読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

当たり前すぎて気づかない、運を上げる方法⑦大丈夫、運は使い果たさない

f:id:makiakari:20150807003213j:plain

私は占いを師匠に師事して習ったのですが、師匠の口癖は「一生幸運ばかりの人もいないし、一生不幸な人もいない」でした。たとえば、人生の早い段階で多くの名声を手にした人は、早世したり老年期が恵まれなかったりしがちです。一方、若いころ苦労した人は、壮年期からその苦労が生きていきます。

 

占い師の修行をするときは、主に著名人の生き方から鑑定技術を磨くことが多いのですが、なるほどなと思わされる部分がかなりあります。幸運かどうかは、本人の主観的な判断によるものであって、第三者がどうこう言えるものではありません。ただ、ライフイベントとしてみています。たとえ、第三者が口をそろえて不幸と言うできごとでも、幸福と言うできごとでも、運のつかみ方しだいで実感は変わってきます。

 

で、運のお話です。

もちろん、一生ツイてばかりの人も、一生ツイていない人もいないのです。ただ、たとえ低迷期であっても、どん底に陥ることなく、それなりに幸せ感をもって生きる人は多いのですね。

 

このときポイントとなるのが、運についての考え方です。

よく、良いことがあったときに「今年1年の運をここで使い果たしたかも……!」と言う人がいます。できれば、この考え方は捨ててください。運は氷山の一角。使い果たす類のものではありません。あなたが、“今は”気づいていない運はたくさんあるのです。氷の巨大な塊が沈んでいる、海面の下にね。

 

それなのに「運を使い果たした」と思い込むのは、運を前に目を閉じているのと同じこと。最高にツイてると思っても、もっとすばらしい運が、一歩先にあるかもしれません。自分で自分の可能性に蓋をしたらもったいないですよ。どうせなら「もっと良い運があるかも……」くらいの気持ちでいましょう。幸運期も、不運期も、ね。

 

 

 

★真木あかりの占いアプリ「チベタン・オラクル」、おかげさまでご好評をいただいています!無料メニュー、特別価格メニューあり。的中率には自信があります。ぜひご覧になってみてくださいね。