読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

当たり前すぎて気づかない、運を上げる方法⑧本屋さんで運命を変える

運をよくする方法

f:id:makiakari:20150809154725j:plain

あなたは本屋さんに行きますか?

わざわざ足を運ばなくても、ネットで注文すれば自宅まで届けてもらえる時代ですが、私はよく、リアル書店に足を運びます。まあ、今住んでいる場所も周辺の中規模の本屋さんがたくさんあるから……という本好きだからではあるのですが、そこでさまざまな運を手に入れているからです。

 

それなりに大きな書店は、まさに画像と文字で構成された情報の渦。興味のあるコーナーだけでなく、自分に関係がなさそうな棚にも足を向けてみます。じっくり見るというより、ざっと流し読みする感じでしょうか。

 

そこで気になるキーワードやジャンルがあったら、覚えておいてメモしておきます。惹かれる本があれば、今は読まなくても買っておくと良いでしょう。

 

実は、これが運を上げる行動のひとつ。

「なぜか気になったもの」というのは、顕在化はしていなくとも、あなたの中で好奇心のアンテナが働いていたことです。つまり「今後手にいれたいな」「こういう仕事をしていきたいな」「恋人ができたら、デートでこんな会話をしてみたいな」なんて、無意識の中で思っていたことが現れやすいのですね。

 

気になる本やキーワードを見つけた瞬間は、そんなこと思いもしません。でも少し経ってから、チャンスや人生の節目といったタイミングで「この間見た本にあった……!」「そういえばやりたいと思ってた!」と、ハッとすることになります。自分の中でも、これはチャンスだと気付きやすくなるのです。これがポイント。

 

私の場合は、「この本をチェックしていなかったら、このチャンスには気づかなかっただろうな」と思う経験を何度もして、自分の習慣が運の向上につながっているのだと実感しました。複数の本が関係し合って、思わぬ組み合わせとなって運を運んでくれることもありました。無意識に考えていることを顕在化したために、チャンスに気づきやすくなっているのだろうと思います。しかも、自分が気になることが顕在化したのですから、ハズレがありません。

 

運そのものは、私たちのまわりにたくさんあって、次から次へと流れていきます。キャッチする方法を知っておくだけで、手に入れられる運は無限大に広がっていきますよ。

 

ネットでは、一度に視界に入る本の数はほんのわずかです。情報量の多いリアル書店を、できるだけフラットな気持ちで回ってみてください。「探してやろう」と思わず、目に飛び込んでくるものを大事にすると、何か飛び込んでくるものがあるはずです。

 

 

★真木あかりの占いアプリ「チベタン・オラクル」、おかげさまでご好評をいただいています!無料メニュー、特別価格メニューあり。的中率には自信があります。ぜひご覧になってみてくださいね。