占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。主に日記を綴っているnoteはhttps://note.mu/maki_akari、Instagramはmaki_akariです。

2020年11月30日、ふたご座月食。大きな節目を前にして、大きく“満ちる”タイミング。

f:id:makiakari:20201129185804j:plain

2020年11月30日、ふたご座で月食が起こります。半影月食とのことなので、やや暗くなる程度でほとんどわからないレベルということですが、占いでは満月の意味はしっかり生きてきますのでどうぞご心配なく。

月食は普段の満月よりも力が強い、強力な満月です。満月といえば「物事が満ちる」「物事の到達点」なのですが、それはあくまで最終結果が出る、ということを意味しません。「あれこれやってみたけど、今のままだとしっくりこないな」「方向性間違ってるかもねこりゃ」ということに気付くときでもあるのです。不足やズレがわかる、これもまた「満ちる」であり「到達点」である、というわけです。これが、満月が「満ちる」と同時に「軌道修正のとき」と言われる理由です。星の配置としても、満月というのは月と太陽オポジション、つまり意識(太陽)と無意識(月)がバチバチに対立するわけですね。真正面から向き合うので、お互いがよく見えます。自分のなかの矛盾も、バチバチに出てくるということになります。そんな満月が月食という「強力な満月」となることで、んもうゴリゴリというわけですよ(意味不明)。

というか今年、月食って4回もあるんです。例年は2回程度ですから、明らかに多い。バチバチのゴリゴリのギンギン、ってもうオノマトペはどうでもいいのですが、占星術的には節目の年であり、それだけ「仕上がってくる」タイミングであると捉えることもできるかもしれません。

 

雑すぎる表現をしたので詳しく申し上げますと、月食は長期的な努力が実る時期です。いい感じであれば、次の目標が見えてきます。仮に軌道修正すべき点があれば、それが必要であることに気付けるでしょう。もしも舵を切り直すことを決めたなら、まずは自分をよく褒めてあげてください。間違うことはダメなことではないから。むしろ、違和感に気づけるというのは自分の幸せにおいて、とても大切なことだから。やってみないとダメだとわからないこともあります。そして、一生懸命やったからこそ、違和感は出てくるからです。鼻くそを掘りながら適当にやってきたならば、そもそも違和感なんて持ちようがないわけです。気づけた自分は、なんにせよ偉いんですよね。もちろん、自分にとって正解と呼べる道を見つけ、それで「満ちる」人も最高に偉いです。頑張っていらっしゃいましたね。

 

この月食は、ふたご座という「コミュニケーション、会話、ビジネス、情報、勉強」といったものを意味する場所で起こります。これらのテーマにおいて、ある程度納得がいくところまで進む人は多いでしょう。コミュニケーションでいえば一通り相談事やディスカッションが終わってまとめに入るのかもしれませんし、勉強でいえばずっと成績とやりたいことのバランスで迷っていた人が「進路を決める」というようなことも、あるのかもしれません。頭が冴えていい選択肢が浮かぶので、長いあいだ答えが出なかったことにも、きっといい進路を見つけていけることでしょう。

さくさくとロジカル、かつスピーディーに物事を進めたいという気持ちも生まれると思いますが、特に相手がいることについては正論ばかりをぶつけないことも大事です。誰もがご存知のように、自分には自分の理屈があります。相手には相手の理屈があります。それが「共有」されることが、コミュニケーションなのですよね。自分が正しいと思いすぎず、相手の正しさも尊重すること。弱さやずるさも、なかったことにしないこと。そんなふうにしていかれると、良いターニングポイントにしていかれるだろうと思います。

 

あと一点、ふたご座が「風の星座」であることも、注目に値するポイントかもしれません。先程「占星術的には節目の年」と書きましたが、来る12月22日、同じく風の星座であるみずがめ座にて、グレート・コンジャンクションが起こります。物質と所有、権威が重視された土の時代から、知性とコミュニケーション、個人が重視される風の時代へ。その時代に入る準備が“満ちる”、心の準備的なものができるという人も多いのかもしれません。

どなたにとっても、良い月食のタイミングでありますように。

 

(特に教訓のない近況です)

近所の電柱に「写真だす!!」と貼り紙がしてありました。いかにも年配の方が書き殴ったような文字で、メチャクチャ怒っていることはわかるのですがいったいこのの町内で何が……。こういう「メチャクチャ怒っていることはわかるが、何を言っているのかわからない文章」ってときどきありますね。京阪神のご出身の方が「写真です」と言いたいのか、ゴミの出し方にメチャクチャ怒っていて「ならず者は写真撮って貼るぞゴルァ」と言っているのか、それとも町内会でなんらかの写真の提出を求めており、全然集まらず再度提出を求めているのか…。近隣の住民にはピーンとくる何かの符丁という可能性もありそうです。写真だす=スピードだす、とか。いや路地でスピード出したらまずいな。となると写真だす=お金だす!?いやいやまさかそんな物騒な。黒字?本音?宿題?忘れていた先月分の請求書!?まさか自分へのメモなのか!? などといろいろと想像は膨らむ一方です。いずれにせよ、隣に赤ペンで「どういうことだすか?」とか書いたらメチャクチャ怒られるんだろうなと思いました。今日も元気だす。

 

(以下宣伝です)

新連載「真木あかりのムーンバイオリズム占い」が始まりました。ここで書いているような新月・満月、下弦の月上弦の月など、月のサイクルについてお読みいただけます。傾向をパッと把握したいときによろしいかと思います。

cocoloni.jp

三越伊勢丹様のサイトで「10の動物で占断 今週のエレメント占い」がスタートしました。毎週月曜日更新です。

www.mistore.jp

まいにちdoda様で下期占いが出ました!仕事運です。まいにちdoda様では毎月(サイト名はまいにちだけど…)の占いも出ています。ぜひご覧いただけますと幸いです。

mainichi.doda.jp

今回の満月の話を絡めて、十五夜の開運の話を書きました。

www.vogue.co.jp

Yahoo!占い様でタロット占いをお試しいただけます。

charge-fortune.yahoo.co.jp

イカレンダー秋号、16Pのタロット占い読み解き「あの人の気持ちがわかるタロットBOOK」を書かせていただきました。

 

恋愛運に特化した占いは幻冬舎plus様でご覧いただけます。

www.gentosha.jp

 

真木あかりのサイトができました。

mkamaki.jp

 

2020年11月15日、さそり座新月。強い「スタート」の暗示、そして2020年のテーマをやりきる心のスイッチ。

f:id:makiakari:20201114120953j:plain

2020年11月15日、さそり座で新月が起こります。新月はご存知の方も多いと思いますが、「スタート」のタイミングです。スタートといえばですよ、まだ占い師になるずっと前、私の会社員時代の話を聞いてください。まあ嫌と言われても書くのですが、当時ネットで週間の占いを見ては「なんか先月あたりもスタートって言ってなかったか!?そんなに始めることある!?人類、ちょっとスタートしすぎなのでは!?」とか思っていたのです。その後いろいろあって占いを学び、新月=スタートと知って「そっか、新月って毎月あって、サイクルだからかw」と至極納得したのでした。占いを知らなくても推測できるだろうよ!と思われた方はすみません。

今は八方塞がりでとてもじゃないけど動ける気分じゃないというときは、占いで「スタートのときだよ!」と言われても「どこか変われ・なんか始めろ・とにかく動け・もっと頑張れ」と追い立てられるような気分になることもあるかもしれません。いや〜私はなっていましたね。頑張って頑張ってここまで来て、まだなんか頑張んなくちゃいけないのかと。まだ何か足りないのかよ、と。

こうした経験があるからか、新月ネタを書くときはいつもちょっと慎重になってしまいます。煽られるような、焦らされるような気持ちにさせたりしていないかな、と。私がお伝えしたいのは「そういうタイミングだよ」ということです。自分の意思が関係しないところで、スタートってたくさん起こります。たとえば月のサイクルは「まさに」ですし、女性の体のリズムもそうですね。始めようとしなくても、始まっている。目に見えないタイミングも、巡ってくる。それに「ぽんっ」と乗るかどうかは、自分で決めていいんですよね。乗りたければ乗る、違うと思えば「今回はパスで!」と流れに任せる。そのうえでスタートっぽいことがあれば、「ははあ」と思って様子を見守る。そんなふうに占いを「使って」いけたなら、人生いささかしのぎやすいものになるのではと思う次第です。

 

「さそり座新月の話はいつ始まるんだ」とそろそろ心配になってきた方も多いでしょうか、ちゃんと覚えてますから大丈夫ですよ!その前にちょっとフロアを沸かしておこうかと思って(沸いてない)。

 

永遠に続くかのような前置きをしてしまって恐縮ですが、今回の新月はさそり座で起こります。さそり座のサインが示すのは心の奥深くで起こること、目に見えない「死と再生」です。再生はともかく死!と聞いて驚いたり怖くなったりする人は多いのかもしれませんが、シンボルなので直截的な不幸、不運を意味するものではありません。たとえば誰かと接することにより、自分が少し大人になる。それも「死と再生」です。少し前の、未熟な自分が死んで新しく生まれ変わる。自分というものはずっと続いているのですが、もう昨日までの自分じゃない。そんな瞬間って、誰もが感じたことがあるのではないでしょうか。

 

そのさそり座で起こる新月は、これまで抑えてきた本心をあらわにし、現状を変えていくことができる「スタート」のエネルギーに満ちています。昨日のブログでも書きましたが、14日、おひつじ座で「情熱と闘いの星」と呼ばれる火星が2ヵ月のほどの逆行を終えて順行に戻りました。さそり座は守護星として冥王星が配置されるまでは、伝統的に火星を守護星としていましたから、ここでも「スタート」の意味合いが強められます。

過去はどうあれ、これからは変えていきたい。新しい自分として、こうしていきたい。そんなお気持ちが少しでもあるのなら、本心を明確にしてみるとヒントが見つかりやすいです。頭のなかで考えているだけではちょっぴり堂々巡りになりやすいときですから、紙に書き出すなどして形にしてみると、整理もしやすいだろうと思います。たとえ迷っても、「本心がわからない!」とは、できる限り言わないほうがいいです。それは、頑張ろうとしている自分に「オメーにはわかんねえよ」と呪いをかけるようなもの。さそり座サインでは、そういった呪いが心に染み込みやすいです。そんなふうに自分をいじめなくても、ひとつひとつ書いてみて、違うと思ったら「やっぱ今のなし」って消していく。その過程に、意味があるんですよね。

 

さらにいえば、やぎ座の木星土星冥王星とはセクスタイル、調和・融合の角度をとります。やぎ座の木星は2020年の1年を司る星であり、12月19日にみずがめ座に移動したのち22日にみずがめ座でグレート・コンジャンクションおよびグランド・ミューテーションが起こります。そう、あと1ヵ月ちょっともすれば「200年に一度の時代の変わり目」であり、土の時代が終わって風の時代が始まるのですね。こないだ正月が来たと思ったらもう年末ですよ(今年も言ってしもうた)。

 

大きな変革の前の新月は、いわば「スイッチオン」的な役割を担うこともあります。お正月前ってほら、お飾りや鏡餅を買ったり、ポチ袋を準備したりするでしょう。年内のどこかで正月スイッチを入れて、準備していきます。まあ私みたいに「ゆく年くる年」を見ながら12月31日締め切りの原稿を書いて親に泣かれた人間もいるわけですが(間に合いましたw)、今回の新月は12月19日から始まる木星みずがめ座期、そして12月22日のグレート・コンジャンクションへの心のスイッチでもあると思います。よっしゃ、ここから1ヵ月、2020年のテーマをやりきっていきましょうかね、的な。それもまた、占いを健康的に使っていくことであると、私は考えています。

どなたも、よい新月にしていかれますように。

 

 

(以下宣伝です)

新連載「真木あかりのムーンバイオリズム占い」が始まりました。ここで書いているような新月・満月、下弦の月上弦の月など、月のサイクルについてお読みいただけます。傾向をパッと把握したいときによろしいかと思います。

cocoloni.jp

三越伊勢丹様のサイトで「10の動物で占断 今週のエレメント占い」がスタートしました。毎週月曜日更新です。

www.mistore.jp

まいにちdoda様で下期占いが出ました!仕事運です。まいにちdoda様では毎月(サイト名はまいにちだけど…)の占いも出ています。ぜひご覧いただけますと幸いです。

mainichi.doda.jp

今回の満月の話を絡めて、十五夜の開運の話を書きました。

www.vogue.co.jp

Yahoo!占い様でタロット占いをお試しいただけます。

charge-fortune.yahoo.co.jp

イカレンダー秋号、16Pのタロット占い読み解き「あの人の気持ちがわかるタロットBOOK」を書かせていただきました。

 

恋愛運に特化した占いは幻冬舎plus様でご覧いただけます。

www.gentosha.jp

 

真木あかりのサイトができました。

mkamaki.jp

 

2020年11月14日、火星順行。年をまたぐ「全力疾走」を応援してくれるフェーズに。

f:id:makiakari:20201113191920j:plain

2020年11月14日、おひつじ座の火星が順行に転じます。火星は6月末におひつじ座に入り、2021年1月7日まで滞在します。これはかなりイレギュラーなことで、通常はひとつの星座に1ヵ月半程度しか滞在しないのです。さらにいえば、火星はおひつじ座の守護星。もう絶好調の状態でいられる場所ですから、大変に強いわけですね。なんでしょう、北斗の拳でいえばラオウ様が……ってあの人はだいたいどこでも絶好調か。例えを完全に間違えましたが、とにかく強いのです(雑なまとめ)。

 

火星は「情熱と闘いの星」です。また北斗の拳みというか修羅な感じが出ておりますが、自分の人生は自分で切り開く、欲しいものは自らもぎ取りに行く、勝負では必ず勝ちたいと思う、そうした意欲を後押ししてくれる星です。こういうものを見ると「うへえ」と思う方もおられるでしょうか。まあ血湧き肉躍る人ばかりだといろいろ大変な世の中だろうと思うので、どう思ってもいけないことはありません。大事なのはこういうオラついた生き方をすることではなく、「自分なりのサイズの火をほどよく燃やす」ことだろうと思います。

 

ご存知の通り、火というものは強ければ強いほど良い、というわけではありません。金属加工であればぼうぼうに燃やすことが必要ですし、料理であれば強火もとろ火も大事です。マッチの火があまりにぼうぼうでは困ります。あれはさっと短時間、つくものでなくては。そんな感じで、それぞれのシチュエーションに合わせたサイズの火を使えることが、大事なんですね。ちなみに北斗の拳では腹に溜めたガソリンで火を吹く「火闘術」というものがあるのですが、そういう物騒なのはちょっとどうかと思います。あぶないだろ。

 

で(気を取り直して)、順行に戻る火星です。11月14日から来年1月7日まで、火星は全力でその役割をまっとうしてくれます。もし2020年6月末頃から急に「なぜかやる気が出た」「ライバルに勝ちたいと思った」といった感情を呼び覚ましたテーマで、9月半ばから11月半ばの逆行期間に迷いや停滞感を覚えていたことがあるのなら、ここからガツンと頑張っていけるはずです。具体的なテーマを、念のため星座ごとに挙げておきます。

 

★おひつじ座…自分自身のこと、アイデンティティに関すること
★おうし座…秘密、目に見えないもの、見ないふりをしてきたもの、過去
★ふたご座…友人・仲間、自由、未来に関すること、“みんな”のなかで何をするか
★かに座…仕事や所属している組織における役割、責任、キャリア
★しし座…高度な勉強、精神的な鍛錬、遠方に赴くこと
おとめ座…相続、パートナーの収入・資産、ローン、責任ある立場を受け継ぐこと、教わること
★てんびん座…対人関係、結婚、パートナーシップ、共同でやっていることの責任
★さそり座…健康、生活習慣、仕事、自分の役割を果たすこと
★いて座…恋愛、子ども、投資、クリエイティブワーク
★やぎ座…家族、不動産、拠って立つ場所、居場所(自宅が多いが、会社という人も)
みずがめ座…コミュニケーション、基礎的な学び、移動
うお座…才能、お金、収入アップのための努力

 

このテーマでなくちゃダメということはありませんが、思い当たることがあればぜひ深堀りしてみてはいかがでしょうか。いつも以上に、エネルギーを与えてくれるだろうと思います。

まあ、火の星座であるおひつじ座・しし座・いて座のみなさんは、調子に乗りすぎたり頑張りすぎたり、「しすぎ」に注意ではあるのですが(言って思いとどまる星座でもないんですけれど……そして、そういうとこがまた魅力のひとつですね・笑)。

 

なお「今はとても元気がなくて無理」「そんな気分になれない」という人は、頑張る必要なんてまったくありません。自分のペースを無視してまでやるべきことなんて、あっていいはずがありません。自分をいじめるようなことをしたら、自分がかわいそうです。その場合は、何よりもまず自分の心が「元気出ないよ」「無理だよ」と言っている、それにとことん付き合ってやりましょう。やる気などというものは元気になったらいくらでも出ますから。そのときこそ、アクションを起こすときです。

 

ただ、もし「元気が出ない」という状態の根底に、怒りや不満がいっぱい溜まっているならば、ちょっと問題を切り分けたほうが楽になりやすいです。小さなちいさな火で十分なので、ちょっと燃やしてやったほうがいいんですね。怒りや不満を抱え続けるというのは、いってみれば「良くない状態で火を燃やし続ける」ようなもの。それがおひつじ座火星というテンションMAXな火星だと、自分に負担がかかる一方です。そんなことになれば、自分はどんどん弱っていきます。それよりは、マッチほどの小さな火でもいいのでいっぺん燃やしてみるといいです。

具体的には、小さくてもいいので行動を起こす。やるだけやってみる。ダメなら他の小さなことをする。運というものは、停滞を嫌います。停滞感が強いときも、動けるなら動いたほうがいいんですね。1ミリでもいいから。

 

惑星というものはどれも、人を不幸にするために巡っているわけではありません。むしろ、星々を「使おう」と思いさえすれば、より良く生きようとする姿勢を応援してくれる存在なんですね。だから、まずはご自分のなかに怒りや不満がくすぶっていないか、振り返ってみられると素敵です。そういったものがカスほどもないなら、まずは美味しいごはんを食べてよく寝て、体力をつけましょう。それは、火星を使う「準備」になりますから。

 

火星は2020年1月7日まで、テンションMAXでいられる場所に滞在します。ここからはもう、逆行することはありません。2ヵ月に満たない期間ですが、全力疾走したいテーマがある人は、“強い”ですよ。アツくなりすぎてケンカしたり、アツくやりすぎてダウンしたりはしないように、どなたも今の自分に合ったサイズの火を、すこやかに燃やしていきましょう。私も、頑張ります。

 

 

(以下宣伝です)

三越伊勢丹様のサイトで「10の動物で占断 今週のエレメント占い」がスタートしました。毎週月曜日更新です。

www.mistore.jp

まいにちdoda様で下期占いが出ました!仕事運です。まいにちdoda様では毎月(サイト名はまいにちだけど…)の占いも出ています。ぜひご覧いただけますと幸いです。

mainichi.doda.jp

今回の満月の話を絡めて、十五夜の開運の話を書きました。

www.vogue.co.jp

Yahoo!占い様でタロット占いをお試しいただけます。

charge-fortune.yahoo.co.jp

イカレンダー秋号、16Pのタロット占い読み解き「あの人の気持ちがわかるタロットBOOK」を書かせていただきました。

 

恋愛運に特化した占いは幻冬舎plus様でご覧いただけます。

www.gentosha.jp

 

真木あかりのサイトができました。

mkamaki.jp

 

2020年10月31日、おうし座満月。つよく握りしめた手を、そっと緩めるやさしい月。

f:id:makiakari:20201030161644j:plain

2020年10月31日、おうし座で満月が起こります。おひつじ座で火星、てんびん座で水星が逆行するなか、同じく逆行する天王星のすぐそばで起こる満月。逆光というのは私たちの意識を少なからず過去へと連れていきます。ここ半年ばかりの自分を振り返り、さまざまな思いが入れ代わり立ち代わり、浮かんでは消える……そんな時間を過ごされている人も、多いのではないでしょうか。その名が表す通り、「満ちる」タイミングである満月。物事の本質や、改善すべき課題がはっきりと、明るく照らされるときでもあります。

 

今回の満月、自分の「欲望」と「続けてきたこと」を見直してみる、というのがテーマになると私は読みました。

「欲望」については、お金やモノ、それから独占欲、嫉妬心などが対象です。執着しすぎて自分を見失ってしまうようであれば、この満月のタイミングをいい調整期間にしていけるでしょう。それは本当に、あなたが必要とするものなのか。それがあると、本当に心が満たされるのか。それを、今一度考えてみられると素敵です。

欲は決して悪いものではありません。人は欲があるから頑張れますし、文明だって発展してきたのでしょう。ただ、欲は「持つ」ものであり、仮に振り回されてしまえば――あまり幸福とはいえないでしょう。自分らしさに勝るお金もモノも、人も、ないのですから。

「続けてきたこと」についても同様です。努力しなければ、頑張らなければと思って続けてきたことが、その結果得られるものではなく「努力すること」が目的にすり替わってしまうことは、往々にしてあります。努力しているうちに「ああ、やりたかったのはこっちじゃないな」と薄々、わかってくることもあります。過去の自分はたしかに頑張ってきた。でもそろそろ、いいかなと思えるのであれば仕切り直しもアリでしょう。

 

12月下旬、「風の時代」がやってきます。物質やお金、権威などにスポットライトが当たった「土の時代」が終わり、知性とコミュニケーション、個性などにスポットライトが当たる「風の時代」となるのです。そして、その影響というのはもうすでに、世の中に出てきています。

「もうそろそろ、いいかな」と思える欲、ありますか。続けることが目的にすり替わった努力はあるでしょうか。もしもあるのなら、この満月はするりとそれらが心から旅立っていくことでしょう。あなたがこれから本当に大切にしたいもののために、あなたが大切にしてきたものたちが、場所を空けてくれる。まあモノの場合は物理的に捨てなきゃどうにもならんわけでもありますが、そのへんはひとつロマンということで(意味不明)。

 

おうし座の月は、やさしい月です。満月だからといってモノや思いや努力や、過去のあなたが大切にしてきたものたちを、ナイフで削いで切り捨てるようなことをしなくても、いいんだろうと思います。あなたの未来のために、振り返り振り返り心のなかから旅立っていく、かつて愛したものたち。「ありがとうね」と、見送ってあげるのが似合う満月です。いつの間にかいなくなっている、そんなこともありそうですけれども。私たちにできるのは、執着する――ぎゅっと握りしめるのをやめて、扉をそっと開けておくことなのではないか、と思います。

どなたも、よい満月にしていかれますように。

 

(近況)

恐縮ですが先週に続き今週も絶賛修羅場中でして、今週もまた編集者さんに八つ裂きにされそうです。というわけで近況はお休みです!すみません!!

 

(以下宣伝です)

三越伊勢丹様のサイトで「10の動物で占断 今週のエレメント占い」がスタートしました。毎週月曜日更新です。

www.mistore.jp

まいにちdoda様で下期占いが出ました!仕事運です。まいにちdoda様では毎月(サイト名はまいにちだけど…)の占いも出ています。ぜひご覧いただけますと幸いです。

mainichi.doda.jp

今回の満月の話を絡めて、十五夜の開運の話を書きました。

www.vogue.co.jp

Yahoo!占い様でタロット占いをお試しいただけます。

charge-fortune.yahoo.co.jp

イカレンダー秋号、16Pのタロット占い読み解き「あの人の気持ちがわかるタロットBOOK」を書かせていただきました。

 

恋愛運に特化した占いは幻冬舎plus様でご覧いただけます。

www.gentosha.jp

 

真木あかりのサイトができました。

mkamaki.jp

2020年10月17日、てんびん座新月。苛立ちはきっと、ハングリー精神のもとにしていける。

f:id:makiakari:20201016174914j:plain

2020年10月17日、てんびん座で新月が起こります。この新月はおひつじ座の逆行火星とオポジションをとっており、やぎ座にギュッと集まった木星土星冥王星がTスクエアという布陣を敷いています。さらに、ご存知の通り水星逆行スタート直後です。火星は「情熱と戦いの星」、土星は「制限と試練の星」、冥王星は「破壊と再生の星」であり、Tスクエアは葛藤や緊張を生む配置なのですね。わあ不穏。「一触即発」という言葉を思い出すほどです。

てんびん座の新月は、本来的には感情より理性が勝る配置です。自分がいて、他人がいる。2人の人間がいるときに、絶妙な距離感と接し方でバランスをとっていけるのです。ただ、今回はそれがちょっと働きにくいふしもあるかもしれません。知性や思考を司る水星も、前向きに活かせばアツいコミットメントをもたらす火星も、ともに逆行中なのです。うまくやっていこうというよりは、苛立ちやフラストレーションを感じやすい時期といえるでしょう。

ただ、覚えておきたいのは、星々は私たちをいじめるために空を巡っているわけではない、ということです。「そういう時期なんだ、じゃあこうしよう」と思えば、苛立ちは「改善すべきポイントに気付くきっかけ」にできたり、「なにくそ、むざむざとやられてたまるものか」というハングリー精神につなげていけたりします。占いは振り回されるためにあるのではなく、「使う」ためにあるんですね。

ここまで不穏なことを書きましたが、今回の星回り、決してマイナスばかりではありません。おそらくですが、社会性を活かすこと――たくさんの人がいる集団のなかで、自分は「どんな存在でありたいのか」「どういう役割を担うべきか」を考えることで、改善への欲求やハングリー精神といった、上手い役立て方につなげていけるはずです。

そして、それはゼロから頑張る話でもありません。ここ1年ほど、人によっては3年ほどの「社会における努力」がすでにベースとしてあるからです。スッと引いて見てみると、「見えるぞ、わたしにも敵が見える!」といった感じで、どうすればいいかが見えてくるでしょう(突然のガンダム)。

大事なのは、全力で感情の渦にダイブしないことです。ちょっと止まってちょっと引いて、この1年なり3年なり頑張ってきた過去の自分に、助けてもらうことなのだろうと思います。

 

なお、みんながみんな、こうした苛立ちやフラストレーションを抱いてモヤモヤするというわけではありません。明鏡止水の心境で過ごされる方もいらっしゃるでしょう。そうした場合は「いい人間関係を築いていけるとき」なんて思っておくと良いだろうと思います。近づきすぎず、でも離れすぎず、お互いにとってベストな親密さを作っていきやすいのですね。ただ、いかんせんコミュニケーションの星・水星は逆行中です。想像だけで「俺とお前は一心同体」的な行動をとるとスベる可能性大なので、そこだけ気をつけてまいりましょう。

 

どなたにとっても、良い新月となりますように。

 

(特に教訓があるわけではない近況)

近所に小さな商店があるんですよ。寡黙なおじいちゃんがいつも店番をしている、昔ながらのお店です。「おいしいよ モズク130円」とか「あると便利 きゅうり」などおじいちゃん手書きの値札が味わい深くて好きでよく行くのですが、先日、そこに鬼滅の刃コラボのチキンラーメンが入荷。おじいちゃんの値札も一際大きく、躍動感あふれる太い字で「大人気!鬼滅の刀ラーメン」。……惜しい!点を……点をたのむ!!なんでしょうこの、圧倒的な“ふつう”感。やはり濁音が入っていたほうが力強さを感じさせるのだろうか。

ドラえもんの「ライター芝居」という話に、のび太が自分の名前を「のび犬」と、「真っ赤な血」を「真っ赤な皿」と書き間違えたために妙な騒ぎになるというエピソードが出てきます。まあ刃は切れる部分のことで、刀は刀という武器全体のこと。のび犬と皿から比べたら、ほぼほぼ正解だよな……と思いつつ、ナスを買って帰りました。

ちなみに漢字まわりのミスといえば高校生の頃、日本史か古文のテストで「二位の尼」と書こうとしたところを「二位の尻」と書き間違えて×をもらったことがあります。「まあ、屁と間違えるよりはいいか……」と思っていたのですが、今となってはどちらもひどいな。だめだこりゃ。

 

(以下宣伝です)

三越伊勢丹様のサイトで「10の動物で占断 今週のエレメント占い」がスタートしました。毎週月曜日更新です。

www.mistore.jp

まいにちdoda様で下期占いが出ました!仕事運です。まいにちdoda様では毎月(サイト名はまいにちだけど…)の占いも出ています。ぜひご覧いただけますと幸いです。

mainichi.doda.jp

今回の満月の話を絡めて、十五夜の開運の話を書きました。

www.vogue.co.jp

Yahoo!占い様でタロット占いをお試しいただけます。

charge-fortune.yahoo.co.jp

イカレンダー秋号、16Pのタロット占い読み解き「あの人の気持ちがわかるタロットBOOK」を書かせていただきました。

 

恋愛運に特化した占いは幻冬舎plus様でご覧いただけます。

www.gentosha.jp

 

真木あかりのサイトができました。

mkamaki.jp

 

 

 

2020年10月14日、水星逆行開始。後ろに進む旅が始まる。心の奥深くを見つめながら。

f:id:makiakari:20201013183225j:plain

2020年10月14日、さそり座に滞在している水星が「逆行」というフェーズに入ります。2020年ラストの水星逆行ですね。この水星はさそり座のなかをつつつっと後ろ向きに進み、28日にはてんびん座に戻ります。その後、11月4日にてんびん座で順行。さそり座にふたたび戻ってくるのは11月11日、ポッキー・プリッツの日となります。そういえば中学のときの友人・まどかちゃんは、あだ名が「ポッキー」でした。テニス部でいつも真っ黒に日焼けしており、ソックスを脱ぐとそこだけ真っ白だったから……というのが理由だったのですが、最初に言い出した奴は誰だ。まあいいんですけどね。

 

さて今回の逆行はさそり座で起こる、ということで、心の奥深くに焦点が当たります。もともと、さそり座に水星が入ると、表面上のインスタントな付き合いでは満足ができなくなるのです。心のひだの奥までわかりたい、じっくり話し合いたい。そんなふうに感じるのですね。大事なことだと思います。誰もが知っているように、人間関係というのは「今夜はカレーだって」「了解」といった会話で終わるほど単純ではありません。「ごはんにシチューかけるよ」「いやそこは別々でしょ」といったように、お互い好きにやろうぜという関係性ばかりでもないのです。理解したいという思いを持って、間違えたら話し合って、作り上げていくしかない。さそり座に水星があるような時期があってこそ、私たちは切っても切れない絆を「誰か」とのあいだに作っていくのだろうと思います。ちなみに私はごはんにシチューをかける派です(いらない情報)。

 

そんなさそり座で起こる水星逆行。もちろんすべての人が影響を受けるわけではなく、サラッとやり過ごせる人も多いはずです。特に何も感じないなという人は、コミュニケーションロスに注意して、普段よりも丁寧な説明、マメな連絡を心がけていかれれば十分でしょう。PC・スマホのバックアップもしておくこと。そして逆行期間中、もし「過去」に関連する印象的な出来事があれば、覚えておいて何らかの行動を起こしていくといいでしょう。心の“引っかかり”のようなものを、解消することができるはずです。

ここから後は、誰かに対してしんどい思いをなさっている方向けに書いていきます。すべての方に当てはまることではないと思いますが、ちょっぴり解説させてくださいね。

「相手が何を考えているのかわからない」という不安感を抱いている人にとっては、ちょっぴり逆風を強めに感じやすい時期となる可能性が出てきます。いつも以上に細かいところまで気がついてしまうがゆえに緊張しますし、「事実」よりも「想像」に目が向かってしまいやすいのです。人はもともと不安に敏感です、そしてネガティブ発想は面白いほど別のネガティブ発想を呼びます。本当はそんな状態ではなくても、です。

大事なのは、恐れすぎないこと――とはいえ、過去の水星逆行でしんどい思いをした人は、どうしたって怖いですよね。水星逆行のしんどさというのは、水星がコミュニケーションを司る星であるから、ということに大きく起因します。コミュニケーションのつまずきは、孤独に直結しやすいのです。わあわあ騒ぎ立てているわけじゃない、ほんの小さな呼びかけなのにそれすらも届かない。そのことがどれだけ、人を追い詰めることでしょうか。こんなに苦しむのなら、関係性が始まらなければよかった。そう思うことは幸せだった時間の記憶すら蝕んで、心は泥のような孤独に絡め取られていきます。

 

ただ、私たちはもう「10月14日から11月4日までは水星逆行なのだ」ということを知っています。何もわからないままに暗い渦のなかに放り込まれる、という状態ではありません。自分を真っ暗なほうへ、真っ暗なほうへと追いやらないこと。悲しい思いになったときほど「今は、ちょっと考えすぎになりやすい時期なんだな」と思い出すこと。想像が膨らんだときは「あー、ネガティブになりやすい時期だー」とつぶやいてみるのもいいです。そういう時期、とわかっていれば、心はそれ以上真っ暗なほうへ向かいにくくなります。自分が自分に気付いていると、戻って来られるんですね。ひとつのことをとことん追求するのがさそり座の持ち味ですから、何度でも何度でも自分に言ってやりましょう。今はそういう時期だよ、と。そしてちゃんと、終わりは来るよということを。

 

何度か書いていますが、逆行というのは決して悪いことばかりが起きる低迷期ではありません。思いがけないめぐり合わせで再会したり、過去の課題にふたたび取り組むチャンスをもらえたりと、幸先の良いことだって起こります。星は私たちを、苦しめようとしているわけではないのですね。「普段とは違った角度で物事を見つめる、特別な時期」くらいに捉えておいてもいいのではないだろうかと、私は思います。それでこそ、物事が順調に進んでいるときには見えなかったものが、見えてきます。おそらくですが、この記事をご覧になっているあなたも、そういうものの価値をいろいろなところで経験なさっていますよね。ただ、こういうのはリアルタイムで気づけば面白いのですが、しんどい時期に無理やり感じようとすることでもないと私は思います。ずっとあとになってから「そういうことか〜」とぼんやり気付くくらいが、一番いいんじゃないでしょうか。「やまない雨はない」と言ったって、今降っている雨が辛いんです。「雨が降らないと虹は出ない」と言ったって、今はうなだれて足元を見るしかできないんです。そういう、表層的な言葉で元気になれる時期でもありません。無理せず自分に付き合って、ネガティブな気分になったときは「わ〜か〜る〜!!」と心のなかのIKKOさんを召喚しつつ、自分に寄り添ってやり過ごしていきましょう。

悪いばかりの時期じゃないです、きっと良くしていけます。

 

どなたも無理せずやってまいりましょう。

 

今回の水星逆行については、ココロニプロロ様でも書かせていただいております。話し合いをしたい場合のタイミング等、よろしければ併せてご参考にしていただけますと幸いです。

cocoloni.jp

意識高い系の言葉に心が絡め取られそうなときは、このテキストも役に立つかもしれません(立たないかもしれません)

note.com

 

(以下宣伝です)

三越伊勢丹様のサイトで「10の動物で占断 今週のエレメント占い」がスタートしました。毎週月曜日更新です。

www.mistore.jp

まいにちdoda様で下期占いが出ました!仕事運です。まいにちdoda様では毎月(サイト名はまいにちだけど…)の占いも出ています。ぜひご覧いただけますと幸いです。

mainichi.doda.jp

今回の満月の話を絡めて、十五夜の開運の話を書きました。

www.vogue.co.jp

Yahoo!占い様でタロット占いをお試しいただけます。

charge-fortune.yahoo.co.jp

イカレンダー秋号、16Pのタロット占い読み解き「あの人の気持ちがわかるタロットBOOK」を書かせていただきました。

 

恋愛運に特化した占いは幻冬舎plus様でご覧いただけます。

www.gentosha.jp

 

真木あかりのサイトができました。

mkamaki.jp

 

 

 

2020年10月2日、おひつじ座満月。「自分2020autumnバージョン」で、自分をやっていく。

f:id:makiakari:20201001185118j:plain

2020年10月2日、おひつじ座で満月が起こります。時間は6:05。おひつじ座といえば12星座の一番最初、新たな成長のサイクルが始まる星座です。そこでの満月が朝起こるというのはなんとも面白いシンクロニシティであるように思います。

満月は物事の到達点、成就、ゴールのタイミングであり、ひいてはそれらを踏まえた上での調整や振り返りを行うことに向く時期なのですが、今回のおひつじ座満月においては、調整→即チャレンジ!といった勢いに満ちています。のんびりしてらんねえよ!チャッチャッとやっちまおうぜ!という感じでしょうか。漫画『ドラえもん』で、飲むと動きが早くなる薬が登場する回があります。くだんの薬を飲んだドラえもん、もう何から何まで早い。のんびり屋ののび太を急かしまくり、挙句の果ては焼きいもを食べる前におならをする始末。しかもしずかちゃん家で。気が早いにもほどがあるだろう。子どもだった私はこの表現に衝撃を受け、それ以来●●年というもの「せっかち」という言葉をみるたびに「焼きいもを食べる前におならが……」と連想し続けています。

 

おひつじ座満月のはずがなぜおならの話に……この間、うっかり鎌倉武士の話を余談にぶっ込んだせいでTwitterのタイムラインを茶色に染めてしまったというのに。ここはひとつ藤子・F・不二雄先生に責任をとっていただくことにして(とばっちり)、満月の話に戻ります。この半年くらい頑張ってきたことを振り返り、「自分」を整える時間を持っておくとよろしいかなと思います。自分らしさ、自分らしくあること、自分が「いいじゃん」と言えるような状態。人は社会で生きるうちに、いろいろな経験をして自分のかたちを変えていきます。磨きをかけることもあれば、曲げたりすり減らしたりすることもあって、全部が善でも全部が悪でもない。その善し悪しは定期的に見直してやるほうがいいのです。この満月は、自分を「自分2020autumnバージョン」にする。そしてまた、粛々と自分をやっていくわけです。

 

自分らしさ、というキーワードを出すと「自分らしさがわかりません!」「自分らしさってなんですか?」といったことをおっしゃる方も多くいます。でも、こういったことは「自分で考えること」に意味があるんですね。この満月においては特に、です。自分の人生を生きられるのは自分だけだし、それをどうするか決めるられるのも自分だけ。そして人は、自分で見つけた自分らしさだからこそ、頑張れます。他人に簡単に渡しちゃだめなのです。頑張る力が、なくなっちゃいますから。

わからないことが辛くなったら「今は、わかるまでの途中のとこ」と思っておきましょう。わかる能力がないんじゃない、わかるちょっと手前のとこ、あと1ミリくらいのところにいるんですよ。えっ、「理解はメートル法なのか?」ですって?それは言わない約束でお願いしたいと思います。

 

この10月は、月末にまた満月があります。その頃には、ここまで積み上げてきたものもはっきり、見えてくるでしょう。だから今はちょっとチューニングして、「自分2020autumnバージョン」になりましょう。人によっては「打ち勝つ」「試練に立ち向かう」といったことに、勇気を出せる人もいるだろうと思います。その勇気はどこかから奇跡のように降ってくるのではありません。「これが自分らしさなんだ」と思ったときに、心の中にいつの間にか、満ちているのだろうと思います。不安もある、怖さも淋しさもある。でもそれらに負けないくらいの、強いエネルギーをもって。

 

どなたにとっても、良い満月でありますように。

 

(以下宣伝です)

三越伊勢丹様のサイトで「10の動物で占断 今週のエレメント占い」がスタートしました。毎週月曜日更新です。

www.mistore.jp

まいにちdoda様で下期占いが出ました!仕事運です。まいにちdoda様では毎月(サイト名はまいにちだけど…)の占いも出ています。ぜひご覧いただけますと幸いです。

mainichi.doda.jp

今回の満月の話を絡めて、十五夜の開運の話を書きました。

www.vogue.co.jp

Yahoo!占い様でタロット占いをお試しいただけます。

charge-fortune.yahoo.co.jp

イカレンダー秋号、16Pのタロット占い読み解き「あの人の気持ちがわかるタロットBOOK」を書かせていただきました。

 

恋愛運に特化した占いは幻冬舎plus様でご覧いただけます。

www.gentosha.jp

 

真木あかりのサイトができました。

mkamaki.jp