占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2017年3月4日、金星逆行開始。愛しすぎて見えなくなったものを、さがしにいこう

f:id:makiakari:20170303005755j:plain

2017年3月4日、おひつじ座の金星が逆行をスタートします。4月15日に順行に戻るまで、1ヶ月強にわたっておひつじ座からうお座へと旅をします。「逆行」というと年に4〜5回ある水星逆行が頭に浮かぶ人もいるかもしれません。待っている返信が来ない、情報が食い違う、おまけに交通機関が遅延しやすいという精神力を全部もっていかれるようなコンボが起こりやすいとき。しんどい思いで「水星逆行」という言葉を検索して、「ああ、そういうことだったのか」と悲しい納得をした経験を持つ人も多いかもしれません。

ただ、金星逆行はそんなに戦々恐々とすることもないかなと私は思います。順調だと持っていた恋愛の風向きがちょっとトーンダウンしたように感じたり、恋以外でも楽しいと思っていたことがそういった面ばかりではなかったことに気づいたり、といった状態に直面しやすいときではあります。一見すると逆風でしかないように見えるかもしれませんが、受け止めてしまうのも賢い方法です。過信や思い込みなど、どこか過剰なものがあったなら、この時期に気持ちを平らかにして、自分を取り戻せますからね。

人生楽しいことばかりであってほしいものです。でも、そうは見えないときにだって、きっと我々が我々らしく生きていくためのヒントがあるのだろうと思います。この言葉がきびしすぎるように聞こえるならば、今はどうかご無理なさらずに。いつもいつも、前向きに受け止められるわけではありませんから。そこを無理してふんばっても、どこか歪みが出るものです。あなたのペースで浮上すれば、大丈夫です。

 

今回の金星逆行は、ままならない恋に悩んでいる人にとっては気持ちの整理がつくときとも言えるでしょう。「終わる」と言いたいわけではありません。「認める」「わかる」「折り合いをつける」といった表現が近いだろうと思います。

 

たとえば愛において、

ほんとうはダメかもしれないと思っていたけれど、見ないふりをしていた事実はあったでしょうか。辛すぎる現実から逃れようと、ぎゅっと握りしめていた大切な言葉はあるでしょうか。この時期はそうした気持ちを、整理しやすいときです。受け入れたり、折り合いをつけたり、奥深くにしまったり。

 

もし泣きたいのをこらえているような状態にいらっしゃるならば、この春はご自分を「よくがんばったね」とねぎらってあげていただきたい、と私は切に願います。そして、少し過去にさかのぼって歪みを調整できれば理想的です。誰かに受け入れられなくても、思ったように振る舞えなくても、どうか「こんな自分」なんて思わないで。あなたはあなたの大切なひとです。自分をいじめるようなことは、しないほうがいいのです。

金星逆行において、自分と誰かの関係性という軸のなかで、自分が自分らしくあることを取り戻す。ひとを好きになるという純粋な気持ちも、自分が自分らしくあることも。そんな春を目指していくと、すばらしいギフトもあるのではないかと思います。

 

とはいえ、イレギュラーなことが起これば動揺もあります。どうぞご無理をなさいませんように。花の蕾がゆるみ、ふわりと開くときいつも陽光があるように、救いはすぐそばに、あるのかもしれません。あたたかな春の陽射し、またはそれに似たものが、どうかあなたの心を暖めてくれることを願っています。 

 

 

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

noteでは主に日記とか日々のつれづれを書いています。しょーもないことも多いのですが、よかったらぜひご覧ください。

note.mu

【宣伝】
どのようなお悩みでも詳しくご相談いただける個人鑑定(メール鑑定)を、BASEで承っております。仕事運など悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in

アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain