占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。主に日記を綴っているnoteはhttps://note.mu/maki_akari、Instagramはmaki_akariです。

2018年2月16日、みずがめ座新月(部分日食)。「自由の刑」だからこそ、と思えるように。

f:id:makiakari:20180214231450j:plain

2018年2月16日、みずがめ座で新月が起こります。これは部分日食ですが、日本からは見えません。ただ日食ということで、いつもより特別感が強く感じられるタイミングですね。

 

この新月はおひつじ座の天王星セクスタイル、そしてさそり座木星とスクエアになっています。みずがめ座の月ということで、何にもとらわれることのない自由や独創性に目が向くタイミングですが、今回はより強く、「ふつう」から離れる、とらわれていたものをぐいっと押しやって自身を開放する、といった感覚を味わう人は多いのではないかと思います。「離れる」という言葉が良くないのであれば「みずからを解き放つ」と言ってもいいかもしれません。

 

今回の新月の星回りを見ていて、私の心に浮かんだのは「人間は自由の刑に処せられている」というサルトルの言葉です。人間の実存は本質に先立っている、だから何にでもなれる。ものを切るために生み出されれたハサミとは違うわけです。ただ、何をしても自由ではあるけれども、それと引き換えに重たい責任を背負うことにもなるし、不安にもさいなまれる。それをサルトルは「自由の刑」と言い表したのでした。

 

ここからは私の私的なお話なのですが、私は大人になって「大人というものはなんて生きやすいんだろう」と感じて今に至ります。自分で自分がしたいことを決められる。そうできることの価値は、私にとって不安や責任以上のものがあったのでした。「不安だけどがんばる」「責任だって引き受ける」そう思えれば、あとは自由の海へ泳ぎだすばかりです。

 

さらに年齢を重ねると、背負うものが増えるのと比例して、自由は失われ始めます。でも、それは自分で選んだものの帰結としての喪失であって、制限のあるなかでもいかに自由を追い求められるか、と考えるのはまた別の価値を伴う体験です。そして逆に、「〜だからできない」と、責任や不安を味わいたくないがために自由がないと思い込むのもまた、大人なのかもしれません。「できない理由探し」は、誰でもあります。年齢を重ねるほど体力も気力も失われていきます、楽な方向に流れたくもなりますから。

 

今回のみずがめ座新月では、そうした自由をいま一歩手にしたい、と思う人は多いかもしれません。そしてそれが、「できない理由探し」をするような現状の停滞感を拭うことになる。そうした方が少なからずおられるだろう、というのが私の見立てです。

 

このブログでもよく引用しておりますが、茨木のり子さんの「歳月」という詩があります。
老いた男女ふたりを想定し綴られたことばたち。そのラストはこう結ばれています。

けれど
歳月だけではないでしょう
たった一日っきりの
稲妻のような真実を
抱きしめて生き抜いている人もいますもの

 

茨木のり子「歳月」

長年連れ添う関係だけが是ではない。短くとも確かにあった一瞬を抱きしめて生きる、それもまた真実なのだと彼女は語ります。たくさんの制限があるなかでも、自分にとって価値あるものと意味付けを行っていく。そうした能動的な自由の求め方であれば、自由の刑も良い運用をすることができるのではないだろうか、と私は思うのです。より良く生きるための糧として。

 

今のあなたが可能にできる自由を、この新月ではぐっと血の通ったものにできるでしょう。自分にとっての「生きる」はこうなのだと再定義して、しがらみと思っているものがあるなら取り払ってみるというのはいかがでしょうか。あなたがしがらみと思っているだけで、実はスムーズに払拭できるものであるかもしれません。

ただし、木星も絡んでいますから「いきすぎ」にはご注意を。ご存知のとおり、生きることは日常です。ターニングポイントをどう中庸に落とし込んでいくか、ということもまた、健やかな毎日につなげるためには必須であろうと思うのです。

どなたにとっても、良い新月でありますように。

 

 

歳月

歳月

 

 

 

(以下宣伝です)

幻冬舎plus様でブログの2018年が拡大版で掲載されています。ブログにない「良縁日」を出しています。

www.gentosha.jp

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。15日にコラムを、月末に翌月分の恋愛運を更新しています。

www.gentosha.jp

 

  

2018年1月31日、しし座で皆既月食。自尊心をあなたの胸に。自分の人生を、生きるために。

f:id:makiakari:20180130225343j:plain

2018年1月31日、しし座で満月が起こります。この満月は皆既月食なので、普段よりも少し大きな節目感を覚えたり「そうくるとは」的に意表を突かれる出来事が起こる人は多いかもしれません。

 今回の月食はけっこうおもしろい星回りでして

  • 全惑星が順行中
  • さそり座木星といて座火星がミューチュアル・リセプション
  • 水星がやぎ座からみずがめ座へ

という現象が重なっているのですね。いつも以上に「いけそうな気がする」感が強まる方は多いことだろうと思います。根拠のない自信、大いにけっこうです。自信をもって今を謳歌しましょう。好きな人には好きだよと言って、会いたいに人には会いに行って、自分の好きな服を着て好きなものを食べる。そんな、自分をとりまく世界に向けた天真爛漫で華やかな自己表現というものが、とても似合うタイミングです。

 

昨年の晩夏の頃から「これだ」と思ったものに情熱を注いでがんばってきた方は、この月食のあたりで自分がいつの間にか高い場所にまで来ていたことに気づけるでしょう。うっそうとした木々に視界をさえぎられ、足元はごろごろと尖った石ばかりで、いつまでこんな日々が続くのだろうかと暗澹とした気持ちにかられることもあったかもしれません。頑張って来られましたね。そうした長いながい頑張りは、決して無駄にはならない。ある程度ながく生きているとそう思いはしますけれど、それでもしんどいものはしんどいものです。

 

こうした努力の日々を過ごしてきたならば、この月食の前後で、自分のなかに確かな自信が宿っているのを感じられるでしょう。がんばり屋さんほど「自信を持てない」と思ってしまうこともありますが、そんなに自分に厳しくする日ばかりでなくて良いのだろうと思います。自信を持つ意思、というのも大切なんですね。

 

私はここにいて、心があって、生きているんだ。幸せになっていいんだ、大切にされていいんだ。そうした自尊心を、大切にしましょう。それは、生きる基礎体力になります。今回の月食は、自尊心をしっかりと手につかむチャンスです。それは自分の外で見つかることもあるかもしれませんが、ちゃんと自分のなかにもたくわえられているはずです。いえ、むしろ「あるのだ」と思ってこそ、外からの幸運というものもしっかりとその手につかむことができるのではないかと、私は考えています。

どなたにとっても、良い満月および月食でありますように。

 

 

(以下宣伝です)

幻冬舎plus様でブログの2018年が拡大版で掲載されています。ブログにない「良縁日」を出しています。

www.gentosha.jp

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。15日にコラムを、月末に翌月分の恋愛運を更新しています。

www.gentosha.jp

 

  

【更新・掲載情報】幻冬舎plus「ご縁の法則」お金とのご縁について、プラスおまけのもろもろ

連載させていただいてもうすぐ1年になる幻冬舎plus「ご縁の法則」。今回はお金とのご縁について書いております。金運は恋愛運、仕事運についで関心を持たれている方が多いテーマですから、もしよろしければご参考にしていただけますと幸いです。

www.gentosha.jp

更新情報だけだと淋しいのでおまけの与太話をひとつ。数年前のことですが、開運を目論で吉方位旅行を計画しました。その年の私の最大吉方に出雲大社が入っていたので「えいや」とばかりに行ってきたのですが、行きの電車でなんと

 

_人人人人人人人人人_
> 財布を落とした <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

ヒィー(∪ ´ω` )

 

幸いにして現金は2つにわけて持っていたので旅そのものに問題はなかったのですが、人生初・財布グッバイ事案が吉方位旅行中。そんなご無体な……(∪ ´ω` )と実に暗澹たる気分でおりました。前後の行動からして電車の中で落としたことは確実だったので、JRとカード会社に連絡を入れ、まんじりともせず眠りにつきました。「あったら連絡します〜」というJR西日本のおじさんに一縷の望みをかけて。

 

翌朝になっても携帯はぴくりとも音を立てず、目覚まし代わりのアラームすら「まぎらわしいわ!」と八つ当たりする始末。これはもう本当にダメかもわからんねと思って出雲大社へ足を運びました。「縁結び以外の何をお願いするんだ」と意気込んで計画した旅ですが、人は切羽詰まると頭がおかしくなるものです。神前に立ったとき、我が頭に財布以外の映像は一片も無し。愛しの財布よ今すぐ逢いたい。その勢いのまま神様に「人との縁より財布との縁!財布で!何卒!!」と強く強くお願いしたのでした。もはや敬意のかけらもない。

そしてとぼとぼと参道を戻り、鳥居をくぐって出ようとした瞬間のこと。ポケットの携帯がぶるっと震えたのでした。おお、神よ……!

 

そこで私はどうしたか。あわてて鳥居から出た足を引っ込め参道を逆走。もう一度神前に立ちました。さっきのお願い事を本気で聞いてもらっては困る。神よ許して欲しい、あのときは完全に頭がおかしかった。というわけで心機一転「あ、あの、人との縁より財布、ってトコはやっぱナシで、人との縁もお願いします」とお願いしてきたのでした。なんと欲深き人間いや私。私が神様だったら「知らんがな」って言ったと思います。

とはいえその後、人との縁も財布との縁もなかなか良いような気がするので、きっとご利益はいただいているのだろうと思います。ありがたい話です。

 

 

「ご縁の法則」では、月半ばにコラムを、月末に月間の恋愛運を更新しております。もう後半戦ですけれども、1月の恋愛運はこちらから。ご参考になりましたら嬉しいです。

www.gentosha.jp

2018年1月17日、やぎ座新月。人は幸福を欲しなければならない、ということを忘れないようにしよう

f:id:makiakari:20180114210653j:plain

2018年1月17日、やぎ座で新月が起こります。この時期のやぎ座は実にテンション高めでして、月、太陽、金星、水星、土星冥王星と星占いに使う10星のうち6星がぎゅっと集まっているのですね。なかでも注目したいのは昨年12月下旬にやぎ座入りした土星です。土星はやぎ座の守護星で力を発揮しやすいところもあるのですが、いよいよ土星やぎ座時代のスイッチが入った、と言えるふしもあるでしょう。

 

新月は「始まり」のタイミング。さらの今回はおひつじ座の天王星とスクエアの角度にあることを考えると、「甘えを排除して、結果を出すための努力を始める」ということをなさると良いのではないかと思います。すぐに答えが出ることばかりではないはずです。2〜3年後の自分をざっくりでも考えたうえで、今どうするか、自分以外の誰かや環境に依存するのではなく、天から降ってくる幸運に期待するのでもなく、孤立や孤独も恐れずに「自分が自分として生きていくこと」に焦点を当てると、この時期の星回りを上手く使っていくことができるでのではないかというのが、私の見立てです。

 

人は望まない限り幸福にはなれない、だから幸福を欲しなければならない

アラン著 村井章子訳『幸福論』 日経BP

これはアランが『幸福論』のなかで述べたことばです。“ふってわいたような幸福”は嬉しいものです。でも、誰もがそれを望んでいるようでいて、実は「どうせ起こらないだろうけど」と受け身になっている、ということは少なくありません。欲しいものをきちんと欲しいと望み、現実問題として行動を起こしていくこと。それこそがこの新月を上手に使っていく、カギとなるのではと私は考えています。

 

もちろん、できる範囲で大丈夫です。今が辛いという方は、より頑張るという方向性ではなく「どうしたら自分らしく、無理をせずに生きていけるか」を考えてみても良いだろうと思いますよ。人は無限のパワーを持つ存在ですが、永遠に頑張り続けることなんてできません。愛や熱意を持ち続けないと人間失格、なんてこともありません。現実を見ましょう。そしてより自分にとってハラオチできる人生に、チューニングしていこうではありませんか。自分の人生ですもの。ね。

 

どなたにとっても、良い新月でありますように。

 

幸福論

幸福論

 

 

 

 

 

(以下宣伝です)

幻冬舎plus様でブログの2018年が拡大版で掲載されています。ブログにない「良縁日」を出しています。

www.gentosha.jp

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。15日にコラムを、月末に翌月分の恋愛運を更新しています。

www.gentosha.jp

 

  

【出演情報】TOKYO MX「バラいろダンディ」でコメントが出ました

1月8日21~22時に放送されたTOKYO MXバラいろダンディ」という番組で真木あかりがコメントさせていただいています。倉田真由美さんや武井壮さん、遠野なぎこさんなどレギュラーの皆様の2018年の目標が叶うかどうか、僭越ながらコメントさせていただきました。キャプチャをいただきましたので、ご紹介させていただきますね。

 

f:id:makiakari:20180109175513p:plain

f:id:makiakari:20180109175524p:plain

f:id:makiakari:20180109175529p:plain

 

テレビに限らず、メディアや雑誌でのコメント・プロフ写真ご提供など承っております。迅速な対応を心がけておりますので、お急ぎの場合でも遠慮なくご相談ください。メール(makiakari1★gmail.com)にて承っています。★を@に変えてお送りください。

 

 

 

(以下宣伝です)

幻冬舎plus様でブログの2018年が拡大版で掲載されています。ブログにない「良縁日」を出しています。

www.gentosha.jp

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。15日にコラムを、月末に翌月分の恋愛運を更新しています。

www.gentosha.jp

 

 

2018年の運勢(年間)を更新しました

f:id:makiakari:20171218151633j:plain

2018年の運勢(年間)を更新しました。ご参考にしていただけますと幸いです。(この記事は2017年12月18日、いて座新月の日に公開しました。しばらく最新の記事として上にもってきております)

 

2018年 おひつじ座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 おうし座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 ふたご座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 かに座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 しし座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 おとめ座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 てんびん座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 さそり座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 いて座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 やぎ座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 みずがめ座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

2018年 うお座の運勢 - 占い師・真木あかりのブログ

 

2018年は「幸運と拡大の星」である木星が11月までさそり座に位置し、土星やぎ座時代が本格的にスタートします。そして大きなイベントといえば、お正月早々に逆行から順行に転じ、5月におうし座に移動する天王星の動き。2011年頃から、自分の中で「もう自分にとって必要がなくなった価値観に改革のメスが入る」という動きが起こっていたことがあるなら、ここでこれまでのテーマが終了し、切り替わることになります。といっても天王星は逆行により、11月にまたおひつじ座に戻ってくるのですね。天王星が完全におうし座に移るのは2019年に入ってからで、私たちはそれまでにここ数年を振り返り振り返りしつつ、確実に前に進んでいくのだろうと思います。今年はそのあたりのことを書いておりますので、各記事をご参考にしていただけますと幸いです。

 

また今年より、「ご縁の法則」というタイトルでコラムと占いを連載させていただいている幻冬舎plus様にて、この占いを転載していただけることになりました。幻冬舎plus版では「良縁日」を出しています。ブログ版では<今がとても辛いという方へ>というミニコラムを設けました。

www.gentosha.jp

2018年をより良いものにしていきたい、自分の人生を生きたいというあなたに届きますように。喜びは心いっぱい受け止めて、かなしみからは学びを得て、自分の人生を肯定できますように。私は心から、そう願っています。

 

 

(以下宣伝です)

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。15日にコラムを、月末に翌月分の恋愛運を更新しています。

www.gentosha.jp

 

 

【更新・掲載情報】占い師の働き方についてインタビューしていただきました

f:id:makiakari:20180107181947p:plain

いつの話だという感じで恐縮ですが、昨年末に「マルナゲ」という媒体でインタビューにお応えしています。よろしければぜひ、ご覧いただければと思います。

www.marunage.co.jp

私が占い師になるまで、働き方、ご相談者様のお力になるためにどのようなことを考えて仕事を設計しているか、といったことをお話させていただきました。

 

私はもともと好きなことを仕事にした人間ですが、好きなことで食っていくのはそう簡単なことではない、とされていますよね。夢ややりがいだけではお腹が空きますし、特に占い師や物書きといった商売は「貧すれば鈍する」になってしまっては本末転倒です。ご相談者様のお力にはなれません。ですから私は、鈍しない程度の収入を得るためにはどうしたらいいのかを模索してきました。なんともロマンのない話のようですけれども、きちっと考えて組み立てていく、問題があれば解決する手段を考えるというのは、私はとても好きなのですね。人生一度きりです。仕事はその人生の、かなり大部分を締めるものです。楽しいことばかりではないとしても、少しでも自分が望むスタンスに近いものを選び、人や社会の役に立てると良いなと思っています。

 

ちなみに、会社員時代には就活や転職活動を支援する企業さん、派遣会社さん、教育系企業さんなどと幅広くお仕事をご一緒させていただいておりました。業種や職種はもちろんのこと、正規雇用非正規雇用含め、いろいろな働き方について考えてきました。転職や独立、開業、副業といったテーマでご相談をいただくこともよくあり「人生はどこで何が役に立つかわからないものだな」と思う今日この頃です。

 

※マルナゲさんは個人事業主向けに、確定申告や税金、帳簿、開業・申請などの話題をさまざま角度から取り上げているメディアです。これから独立される方も、個人事業主として頑張っておられる方も、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

www.marunage.co.jp