占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。主に日記を綴っているnoteはhttps://note.mu/maki_akari、Instagramはmaki_akariです。

2018年5月、おうし座新月&天王星移動。星が動いていく、「自由と改革」の次のステップへ。

f:id:makiakari:20180514135237j:plain

星が動きます。2018年のなかでも一二を争う大きな節目がやってきます。

このことを知ったあなたは不安でしょうか、それとも「よし」と希望に燃えておられますでしょうか。勝手に想像してしまって恐縮ですが、おそらく多くの方が不安、というお気持ちが大きいのではと思います。人は本能的に変化を嫌うものですし、嫌いでなくとも何かしら緊張感や居心地の悪さを感じるものです。さらにいえばここは占いブログです、今きっと解決したい問題や大きな不安を抱えておられるのでしょう。「今よりもっと悪くなったらどうしよう」というご不安を抱かれるのは自然なことかなと思います。その問題が、大切なテーマであればあるほど。

 

私はこうして占いを書いていますが、決してあなたが辿ってきた道のりや、あなたの今を否定しません。あなたという人を損なうつもりもありません。頑張りが足りないと、何かを強いる気持ちもありません。ただ、より良い人生を生きていくうえで「これを知っておいていただけると嬉しいな」と思うことがあります。

  1. 「今、想像している以上の幸せ」もありうると思ってみること
  2. 自分を幸せにできるのは自分だけだということ
  3. 幸せになる、と決めること

ですね。

1については、「絶対に叶えたい」という願望をお持ちの方の場合です。自分にとって何が幸せかをはっきりイメージしておくのは大切なことですが、とはいえ「今の自分」が考えられることには限界があります。私だって、子どもの頃はまさかこんなおとなになるなんて思っていませんでした(笑)。まあ私のことはともかく、ちょっと未来の自分はもっと成長して、環境も変わって、より自分にとって幸せな未来を考えられるようになるかもしれません。今思っている幸せに固執しすぎない、そう思っていたほうが幸せは目指しやすいです。

2については、言葉どおりです。他の誰かに自分の幸せを委ねないほうがいいです。その人に振り回されるだけの人生になってしまうから。

3についても、言葉どおりです。どんな道を辿っても必ず幸せになるんだ、と常に決め続ける事はとても大切です。未来は選択の連続ですが、そう決めていることで正しい選択ができます。

 

変化、という言葉からものすごく悪い状況を想像してしまうときというのは、メンタルがネガティブまっしぐらになっていることがほとんどです。そうなると、物事というのはなかなかよくなりにくいのも事実です。ですから、1〜3を少しだけ心に留めておいていただき、そして良い方向を向けるようにしっかりと顔を上げていけると良いです。行動しなければ現実は変わりません。顔を上げる、というのも立派な行動です。顔を上げれば地面だけでなく、遠くに咲いている花や広い空だって見えます。本当にしんどいときというものは「そんなものを見たって問題は解決しないじゃないか」と思ってしまうかもしれません。私は思いますね!(お前が言うのかよ!)という話はさておき、そうした日々があっての今だから申し上げます。幸せは地面だけに落ちているものではありません。広くサーチしたほうが、つかみやすいですよ。何より、固くしぼんだ心が本来の柔らかさを取り戻しやすくなります。

 

また「前置きが異常に長い占い」という芸風を余すところなく発揮してしまいましたが(芸人だったのか)、さあ新月です。天王星の移動です。詳細を見てまいりましょう。

 

おうし座新月が与えてくれるものは「誰がなんと言おうと、私は私でいいのだ」という自己肯定感ではないかなと思います。私が好きなものを好きと言い、私が食べたいものを食べる。私は私の世界を守り通す。誰に干渉されるわけでもなく「私は私」、それを貫き通せるタイミングとなるでしょう。

ここまで、自分を肯定する気持ちが打ち砕かれてしまっていたり、ちょっぴり人のペースにのまれてしまったりしている人にとっては、気持ちを仕切り直すチャンスです。ここで「自分に軸を戻す」ということを意識してみる、取り戻せると思ってみると良いですよ。すぐにできなくても大丈夫です。自分というものはそうそう変わりません。ここをスタート地点としてちょっとずつ慣れていうことが大切です。もしやりたくなければ「できない」ではなく、「今はやらない」というふうに考えてみるのはいかがでしょう。自分を否定するのではなく「選択しない」と意志によって決めること。それはそれで「自分に軸を戻す」ことです。

 

天王星もまた「誰に干渉されるわけでもなく」という性質を帯びています。あらゆる規制や束縛をものともせず、自由を追い求める星です。ひとつの星座に7年ほどと滞在し、個人というよりは世代に大きな影響を与える……とされていますが、個人への影響度もそれなりに大きいように私は思います。

人は生きるなかで、環境や体験からさまざまな固定観念を作り上げていきます。「こう生きるべきだ」「こういうことが幸せであるのだ」といった枠組みのようなものから、「この年齢ならこうでなくちゃ」「おとなならこうしなくちゃ」といった日々のTPOのようなものまでさまざまです。それを目指して勉強やおしゃれ、コミュニケーションを頑張れる部分もあるので、決して悪いこととは思いません。ただ、それにがんじがらめになって自分がしたいことも制限してしまう部分もあり、そうなると人生というものは彩りを失っていきます。人とぶつかることも増えていったりしますよね。

 

天王星は、そうした知らずしらずのうちに溜め込んできた観念から、自分を解き放って自由にしてくれる星です。ただ、自分のなかで「当たり前」と思うようなことを変えるというのは、よほどのことです。従って、なかなかのストレスを伴います。

天王星が滞在するとき、星座によって異なるテーマで、少なからず負荷を感じる人は多くいます。その度合いというのは、本人がどれだけ「がんじがらめになっている」かによって変わります。自分が今までぎゅっと握りしめてきた価値観を変えざるを得ないような体験や、自分が自分でなくなるような思いを伴うこともあります。ただ、それは決してマイナスなことではないのです。天王星は「自由と改革」の星、と書きました。自分がより自分らしく、自由に生きられるようになるための改革、なんですね。

天王星が滞在する7年間を過ぎたあと、人は「大変だったけど、おかげさまでやれることが増えたな」「あのとき痛い目に遭って苦労したから、自分に合わないものはよくわかった。これからはこういう生き方をしていこう」と思えるようになります。そうやって自分を変えていくことが「改革」であり、できることが広がった、自分が本当に幸せになれるような道がわかって目指せる力もある、というのが「自由」なのだろうと私は思うのです。天王星はただひどい出来事だけをぶつけてくる、そんないじめっ子のような星ではありません。安心してくださいね。

こうして占いを更新すると「私には何が自由かわかりません」「何もない気がします」といったコメントをいただくこともよくあります。差し出がましい発言かもしれませんが、「何もない」なんてことはないのではないですか。あなたは今まで、とてもたくさん頑張ってきたはずです。何もない、なんてなかったことにしたら、自分がかわいそうです。2011年頃から「自分がどんなふうに変わったか」ということを振り返ってみていただくと、ヒントを見出しやすいだろうと思います。

 

2011年からのしかかってきたテーマを、星座ごとに書いてみます。これに当てはまらなかったらすみません!ブログ上で語れることにも限界があります、ご容赦くださいね。

 

★おひつじ座

アイデンティティに関すること。自分らしさ。自分が自分として生きるということについての葛藤や、抜本的に変えていかざるを得ないような出来事。

★おうし座

人には知られたくないような心の暗部。ドロドロした黒い思い出、コンプレックス。そういったものを卒業したり、「もういいよ」と手放してあげるようなこと。

★ふたご座

仲間や友達など、身近な対人関係。離れていく人もいたかもしれない。自分が「人間関係とはかくあるべき」と思っていたかたちを変えていくこと。プラス、自分が生涯をかけて叶えていきたい夢やライフワークの構想を、試行錯誤しながら練り上げたり見つけたりする。

★かに座

仕事のこと。成功のこと。社会的にチャンスを得て、それに応え、評価されることを、敷かれたレールに乗るのではなく自分の頭で考えさせられる。

★しし座

視野を広げること。探究心。自分が目指すものを作り上げるために、新しいものを取り込み、研究して、遠くまで出かけて知識を広げていくことで自由を手に入れる。

おとめ座

人から受け継ぐもの、教えてもらうこと。パートナーの収入、資産との関わり方に変化が起こる。お金を差し出したり、借りたりする他者との関係を変えていける。

★てんびん座

対人関係。あなたを縛り付けるような人間関係を解消できる。それゆえに離れていく人もいるかもしれないが、自由な発想を与えてくれる人との出会いもあったかもしれない。

★さそり座

自分で自分を縛り付けているような日常の義務から解き放たれ、自由に動いていけるようになる。「やらんでいいことはやらん」と決めて、主体的にやりたいことを選んでいく。

★いて座

自分を縛り付けるような恋愛観から卒業できる。「頑張らないと愛されない」「誰も私を大切にしてしてくれない」いった思い込みから、世間的なジョーシキと呼べるものまで、とらわれをなくせる。想像もしなかったような恋がそれを教えてくれることもある。吉凶も激しく出がちだけれど、暗闇だけでなく光もあったと思う。

★やぎ座

家族間のしがらみから自由になるための行動を起こせる。引っ越しや移住などで新しく理想的な自分の居場所を獲得する人もいるかもしれない。なかには起業する人も。

★みずがめ座

コミュニケーション。理解しあうということを新しく学んでいく。仕事や勉強のやり方を自分にとって実のあるものにチューニングしていける。狭いところにこもっていたような人は、発想をぐいぐいこじ開けられるような体験をすることも。

うお座

自分の能力を磨いていく、または磨かざるを得ないような状況に飛び込む。「お金やものを所有する」ことについて、自分がより自由さを得るための抜本的な変化。お金を自分の力で稼いでいくこと。

 

2011年あたりから上記テーマがあなたの「自由と改革」のテーマでした。思い当たるものがおありでしたら、この5月中旬からそれらの緊張感がふっと解け、だんだん「頑張ったからこそ得られる自由」のほうを感じていけるようになると思います。そして次の7年間がスタートしますので、自分の星座の「ひとつ前」の星座のテーマをご覧ください。たとえばおうし座の人はおひつじ座のテーマを、ふたご座の人はおうし座のテーマを見る、といった感じです。星は巡ります、それが次のあなたのテーマです。

 

ただ、天王星は8月8日から逆行を始め、11月7日にふたたびおひつじ座に入ります。おうし座の完全に移動するのは2019年3月6日。ですから、晩秋の頃にはいったん、2011年からこの2018年5月に至るまでの「自由と改革」のテーマがもう一度、揺り戻しとして起こるかもしれませんね。ただしそれは凶事ではなく「本当に自由に生きられるように、もういっぺんしっかり意志を固めようね!」という、星からの前向きなメッセージであろうと思います。

 

さあ、顔を上げて、前を向いてまいりましょう。折しも新緑が目に鮮やかな季節です。空は美しく、風はあたたかく吹いています。街ゆく人のなかには、ちょっぴり気が早い半袖の人もいたりして。冬の間はどれも見られなかった「変化」です。変化って、悪いことばかりではないですから。きれいなものでも、喜びに満ちたものでもありますからね。どなたにとっても、どうか良い変革のときでありますように。

(※天王星は災害との関連がしばし取り沙汰される星でもあります。私は専門ではないのでこれについては詳しく触れられませんが、ハワイや長野など若干気になる動きもあります。5月いっぱいくらいは、備えを見直す機会を持つと良いかもしれません)

 

(以下宣伝です)

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。

www.gentosha.jp

宝島社より2018年5月に発売された『sweet占いBOOK2018下半期』、とじ込みの特別付録「7大占術であなたに眠っているいいところ見つけますBOOK」にて、真木あかりの占いが出ています。

sweet特別編集 占いBOOK 2018 下半期 (TJMOOK)

sweet特別編集 占いBOOK 2018 下半期 (TJMOOK)

 

 

 

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in