占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2017年下半期 ふたご座の運勢

f:id:makiakari:20170624013321j:plain

2016年秋からスタートした「創造と愛の1年」、いかがお過ごしでしょうか。ふたご座ならではのきらきらとした好奇心をフルに発揮して、まだ誰も見たことのないもの、価値あるものをたくさん生み出してきたのではないだろうかと私は想像しています。お子さんのいる方は、いつも以上に子どもとの関わりが濃く、豊かなものになってきているかもしれませんね。

 

といっても、春あたりは創造どころかモタモタ、モヤモヤとした印象ばかりが募っていたという人も多いのではないでしょうか。カギを握るラッキースター木星が逆行というイレギュラーな動きを見せていましたから、2月から6月上旬くらいまでは「流れが悪い」と感じやすいときだったのですね。すでに運気は復調しており、明るい兆しが見えています。7月などは公私ともに人気運がアップし、楽しい時間を過ごせるでしょう。

 

8月はばたばたと身辺に動きがある時期です。まず初旬、海外など遠方から思ってもみないチャンスが巡ってくるかもしれません。下旬は若干波乱含みですが、IT・情報分野のお仕事に就いておられる方であれば印象的な転機を迎える暗示も。こうしたいくつかの転換点を経ながら、10月にかけて一気にドライブをかけていくような星の動きになっています。しっかり波に乗っていきたいところです。上半期に積み残したことがある人は、9月いっぱいくらいまでに全部取り戻していくくらいのお気持ちでいらしてください。

 

秋までのキーフレーズは「楽しく欲張る」。自分が楽しいと思うことをとことん追い求める貪欲さが、運気を底上げしてくれます。これはプライベートにおいても仕事においても同様で、どちらか一方に偏るのは良くありません。運気の流れを鈍らせてしまうことにもつながりますから、仕事も遊びも徹底的に追い求めていきましょう。ふたご座ならではの知的好奇心を発揮して、世界中に散らばっている楽しみごとのかけらをもっともっと、拾い集めてみるとよろしいだろうと思いますよ。ぜひ、心の中の宝箱をいっぱいにしていきましょう。

 

10月は転機が訪れます。これまで「攻め」の状態にあった運気が「守り」の状態に転じるでしょう。ここから2018年秋までの1年間は、自分が周囲の人にどう貢献していけるのか、また何をすべきかを考え、コツコツと実行に移していくべき1年です。何かを獲得していくときの華やかさ、ワクワクするような冒険といった感覚は薄らいでいくものの、不思議と淋しさはないでしょう。代わりに生まれるのは、「今あるものをより良くすること」「地に足をつけて頑張っていくこと」の喜びと確かな手応えです。あなたが持っている力を、知識を、そしてすばらしい好奇心を、周囲の人たちのために使ってあげてください。きっと、良い時間になるだろうと思います。

 

ここ2年ほど、人間関係のしがらみやコミュニケーションにおけるやりづらさ、うっとうしさを感じておられた人には朗報です。この下半期において、そうした状況は次第に解消していきます。あなたはコミュニケーション上手でスマートな人ですが、実は周囲が驚くほどの反骨精神の持ち主でもあります。この2年は腹に据えかねるようなこともたくさんあったことでしょう。おつかれさまでした。クリスマスを迎える頃には明るい兆しが見えてきますから、どうぞ安心してくださいね。

 

<恋愛運>

愛情面は10月まで、非常に楽しい時期が続いていきます。間違いなくモテ期ですから、出会いを求める人はどうぞ積極的に人が集まる場に足を運んでみてはいかがでしょうか。カップルは相手をしっかり見つめて「未来」に目を向けられるとき。ふたご座はもともとさっぱりとしたパートナーシップ観の持ち主であり、ひとりに縛られない自由な恋愛をすることも多い人々です。それでも、この時期はどこか本気で、一番大切な人との今と今後を考えたいという気持ちが高まっていくでしょう。

 

さっぱり恋のチャンスに恵まれないという人であれば、自分で自分に抑制をかけてしまっているのかも。恋は楽しいことも多いものですが、決してそれだけではありません。人と人が関わり合う中で、どうしても軋轢が生まれてしまうことだってあります。もし「恋は辛いもの」「どうしたって苦しいもの」といったネガティブな思いを抱えているのなら、この時期は恋愛の楽しい側面を、愛し愛される喜びをもう一度信じられる時期にあたっています。恋をしたいな、という思いがあるならば、ぜひ早めの段階で自分に「いい恋をして、幸せになろうね」と、言ってあげてください。そこから始まるストーリーは、必ずや彩り豊かなものになるでしょう。きっと、あなたの人生を濃く豊かにするであろうと、私は確信しています。

 

そして、あまり不安を煽るつもりはないのですが……2017年下半期は、問題や障害を内包する、そして解決の見込みが立たない恋愛は終わりを迎えるかもしれません。もしもお別れになりたくないのであれば、どうか大切な方の手を離さないようにしてくださいね。そして、今からでも大丈夫ですから大切にしてあげてください。しんみりしてしまって恐縮です、これは誰にでも起こるというわけではありませんので、思い当たった方だけ参考になさってくださいませ。

 

<仕事運>

2017年前半は「面白いものを作り出す」ことに追い風が吹くときでした。夏の間は引き続きワクワクするような状況が続いていきます。これまでになかったすばらしいものを作り出そうと力を尽したり、新しいプロジェクトに身を投じてきたり……遊んでばかりという人もいそうな気がしますけれども(笑)って、ふたご座の方なら遊びの中からしっかりと学びも得て、有意義に過ごしておられることでしょうね。もし本当に遊んでばかりという状況であれば、そろそろ本気を出してまいりましょう。物事は運や努力だけでなく、タイミングも大切。良い時期には、しっかり動いておくのが幸運のカギです。夏の間にやれることをやっておくとよろしいでしょう。

 

10月以降はタスクが急激に増加し、地味に仕事に追われることとなります。11月下旬には、これまで先延ばししてきたことに本気で向かい合わなければいけなくなる暗示も。もし今、これをご覧になって「あれかな!?」と思い当たるアレやコレがあった方は、そのときが来たらぜひ腹をくくって頑張ってくださいませ! 責任を持って取り組むことで自分の道が見えてきますし、スキルアップもできるはずです……と、救いになりそうなことを一応書いておきます。

 

ご注意いただきたいのは、10月からの1年は「楽しい」「面白い」だけではうまくいかないということです。タスクをリストアップし、漏れなくダブリなく進めていく。時間とコストをしっかりと管理する。最後まで責任をもって進めていく。そうした、当たり前だけどときどきおろそかになる——もっとおもしろいことや興味のあることに流されて——ことをひとつひとつ、しっかりやっていくことが大切なときです。ルールづくり、マニュアルづくりをするのも良いでしょう。人によっては夜型生活を朝型生活にシフトしたり、深酒を控えて睡眠時間を確保したりと、生活を整えるのも仕事のクオリティ向上につながるはずです。

 

コツコツと努力を積み重ねていく過程というものは、ときに華やかさに欠ける、つまらないものと思えることもあるかもしれません。ただ、あなたが生み出す素晴らしいものを待っている人はたくさんおられるはずです。それが実感できるのは少し先のことになるかと思いますが、あなたの喜びも大きいだろうと思いますよ。ぜひそのときを楽しみに、頑張っていらしてください。

 

 

さあ、2017年後半の始まりです。10月の切り替わりを意識して、今できること、今しかできないことを貪欲に求めていけると良いですね。頑張ってまいりましょう。心から、ふたご座のあなたを応援しております。

 

 

真木あかり

 

 【以下宣伝です】

幻冬舎幻冬舎plus」でコラム「ご縁の法則」連載中です。15日がコラム、月末が恋愛運に特化した占いです。ご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

 

noteでは、占いとはあまり関係のない日記や日々のつれづれを書いています。「日記が暗すぎて不安になる」と友人たちから不評なのですが、私はだいたい元気です(∪ ´ω` )

 

★年間占い、下半期占いより詳しい鑑定はBASEにて受け付けております。すべてメールのやりとりで完了する鑑定です。恋愛運から仕事運、転職の転機、お引っ越しの方位や時期、相性、復縁、不倫のお悩みなど悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

★アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain