学を検討したり、資格取得によってさらなる高みを目指したりといったことも良いでしょう。この幸運期は10月から1年ほど続いていきますので、ぜひ楽しみながら中長期的な計画を立ててみてはいかがでしょうか。

 

この秋からは、知的好奇心を満たすごとに、あなたが得るものも大きくなっていくはずです。今、手に入っていないものは、これから手に入れられるもの。現状に不安を抱えている人も、ぱあっと眼前が開けていくような瞬間があるでしょう。どうぞ楽しみにしていらしてくださいね。待っているばかりでなく、興味のあるモノやコトにどんどんアクセスしてみると良いですよ。

 

<恋愛運>

年明けは絶好調のモテ期が巡ってきていましたが、そのあとは2月から6月上旬にかけてはさまざまなドラマに翻弄された人が多かったかもしれません。安定した関係に敢えて終止符を打った人は、がんばりましたね。よくご決断なさいました。ここでのお別れは決して何もかも失うばかりの悲しい出来事ではなく「はじまりのはじまり」とでも言うべき、前進の意味合いを持っています。できるだけ前向きにとらえてみると、良いご縁も巡ってきやすいはずですよ。

 

さてこの2017年、うお座の人には秋も恋の追い風が吹くことがわかっています。9月から10月にかけて、胸がときめくような出会いを手にする人も多いことでしょう。ふとした出会いが思いもよらないような展開で恋に発展したり、すでに出会っている親しい友達にときめいたりと、ドキドキするような展開があるかもしれません。この時期はお仕事もばたばたと活気づいているかと思いますが、忙しさのなかにもときめく気持ちをどうぞお忘れなく。恋愛体質のうお座ですから、こんなこと言うだけ野暮な気がしますが……って私が一番野暮ですね、どうも恐縮です(∪ ´ω` )

 

ご注意いただきたいのは2点です。まず夏、8月後半は不安が高まりやすいとき。連絡が取れない、相手の気持ちがわからないといった状況が訪れやすいときですが、まずは慌てないこと。9月に入ればまた運気は復調するので、焦って状況を悪くしないようにご注意ください。

 

もうひとつの注意点は、苦しい恋を頑張っている人へのメッセージになります。この上半期、現状を打開しようと力を尽くしてきた人も多いと思います。ただ、もし、あなただけが我慢を強いられるような関係に改善の見込みがないならば、2017年後半にお気持ちの整理をつけていかれるのもひとつの良い選択となると思います。このご決断に際しては、スパッと見切りをつけるのがカギとなります。「もっといい人が現れたら……」「相手が変わってくれたら……」といったお気持ちで続けていると、ズルズルといってしまいますよ。しんどくても頑張りつづけたほど大切な人であれば、早々簡単にスパッとはいかないかもしれません。ただ、次のご縁がやってくるのは見切りをちゃんとつけたあと。今年はこの順番をすっ飛ばすのはなかなか難しいですから、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

<仕事運>

上半期、おつかれさまでした。大きな仕事や重要な役割を担うことになったり、これまでよりも一段高いステージでお力を発揮されてきたりした人は多いだろうと思います。プレッシャーや責任は相当なものかと思いますが、それはあなたという人や能力に期待されているから。これまでの努力や対人面での気づかいが評価されてのことですから、あなたらしくお力を発揮していかれれば良いかと思います。

 

この時期、目上の人の教えには一応、耳を傾けておくのがベストです。意外と(といったらその人に失礼ですが・笑)役立つはずです。あなたはあまり裏工作や根回しといったものに興味はないほうかと思いますが、夏のうちに目上の人に働きかけ、人脈や信用を作っておくと今後がやりやすくなるかもしれません。顔を売っておく、進んで面倒なことを引き受けるといったアクションも良い種まきとなるでしょう。

 

10月以降は遠方から良いニュースが届く時期です。海外との取引や、外資系企業との関係強化は良い結果をもたらしてくれるでしょう。ご自分のお仕事と照らし合わせて、グローバルな展開を検討してみると新しい道が見えてくるはずです。語学を活かしたり、勉強したりといったこともプラスに。小さくまとまって満足するのではなく、広い視野でビジネスを考えていきましょう。

 

なお、この秋は「苦労は大きいけれど実りある仕事」にスポットライトが当たるときでもあります。ちょっと逃げたいような出来事が巡ってくるかもしれませんが、これはむしろ引き受けて、きっちりとやり切ったほうが自分のためになるでしょう。ここ2年ほどの努力の成果が表れ、自分に自信が持てる暗示も。ドMか!と自分にツッコミを入れつつ、できる範囲でやってみてくださいね。

 

 

2017年後半戦、あなたにとってすばらしい時間になりますように願っております。優しく愛情深いあなたがのびのびと日々を楽しんでいかれることを、願ってやみません。頑張ってください。心から応援しています。

 

真木あかり

 

 【以下宣伝です】

幻冬舎幻冬舎plus」でコラム「ご縁の法則」連載中です。15日がコラム、月末が恋愛運に特化した占いです。ご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

 

noteでは、占いとはあまり関係のない日記や日々のつれづれを書いています。「日記が暗すぎて不安になる」と友人たちから不評ですが、私はだいたい元気です(∪ ´ω` )

 

★年間占い、下半期占いより詳しい鑑定はBASEにて受け付けております。すべてメールのやりとりで完了する鑑定です。恋愛運から仕事運、転職の転機、お引っ越しの方位や時期、相性、復縁、不倫のお悩みなど悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

★アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain