占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2016年下半期の運勢

2016年下半期の運勢を公開しました。

毎年年末に翌年の占いを書き下ろしでお目にかけておりますが、今年は思い立って2016年下半期の占いも書き下ろしてみました。どこにも出していない、オール書き下ろしとなります。 2016年は9月上旬、どなたにとっても大きな節目を迎えるときです。占いではご…

2016年下半期 おひつじ座の運勢

おひつじ座の人は「火の星座」に分類される星座で、火星を守護星としています。今年は火星が地球に接近するということで、誰にとっても人によって異なる意味合いをもって火星の影響は強めに及ぶことになりますが、おひつじ座の人にとっては特に、情熱や行動…

2016年下半期 おうし座の運勢

おうし座の人は、自分が素敵だと思ったものに対して強いこだわりを持つ人です。美しいものや手触りの良いものなど、五感で感じ取った好きなものに、常に囲まれていたいと考えます。気に入ったものはどんどん人に見せびらかしたいと考える人も世の中にはいま…

2016年下半期 ふたご座の運勢

ふたご座の人は、知的な星座と言われることがよくあります。世の中で当たり前とされていること、みんなが「こうじゃん」と言っていることに疑問を持ち、どこまでも貪欲な好奇心をもって突き進んでいきます。こうした生き方はどこか飽きっぽいとか、地に足が…

2016年下半期 かに座の運勢

2015年後半から、かに座の人は比較的賑やかな時間を過ごしてきた人が少なくないでしょう。仕事や勉強など、日々の営みにおいてどっしりとした努力が求められる時期でしたし、目の前にはたくさんの課題が山積みとなっていました。これまでに慣れ親しんで、す…

2016年下半期 しし座の運勢

2015年末に公開した2016年全体の占い(http://makiakari.hatenablog.com/entry/2015/12/31/191401)にて、私はしし座の2016年を象徴するキーワードとして「愛とお金」という言葉を使いました。どちらも欲望と密接に関係しており、熱心に求めることがどこか卑…

2016年下半期 おとめ座の運勢

昨年9月から、幸運と拡大を象徴するラッキースター・木星が滞在するおとめ座。たいがいの星占いでは「幸運の1年」と書いてあったのではないかと思います。木星が自分の星座に滞在するのは12年に一度のこと。10年単位の長いスパンで運命を見るとき、幸運のピ…

2016年下半期 てんびん座の運勢

2015年の秋あたりから、もやもやとした閉塞感を感じていたようなことはありませんか。てんびん座の人はメンタルのバランスを取るのが上手な人で、どんなこともそつなくこなすスマートな人です。ただ、2016年前半は特に、考えてもどうしようもないことにとら…

2016年下半期 さそり座の運勢

2015年後半から、さそり座の人のなかには「自分を押さえつけていた重荷のようなものからいつの間にか開放されていた」という実感を抱いている人が多いのではないだろうかと思います。一方で、2016年に入ってからは「本当の自分」を試行錯誤しながら熱く追い…

2016年下半期 いて座の運勢

他人にこうだと決めつけられるのが大嫌いないて座の人にこう言っては叱られるかもしれませんが、いて座の人は「大丈夫!」という言葉をよく、使うような気がします。 苦しい状況にいて、周囲から心配されたときに「大丈夫!」とか、恋人と離れ離れになって、…

2016年下半期 やぎ座の運勢

2015年末に公開した2016年1年間の運勢において、私はやぎ座の人の運勢を「世界」という言葉になぞらえてお話ししました。2015年の秋頃から2016年前半にかけて、自分の視野を広げ、いつも以上にさまざまな知識を積極的に獲得してきたという方は多いでしょう。…

2016年下半期 みずがめ座の運勢

2015年の秋頃から、大分動きやすくなってきたという人は非常に多いだろうと思います。夢や目標など、将来の自分と向き合うにあたって「自分は本当はこうしたいけれど、でも社会的なことを考えればこうしたほうが良いのだろう」といった大人として求められが…

2016年下半期 うお座の運勢

2015年年末に当ブログで公開した「2016年の運勢」にて、私はうお座の人の2016年を「オンリーワン」という言葉になぞらえました。昨年の秋頃から、いつも以上にさまざまな人との出会いや接点があり、さまざまなかたちと言葉で「あなたでなければ駄目なのだ」…