読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

さよならは小さい声で。ときには自分だけに聞こえるように

日記

f:id:makiakari:20161130225127j:plain

『さよならは小さい声で』という、松浦弥太郎さんのエッセイを読んだ。表題ともなっているエピソードは、松浦さんの幼少期のもの。小学校の頃に通っていた学童保育のT先生(女性)にまつわるもので、松浦さんをはじめ皆がT先生を慕っていたそうだ。ある日の夕方、そろそろ帰ろうという時間帯になっても、少年の松浦さんは帰りたくない、T先生と別れがたい気持ちでいた。そんな彼に対し、T先生はある提案をするのだ。

 

「あのね、小さい声でさよならを言うの。秘密だから誰にも聴かれないように、ちっちゃい声でさよならを言うの」

 

先生はとても小さい声でさよならを言った。松浦少年もできるだけ小さい声でさよならと言い、夕焼け雲を振り返り振り返りしつつ帰っていく。そして大人になった松浦さんは「相手への思いがあるほど『さよなら』が言えなくなってしまう。そんな時、必ずT先生のことを思い出す。そして、『さよならは小さい声で』とつぶやく。さよならは小さい声で」とエッセイを締めくくるのだ。

 

大人になってからのさよならは、学童とちょっと違う。「またあした」とイコールではなくて、「会えない」「会わない」の決意表明という意味合いをはらむからだ。だからこそ、相手だけに届くほどの小さいさよならがいいように思う。誰にも聴かれないように、ふたりだけのものであるように。できるだけ、できるだけ楽しかった日々の思い出が続いて、自分も相手も傷つけたり絶望させたりすることのないように。そして占い師という立場で言わせてもらうなら、もしも誰かとの関係でさよならを考えるときがあったなら、相手に伝える前にそっと「さよなら」と、ひとりでつぶやいてみるといいだろうと思う。ここまでがんばってきた自分自身の気持ちにさよならと言うことも、きっと気持ちの整理につながるはずなので。自分だけに聞こえるように、小さい声で。

 

さよならは小さい声で。

さよならは小さい声で。

 

さよならは小さい声で (PHP文庫)

さよならは小さい声で (PHP文庫)

 

 

 

【宣伝】BASEにて個人鑑定、お引き受けしております。もし私にお力添えできることがありましたら、いつでもお声がけくださいね。

makiakari.thebase.in

 

LINE占い「チベタン・オラクル」好評配信中です。LINE占い「悩み相談所」にて個人鑑定のご相談も随時承っております。内容・ボリューム・鑑定ポリシーはBASEのものと同じです。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain