占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2017年下半期 おうし座の占い

f:id:makiakari:20170624013435j:plain

上半期はいかがお過ごしでしたか。仕事や日常の雑務に追われ、ばたばたしているうちにあっという間に過ぎたという人も少なくないかもしれません。私もこないだ正月が来たと思ったらもう6月で、いやもう驚いたのなんのって。口から心臓が3つくらい飛び出そうになりました。という話はどうでもいいと思うのですが、おうし座の人はいつも以上に忙しく感じられたことでしょう。特に2月から6月上旬あたりはなんとなく停滞感から抜けきることができず「調子が出ないけれどもやらなければならない」「なんとか挽回して良い方向へ持っていかなければ」と焦るような部分もあったりして、なかなか落ち着かない状態であったのではないかと思います。

 

運気はすでに復調していますが、10月までは引き続きコツコツと目の前のことに向き合っていくこと、地道な努力をしていくことが大事です。おうし座の人であれば、実はこうした過ごし方は嫌いではないのではないでしょうか。むしろ「肌に合う」ようなところもあると思いますので、適度に息抜きをしつつも着実にやるべきことと向き合っていきましょう。

 

すぐには結果が出ないことも多い時期なのですが、今は自分の足元を固める時期と思ってみるのも良いでしょう。ここでの頑張りというものは確実に、あなたの“これから”につながっていくはずです。もし先が見えずしんどい気分になってしまったら、これまでの人生を振り返って「あのとき頑張っておいて良かったな」と思える記憶を振り返ってみると良いでしょう。そうした体験はいくつかお持ちだろうと思いますが、その“あのとき”を作っているのが、今なのです。先が見えない日々であっても、ちゃんと未来の自分につながっていますからね。

目上の人からのプレッシャーを強く感じていた人はどうぞご安心を。なくなるわけではありませんが、だいぶ和らいでくるはずです。気難しい上司があなたの頑張りを認めてくれるような、そんな流れも起こるかもしれません。

 

もし余裕がありましたら、生活において心豊かになるものを取り入れてみるのはいかがでしょうか。たとえば丁寧にドリップするコーヒーとか、すごく肌触りの良いベッドリネンとか、ですね。新しいものを買わなくても、お気に入りのシャツにぴしっとアイロンをかけてみたり、大好きな靴をしっかりメンテナンスしてみたりと、なんでも良いです。そうした日常の豊かさが、この夏から秋にかけてのあなたの毎日を支えてくれるはずです。

 

2017年下半期のターニングポイントは10月です。10日にラッキースター木星が対人関係を意味するエリアに移動し、周囲がにわかに活気づいてきます。この時期の対人関係は、あなたとその他大勢といったにぎやかなものではなく、ひとりひとりとしっかり向き合い、対話をするような時期となります。この時期は2018年秋までの約1年間続いていくのですが、ここで出会った人はのちのち、あなたの人生においてすばらしい理解者、味方となってくれるかもしれません。

 

すでに出会っている友人やパートナーとも良い関係を築いていけるでしょう。あなたに会いたい、話がしたいと思う人が多くなりますから、今まで以上に人と会ったり、話したりすることが増えていきます。コミュニケーションが大切なときですから「広く浅く」ではなく「狭く深く」を目指して、交流を深めていきましょう。

 

2017年下半期「これをやってみたい」と思うようなことがあれば、周囲にどんどん意思表明をしていけると良いですね。9月いっぱいまでは若干現実逃避気味な発想も強くなりがちなので大きなシフトチェンジは避けたほうがベターなのですが、10月以降は「そういえば、この間言ってたアレだけど……」「協力してくれそうな人を紹介しようか?」などと、あなたにとって有利な情報が人からもたらされるかもしれません。ひとりでも多くの人に伝えることでその分チャンスは増えますから、「これがしたい」「あれが欲しい」と、積極的に周囲に伝えてみましょう。それが、今年の上半期には重要なポイントとなってくるはずです。

 

<恋愛運>

今年は仕事が忙しかったり、なんとなく現実的な気分が勝ってしまったりして恋愛スイッチが入りにくい時期に当たっています。そもそも時間や気持ちの余裕がないわいという人もいそうですが、パートナーをお持ちの方であればお相手を少々淋しい気持ちにさせてしまっていることもあるかもしれません。安定した関係には穏やかな変わらない日常が続いていくことになるかと思いますが、つき合って間もないカップルの場合は関係が冷え切ってしまったり、まるで空気のような間柄になってしまったりするかもしれません。忙しいながらも、会えるときはしっかりと互いの心を通わせるような、そんな愛情を育んでいけると良いですね。

 

シングルの人に追い風が吹くのは10月以降。ここからはパートナーシップに光が当たりますから、積極的に動いていかれてください。ここまでいまひとつ恋愛に興味が持てないまま来た人も、幸せな恋をしたいと思う気持ちがあるならきっちりとスイッチを入れていきましょう。ここが曖昧なまま「いい人がいれば……」などと思っていても、せっかくの星のあと押しも活かしきれません。

 

この10月以降に巡ってくるご縁というのは、あなたにとって素晴らしいものである可能性大。特に、あなたとしっかり向き合ってくれる人、心を通わせ合うような会話ができる人であれば間違いはないでしょう。無理せず自分らしく振る舞えるというのも、運命の人の条件です。自然とあれこれ話したくなる、カッコ悪いところも晒し出せるというのはこの時期、「この人かな」と確信して良い部分です。

 

10月以降は間違いなくラッキーシーズンではありますが、ひとつだけご注意を。今年から来年にかけて、将来を見据えたお話がとんとん拍子に進んでいく人も多いかと思います。ただ、もし一緒にやっていけるかどうか疑問がある場合は勇気を出して立ち止まってみてください。いったん距離を置くなり、お別れを選ぶなりはそこから考えると良いと思いますが、自分のどこかに「こんなにいい人とはもう巡り会えないかも」「別れたら次がないかも」という気持ちがあるのなら、それを排除した上でお相手を見つめてみてください。計算や妥協は、本心には負けます。あなたもお相手も幸せになるために生きているわけですから、そこは見ないふりをしないことです。

 

<仕事運>

10月まではコツコツと地道に現状維持を心がけていくと良いでしょう。……と言ってしまうと酷なくらい、おうし座の人は昨年秋から努力を続けておられると思います。大きな進展や先々の明るい見通しを求めるよりも、ひたすら目の前のことばかりという状態になっている人も多いかもしれません。

 

いい加減疲れてきてしまったならば、折れずにめげずにコツコツやっていく方法をまずは考えていきましょう。たとえば、「今やっていることに意味があるのだろうか」「自分なんかいくら頑張っても無駄なのではないか」と思えてしまうのは、おそらく疲れがたまってしまっているから。負のループにはまってしまうと辛くなるだけです。自分を追い込んでも良いことはひとつもありませんから、「今日のタスクはクリアした! えらい!」「ミスなくできた! すごい!」と、今の自分が確実にできていることに目を向けていけるといいですね。

 

そしてコツコツと……ってもうコツコツはええわ!と叱られそうなくらい繰り返しておりますが、「コツコツ」というのは何もただ耐えるのみ、というわけでもないのですね。あなたは繰り返し練習して技術を身に着けたり、じっくりと何かを学んだりすることには並々ならぬお力を発揮できる人ですが、この時期は星の後押しを受けて、その強みをさらに発揮できるときです。身につけたいものがある人は、この10月までにトライしてみてはいかがでしょうか。

 

現状がしんどく感じられ、転職を考えている人であれば秋まではどうぞ焦らずに。やりたいことがあって転職するならばOKですが、「つまらない」「逃げたい」といったマイナス思考からスタートしてしまうと、自分の中に「頑張りきれなかった」という遺恨を残してしまいがちです。

 

羽海野チカさんの『3月のライオン』(白泉社)2巻に、「『逃げなかった』って記憶が欲しかった」という言葉が出てきます。このあと、会話の中でそれが説明されていくのがとても良いシーンだったのでぜひ作品をお読みいただければと思うのですが、「がんばれた状況だったけれども逃げた」という記憶があると、次に正念場を迎えたときにその記憶が邪魔をすることがあるのですね。また逃げればいいという、易きに流れる気持ちが生まれるかもしれません。自分がまた逃げてしまうのではという恐れの気持ちかもしれません。どちらにせよ、自分を信じてあげられない、どこか疑ってしまうという状態では、パフォーマンスは上がりにくいでしょう。逆に、結果はどうあれ「やれるところまでやった」という記憶を持てていたならば、それは確固たる自信となってあなたを支えてくれるはずです。

 

もちろん、何があっても逃げるなと言いたいわけではありません。たとえばパワハラやいじめといったものは、逃げないといけません。悪に手を染めるだけのような仕事であれば、離れるべきでしょう。そういうときは「もういやだ」ではなく「良い環境を得るために逃げるぞ」と、意思をもつと良いでしょう。ちょっとした気の持ちようみたいですけれども、だいぶ違いますよ。あなたはとても我慢づよい人ですから、あなたが嫌だと思うことであれば相当のものだと思います。だからこそ、その資質を活かすためにもしっかりと「選ぶ」ことを心がけていきましょうね。

 

10月以降、仕事上での人間関係は非常に良くなりますし、交渉や話し合いといったことにも前向きなムードが満ちてくるだろうと思います。待ち望んでいたようなチャンスが訪れるかもしれません。それはきっと、ここまでのあなたの努力を見ていた人が「君だから任せたい」といって持ちかけてくるような、あたたかで信頼に溢れた話ではないだろうかと、私は想像しています。

 

 

2017年後半戦、ぜひとも良い季節にしてまいりましょう。心から、応援しています。

 

真木あかり

 

 【以下宣伝です】

幻冬舎幻冬舎plus」でコラム「ご縁の法則」連載中です。15日がコラム、月末が恋愛運に特化した占いです。ご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

 

noteでは、占いとはあまり関係のない日記や日々のつれづれを書いています。「日記が暗すぎて不安になる」と友人たちから不評なのですが、私はだいたい元気です(∪ ´ω` )

 

★年間占い、下半期占いより詳しい鑑定はBASEにて受け付けております。すべてメールのやりとりで完了する鑑定です。恋愛運から仕事運、転職の転機、お引っ越しの方位や時期、相性、復縁、不倫のお悩みなど悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

★アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain