占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。主に日記を綴っているnoteはhttps://note.mu/maki_akari、Instagramはmaki_akariです。

2019年5月19日、さそり座満月。愛と知性をもって感情を見つめる、よりよい日々にしていくために。

f:id:makiakari:20190518191933j:plain

2019年5月19日、さそり座で満月が起こります。この満月、対岸のおうし座でたくさんの星が集まっているのですよね。金星と天王星がぴったり重なり、水星と太陽もとても近い場所に巡っています。そして満月前後はお気持ちが揺れやすい方も多いと思うのですが、今回の満月は特に、感情がくっきりはっきりと強調されています。

 

感情というと、それがネガティブかポジティブか、乱れているか整っているかといったことを気になさる方はとても多くいらっしゃいます。ただ、そもそも論としてはどんな感情も、善悪はないのですね。これまであなたが頑張って生きてきた、その結果として心に生まれたもの。ただそれだけです。良くないのは、その感情をコントロールできず人にぶつけてしまったり、「これは絶対こうだ」と決めつけたり、誰かを攻撃するために使ったりすること。善悪があるとすれば、使いようなのです。

 

理屈っぽいことを申し上げて恐縮ですが、「感情そのものに善悪はない」ということをおさえておくのは、とても大切なことです。たとえ世間的に良くない、とされている考え方ーーたとえば「私を苦しめたあいつの家のトイレというトイレが全部詰まってしまえばいいのに」的なことーーが頭に浮かんだとしても、それは紛れもなく「今の自分」なんです。それなのに「良くない感情だ、そんなことを考えてはだめだ」と思ってしまったらどうでしょうか。『「苦しんだ私」だけが本音すら否定され、余計に苦しい思いをする」といった出来事が起こってしまうのです。そら爆発のひとつやふたつ、したくもなるでしょう。したら不穏ですし、しなければフラストレーションが溜まります。あいつの家のトイレも詰まらないし。悪というのはこういう状態のことです。

 

自分の感情は、それがどんなものであっても「ほんとう」なのです。出てくるならば止めずに、善悪などつけずに、ただ見てあげることが大事です。それでこそ「じゃあどうしようか」とちゃんと向き合えるようになります。そうやって自分とうまく付き合ってこそ、自分の人生を生きることにつながるのではないかと私は考えています。

 

さて、満月でくっきりはっきり強調された感情、を自分にとって恵みあるものにするために大切なキーワードが、今回は「愛」と「知性」ということになろうかと思います。

 

まずは愛について。今回の満月では「愛によって己を変えていくこと」がポイントとなります。誰かを愛することで人は寛大さや理解力、悲しみに耐える力などを培い、成長していきます。大恋愛をして、かつての自分とはまるで別人のようになったかのように感じた、という経験を持つ方も多いのではないでしょうか。人というものは本質的に、そんなにコロコロ変わるものではありません。それでも、人がその人間性を深め広げていく上で、愛というものが担当する部分は非常に大きいです。


今回の満月では「自分が変わってしまう」ではなく「自分を変えていく」がテーマです。愛する人をよく愛するために、自分はどうなりたいか。今、浮かんでいる感情と向き合いながら自分のこれからを考えてみられるといいですね。今の自分がダメだから変わるんじゃないですよ。もっと自分らしく愛していくために変わる、のです。ここテストに出ますからね、よく覚えておくように(何のテストだよ)。

 

そしてもうひとつのテーマ、知性。これについては「自分を知る」ということがポイントとなります。自分はどういう人間で、どういう気持ちでいることを望んでいるのか。そんなものはわかっている、という方もぜひ今一度振り返ってみるとよろしいかと思います。生きれば生きるほど自己認識は深まりますので。誰かに語ることになる人もいるかもしれません。感じたことをノートに書いてみるといったこともよろしいかと思います。言語化することで、思考は整理できるからです。これも、感情を生かすことに役立ちます。

 

どなたにとっても、良い満月になりますように。

 


ちなみにどうでもいい話ですが、以前「あいつの家の(以下略)」と思った人の家のトイレが実際に詰まった、しかもけっこう長いあいだ詰まっていたと聞いたときは腰を抜かしました。えらいことをしてしまった。まあいいんですけどね(よくないか)。


(以下宣伝です)

 sweet特別編集 占いBOOK 2019下半期にて「未来新聞」というコーナーに出ています。

sweet特別編集 占いBOOK 2019下半期【超豪華4大付録】 (TJMOOK)

sweet特別編集 占いBOOK 2019下半期【超豪華4大付録】 (TJMOOK)

 

 

mi-molletで九星気学の占いを連載しています。毎週月曜更新です。

mi-mollet.com

TRILLで12星座占いの連載をしています。毎週月曜更新です。

trilltrill.jp

幻冬舎plusで恋愛に特化した月刊占いとコラムを連載しています。

www.gentosha.jp

ご好評をいただいております『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』が、2月より

Kindle Unlimitedで読み放題となっています。

Kindle Unlimitedは小説から漫画、雑誌、ビジネス書などさまざまな本(和書20万冊、洋書40万冊−2018年2月のデータですが)が読み放題になるというサービスです。月額980円、申し込みから30日までは無料ですので、まずは試してみたい!という方も気軽にお申し込みいただけると思います。Kindleを持っていなくてもスマホから読むことができます。詳しくは下記バナーからご覧ください。

 

 

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

 

 

 

 

 

 

2019年5月5日、おうし座新月。終わりと始まりの季節、自分にあたたかなまなざしを向けるとき

f:id:makiakari:20190504202637j:plain

2019年5月5日、おうし座で新月が起こります。新月といえば始まりのタイミングですが、まっさらの新しい始まりというよりは、どこか自分のなかの一部を愛しながら行動に移すような、実直であたたかなタイミングです。平成から令和へと時代が変わり、エアポケットのような長い連休を楽しんでいる方も多いこの春。この新月あたりからゆるっと「そろそろ、動き出すタイミングかな」と思われる方も多いだろうと、私は思います。

 

この4月末から5月頭は、誰もがいろいろな「終わりと始まり」に思いを馳せたのではないでしょうか。平成が終わり令和が始まる、連休が終わりいつもの毎日が始まる。少し前まで街中を桜色に染めた樹が、今はもう青々と葉を茂らせている。個人的な、ごくささやかな出来事にも「終わりと始まり」は常に潜んでいます。

星や運命の動きは、カレンダーとは無関係です。テレビや雑誌、新聞などで「平成をふりかえる」的な特集を見ていると「平成とはこういう時代なのだ」という気分になってきます。世代の“空気”というものは確かにあり、私自身もまたそれを総括するのは大好きなのですが、この特別なタイミングすら本来は「きのうの続き」でしかないわけです。令和も、連休明けも、植物のいとなみも。もっと近視眼的にいえば、きのうの終わりが今日です。人は毎日、今日という小さな終わりを経験しているのですね。そして、明日という始まりは常に自分のなかにいる。

「終わりは始まりの一部」といった言葉は、ときに残酷です。とてもつらい経験の最中にある人にとっては、「こんなにも押しつぶされそうなほど辛い気持ちでいっぱいなのに、終わりのなかにも希望を見出すべきだというのか」と辛さを増幅させてしまうこともあるでしょう。たとえそれが親切心からかけてもらった言葉とわかっていても。
ただ、終わりを迎えることのなかには、これまで自分が頑張った時間や経験が確かに活きています。自分が頑張ったことは、絶対に消えることはありません。そして自分がそう思いさえすれば、「始まり」につなげていくことができるのですよね。すぐにわかることばかりではないのでしょう。ずっとずっとあとになってーー「ああ、あれは確かに始まりだったのだ」と感じられることが、人生にはときどき、あります。

 

新月は、始まりのタイミングです。今回は特に、昨日と変わらない今日を受け入れながらーーいえ、過去が自分の大切な一部であると認識しながら、「始まり」を起こしていこうと思われる方が多いのではないだろうか、と私は思うのです。数々の「終わり」を決して無駄ななにかではなく、自分の血肉としながら。それはとても豊かで、貴重な時間となるのではないだろうかと私は思うのです。
自己肯定感も大きなテーマです。自分を「私は大切にされるべき存在なのだ。誰がなんと言おうと、私は心を持って生きている、尊重されるべき人間なのだ」と、扱ってあげていただけると嬉しいです。できる分だけで、大丈夫ですので。

どなたにとっても、よい新月となりますように。

 

(近況)
この原稿は4日夜、新千歳空港で書いています(ぎりぎりですみません…)。
数日間北海道に滞在していました。なかでも有珠山ジオパークは非常に胸に迫るものがありました。生々しく残された噴火の爪痕には、「何が起きたのか」だけでなく「なぜこれが残されているのか」が丁寧に書かれていました。火山を正しく伝え、将来の防災・減災につなげる。平穏な毎日は突然変わるかもしれなくて、それでも自分や大切な人の命を、街を守るために。そのために研究がなされ、日々観測が行われているわけです。
人生においてもそうありたいものだと、真っ青な空の下、大きな火口のふちで思ったのでした。

 

(以下宣伝です)

www.gentosha.jp

講談社「mi-mollet」で連載「真木あかりの開運暦」が始まりました。

mi-mollet.com

Yahoo!Japan様が運営されているTRILLで占いの連載がスタートしました。

trilltrill.jp

 

ご好評をいただいております『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』が、2月より

Kindle Unlimitedで読み放題となっています。

Kindle Unlimitedは小説から漫画、雑誌、ビジネス書などさまざまな本(和書20万冊、洋書40万冊−2018年2月のデータですが)が読み放題になるというサービスです。月額980円、申し込みから30日までは無料ですので、まずは試してみたい!という方も気軽にお申し込みいただけると思います。Kindleを持っていなくてもスマホから読むことができます。詳しくは下記バナーからご覧ください。

 

 

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

 

 

 

 

 

 

2019年4月30日、土星逆行開始。いま頑張っている人ほど、ぐっと伸びをして深く息を吸って。

f:id:makiakari:20190427113401j:plain

2019年4月30日、土星が逆行を開始します。期間は9月18日まで。土星は昨年4月18日から9月6日まで同じやぎ座で逆行していました。ここ数年は春先〜秋口までで、年の1/3くらいは毎年逆行しています。惑星の逆行というと水星逆行や金星逆行に代表されるように、「とにかくしんどい」「たまらん」といったイメージを瞬時に思い浮かべる方も多いと思います。いや実際、悪いことばかりではないのですけれども……と毎回書いてはおりますが、悩みを抱いておられるときは怯えてしまいますよね。

 

ただ、土星はそもそも「制限」「試練」の星です。逆行というのは「その星が象徴することが滞る」という意味合いですから、土星逆行期間は制限なく自由に行動できたり、試練が意味するところを改めて振り返る余裕ができたり、という方が多いのです。ずうっと「人生は重き荷を背負いて遠き道を往くが如し(家康)」でなくてもいいんです。重荷を下ろして前よりもたくましくなった心と体をチェックしたり、ぐうっと伸びをして先を見たり、といったことができる時間、ということですね。

ちなみにずっと昔、iPhoneの名前を「徳川家康」にしていたら、客先でまじめなプレゼンをしていたときに徳川家康がいる!!」と大騒ぎになりまして。wi-fiの電波を探していたりすると徳川家康iPhoneって表示されちゃうんですね。恥ずかしいわ打ち合わせどころではないわ、ということでやめましたw 次は渋沢栄一にしよう。ってちゃうわ!なぜ俺はどうでもいい荷ばかり喜んで背負おうとするのか。

 

さて大幅に話がずれましたが私の荷はどうでもよくて、土星逆行です。制限や試練によって人が成長する、というのは誰しもご存知だろうと思います。そういえば筋トレもそうですね、負荷をかけることで筋肉は強くなります。ただ、変なフォームでトレーニングをしていたり、負荷が強すぎたり軽すぎたりすれば効果はありません。それどころか、逆に体を傷めてしまうことだってあるでしょう。せっかく時間をかけて頑張っているのに、そんなの嫌ですよね。

土星が投げかけるテーマは2年半くらい続くもの。やぎ座に土星が入ったのが2017年末でしたから、今で1年半くらいということになります。長く頑張っているうちに、疲れてフォームが変わってきてしまったり、効率の悪いトレーニングになってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。ここから秋口までは、知らずしらずのうちに身についた“自分なりのやり方”を見直すチャンス。今のやり方にこだわらず、ぐっと伸びをして深く息を吸って、変なこだわりに気付いたら手放していけると素敵です。人生、次から次へと試練は訪れるもの。それでもこういった時期がしばし訪れることで、人は少し生きやすくなるような気もするのです。

 

今回は、星座ごとにテーマを書いておきます。以下に代表されるテーマで、制限や試練がふっと緩んだり、いつの間にか生まれていた自分を縛り付けるような思い込み、こだわりといったものを手放したりしやすいだろうと思います。

 

★おひつじ座…仕事、キャリア

★おうし座…学び、働いたり暮らしたりする地域

★ふたご座…義理人情、世帯収入、性のこと

★かに座…対人関係、出会い

★しし座…健康、生活、仕事

おとめ座…クリエイティブ、恋愛、子どものこと

★てんびん座…家族のこと、家や会社など「ホーム」と呼べる場のこと、自分の原点

★さそり座…情報、会話、勉強

★いて座…お金のこと、自分が得意とする分野

★やぎ座…自分自身、アイデンティティに関すること

みずがめ座…過去、心の奥深くにある本音、秘密

うお座…未来、仲間や友達との関係、人脈

 

土星逆行は長丁場ですから、水星逆行のように日常生活でガンガン影響が出るといったことは少ないかと思います。すぐに何かを変えようと意気込みすぎなくても、大丈夫です。もし「なんか、いつもと違うな」といった感覚があったなら、上記のことを少し振り返ってこれからの方針を考えてみる、くらいのお気持ちでおられるのがベストかなと思います。

占いは振り回されるものではなく、使って活かしていくものだと私は考えています。この土星逆行期間も、あなたにとって意義のある時間となりますよう願っています。

 

 

(下記宣伝です)

講談社「mi-mollet」で連載「真木あかりの開運暦」が始まりました。

mi-mollet.com

幻冬舎にて連載「ご縁の法則」を書いています。

www.gentosha.jp

Yahoo!Japan様が運営されているTRILLで占いの連載がスタートしました。

trilltrill.jp

 

ご好評をいただいております『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』が、2月より

Kindle Unlimitedで読み放題となっています。

Kindle Unlimitedは小説から漫画、雑誌、ビジネス書などさまざまな本(和書20万冊、洋書40万冊−2018年2月のデータですが)が読み放題になるというサービスです。月額980円、申し込みから30日までは無料ですので、まずは試してみたい!という方も気軽にお申し込みいただけると思います。Kindleを持っていなくてもスマホから読むことができます。詳しくは下記バナーからご覧ください。

 

 

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

 

 

 

 

 

 

2019年4月19日、てんびん座でふたたびの満月。自分を「ちょうどいい」にしていこう。重くもなく、軽くもなく。

f:id:makiakari:20190418222225j:plain

2019年4月19日、てんびん座で満月が起こります。てんびん座では3月21日にも満月が起こっておりまして、そのときいろいろな方から「冒頭で半笑いになって以降、記事がまったく頭に入ってこなかった」と絶賛いただいた記事が下記となります。

makiakari.hatenablog.com

このとき私は「均衡を意識せよ」という内容を書かせていただきました。ゆらゆら揺れながら均衡を目指すことで本来の役割を発揮する天秤のごとく、「私とあなた」「私と環境」を考えていこう、と。この世の中で、完全な均衡など存在しません。生きている限り、ゆらゆら、ゆらゆらと揺れ続けるものです。重すぎるものを乗せられてバランスを崩し、まったく動けなくなることもあるでしょう。軽くしすぎて飛んでいきそうになることもあるのでしょう。それでも均衡を目指し続けることは、無駄ではないのです。揺れているからこそ私たちは、ベストを目指して努力し成長もできるのですよね。

1ヶ月経って、少し生きやすくなったかも!と思われた方は素晴らしいです。満月の「満ちる」という意味合いそのままに、しっかりと自分をねぎらい肯定してあげられるといいですね。これから何かあったとき、その自己肯定感があなたを救います。

 

3月21日は、水星逆行真っただ中にありました。均衡について考えようにも、どこか過去のことを見つめてばかりだったり、停滞感でいっぱいだったりした方は多いのかもしれません。もしもそこで一度、考えるのをやめてしまった方がおられるようでしたら、この満月がふたたび振り返りと調整のチャンスとなるでしょう。タイミング、大事です。歩みを止めたご自分を責めたりする必要は一切ありません。「逆行中だったしね、フンフフ〜ン」くらいに鼻歌混じりでやりなおせば大丈夫。人生は、自分に厳しくすればするほどいいことがある! というわけではありません。変にムチでびしびしするようなことはやめて、バランスをとりやすい感じでやっていきましょう。

対人関係のなかでも特に、恋愛において悩みを抱えている人にとっては、自分しだいで悩みから抜け出す時間にできるかもしれません。自然に抜け出すというよりは、心の調整が必要です。今のお相手と自分のバランス、いかがですか。依頼心が強くなりすぎている自覚があったなら、しっかりと自分の足で立つようにできることをする。相手に嫌われたくない、愛されたいと自分を殺して接しているのならば、ぐっとこぶしに力を入れて、自分らしさを取り戻す。てんびん座に象徴される人間関係は、自立した個人と個人。だから天秤の、自分側のおもりが重くしたり軽くしたりして調整をするんですね。恋を探している人なら、改めて「こういう人と幸せになる」と再確認しておくのも、この時期にはよかろうと思います。

 

人間関係のバランスって難しいですよね。私はあまり上手くなかった人生を送ってまいりまして、若い頃はもう天秤なんてまるで機能していなかったように思います。自分のほうを軽くしすぎてしょっちゅうつんのめってましたね。散々痛い目にあって、これじゃだめだと思って試行錯誤して、やっと幸せになれると思ったら急に相手側のおもりがなくなったりして。でも、だからこそ昔のおろかさは繰り返さないようにしようと思いますし、天秤のもう片方を尊重するという意味も実感をともなって理解できました。相手と同じくらい、自分を尊重することも。

満月だけのタイミングでパーフェクトにできなくても大丈夫です。でも、人は体験を積み重ねて少しずつ成長していくことでこそ、生きる実力がつきます。今は人間関係で辛い思いをしておられる方も、未来の自分のために、ご無理のない範囲で振り返りや総括を行ってみてはいかがだろうか、と思います。

 

どなたにとっても、よい満月になりますように。

 

(以下近況です)

6月に3つほど嬉しいお知らせができそうです。私が締め切りに間に合えば(∪ ´ω` ) これからYOSHIKIの「たかが努力じゃないですか。努力すればできるんですよ。じゃあ、努力すればいいじゃないですか」という名言を念仏のごとく唱えながら机に向かいたいと思います。とつい軟弱なことを書いてしまいましたが、こうして書く場を与えていただけるというのは本当に幸せなことです。いつもこのブログをご覧頂いている皆様のおかげです、心から感謝申し上げます。

※上記の言葉は、このブログをご覧になった方を叱咤したり、努力していないと決めつけたりする意図で書いているわけではありません。あくまで私が自分に言っているものとして書いております。それでも見て苦しくなってしまったという方、おられましたらごめんなさい。

 

(下記宣伝です)

講談社「mi-mollet」で連載「真木あかりの開運暦」が始まりました。

mi-mollet.com

幻冬舎にて連載「ご縁の法則」を書いています。

www.gentosha.jp

Yahoo!Japan様が運営されているTRILLで占いの連載がスタートしました。

trilltrill.jp

 

ご好評をいただいております『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』が、2月より

Kindle Unlimitedで読み放題となっています。

Kindle Unlimitedは小説から漫画、雑誌、ビジネス書などさまざまな本(和書20万冊、洋書40万冊−2018年2月のデータですが)が読み放題になるというサービスです。月額980円、申し込みから30日までは無料ですので、まずは試してみたい!という方も気軽にお申し込みいただけると思います。Kindleを持っていなくてもスマホから読むことができます。詳しくは下記バナーからご覧ください。

 

 

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

 

 

2019年4月5日、おひつじ座新月。「いつか」を「今」に、「叶いますように」を「叶える」に。ロケットスタートを切れる春

f:id:makiakari:20190404161916j:plain

2019年4月5日、おひつじ座で新月が起こります。前に書いた記事が冒頭からぶっ放してしまったためでしょうか、「いいことが書いてあるはずなのに何も頭に入ってこなかった」「俺が紅に染まった」と友人知人フォロワーの皆様から絶賛されましたので、今回まじめに書いていきたいと思います。まあ迷ったときは郷ひろみや(意味不明)。

 

新月はスタートを意味するタイミングです。新しいことが始まる人もいれば、願望が意識のうえに表れる人、行動を起こす人もいます。植物でいえば種の状態ですので、まだ何も起こっていないように見えることもありますが、もし直感やひらめきが浮かんだなら、ちょっと意識して心の動きを追ってみると今後につながる発見があったりします。

今回は春分後初の新月であり、水星逆行後の混乱もおさまり、さらに12星座で最初の星座であるおひつじ座で起こります。いつも以上に力強く印象的な「スタート」の様相を呈しています。他の星座で起こるどの新月よりも、ロケットスタートを切れるのがおひつじ座新月なんですね。

「いつか」を「今」に、「叶いますように」を「叶える」に。バチッと意識を切り替えて、今を、自分の人生を生きていくように照準を合わせられるタイミングです。自分にはできるという自己効力感を持てる範囲で持って、生きたい人生を描いてみてはいかがでしょうか。考える前に体が動いてしまう、というようなことも、今はプラスにはたらくと思います。

 

全員にあてはまることではないかもしれませんが、もし、誰かに能力や存在を否定されたり、人格を損なうような発言をされたりといった経験にずっと苦しめられてきた人は、ここでその呪縛から解き放たれると思ってよろしいかと思います。アニメみたいにパァ~と効果音が出たり後光がさしたりといったかっこいいことがあるというわけではなく(まあそういうのでも良いのですけれども)「あ、もうどうでもいいかも……!」と、ふと気付くようなタイミングを得やすいでしょう。全部じゃなくても、一部だけでもそうなれたら、今後はどんどん大丈夫なことが増えていきます。

人によっては、こうした経験が過剰な責任感や自分への厳しさとして現れていることもあるかもしれません。責任を持つことも自分に厳しく努力することも、それはそれで価値があります。でも少し重荷になってしまっている場合は、この新月が「やらなきゃいけないこと」を少し減らす、よいタイミングです。

いろんな環境で、いろんな人に揉まれて、ときに人格否定のようなことをされることもありますよね。今が辛いという場合は、もちろん無理をなさる必要はありません。「私は私でいて大丈夫」と、自分に声をかけてあげるだけでも充分です。なんかするのもエネルギーがいります。心の体力が回復してから、歩みだせば充分かなと思います。

 

どなたにとっても、よい新月になりますように。

 

(以下余談です)

春ですね。東京ではまさに今、桜が満開です。先日、数年ぶりに公園&ブルーシートというトラディショナルスタイルのお花見をしたのですが、キャンプが趣味の男子が実に素晴らしい仕事を見せてくれました。スチャッと椅子を組み立て、あざやかな手さばきでナイフを使い、箸が足りないといえば組み立て式のステンレス箸を出し、暑いねと言えばホッカイロを差し出し、っているか〜! まあ最後のネタも含めて、聡明でユーモアたっぷりな友人たちと恋人の笑顔と桜、忘れられない思い出となりました。

 

ここ数年、春は淋しさを受け取るばかりの季節でした。恩師を立て続けに見送ったり、何人もの人に粗末にされたり約束をなかったことにされたりして、春とはこんなにみじめで淋しいものだったのかという気持ちを舐め尽くしたような気がします。空元気を出さなくても、作り笑いをしなくてもあたたかに感じられる日がまた来るとは、とても思えずにいました。「やまない雨はないし、明けない夜はないのはわかっているけれど、それでも今降っている雨が、自分の手のひらさえ見えないような暗闇が辛くてたまらないのだ」という気持ちでいるとき、必要なのは安易な励ましではないと身に沁みてわかったことは、この仕事をするうえで大きな財産となったと思います。いやしんどいですわ雨も暗闇も。それでも生きていきたいと思うとき、希望をつなぐひとつの手段が占いなんです。

今年は3月に静岡、4月に東京、そして5月には北海道と、3つの都市で桜を見ることになりそうです。今までの淋しさすらも糧として、ここからまた一歩、頑張っていきたいと思います。

 

ちなみに多くの人にはどうでもいい情報かと思いますが、冒頭の「迷ったときは郷ひろみ」の出典はこちらです。

大阪人の格言: 苦しいときこそ笑わなアカン! (徳間文庫)

大阪人の格言: 苦しいときこそ笑わなアカン! (徳間文庫)

 

 

 

 

(下記宣伝です)

講談社「mi-mollet」で連載「真木あかりの開運暦」が始まりました。

mi-mollet.com

幻冬舎にて連載「ご縁の法則」を書いています。

www.gentosha.jp

Yahoo!Japan様が運営されているTRILLで占いの連載がスタートしました。

trilltrill.jp

 

ご好評をいただいております『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』が、2月より

Kindle Unlimitedで読み放題となっています。

Kindle Unlimitedは小説から漫画、雑誌、ビジネス書などさまざまな本(和書20万冊、洋書40万冊−2018年2月のデータですが)が読み放題になるというサービスです。月額980円、申し込みから30日までは無料ですので、まずは試してみたい!という方も気軽にお申し込みいただけると思います。Kindleを持っていなくてもスマホから読むことができます。詳しくは下記バナーからご覧ください。

 

 

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

 

 

2019年3月28日深夜〜2019年4月11日まで、全惑星順行。物事がスルッとうまくいきやすい、かも

f:id:makiakari:20190328175034j:plain

2019年3月6日から逆行を続けていた水星は3月28日、23時ちょっと前に順行に戻ります。ここから4月11日に木星が逆行を始めるまでは全惑星順行期間です。星占いで使うすべての惑星が、どれも逆行していないということですね(まあ太陽や月はもともと逆行しませんが、それはさておき)。

何度か書いてまいりましたが、惑星の逆行といっても、悪いことばかり起こるときという意味合いではありません。それまでとは違うルールで物事が動いたり、見直しをはかることになったりということになりやすい、ということです。だからしっかりと考えていきましょう、対応できるよう心を確かにしておきましょうといった意味合いで捉えるとよろしいかと思います。過去、逆行期にいやな経験をされた方はしんどかったですよね。ただ「いつも絶対不運だ」なんて悲しいルールを、ご自分に課さなくても大丈夫です。占いは「そうか、今はそういうときなんだ。ならばこうしよう」と、行動をしていくために“使う”もの。振り回されるために使わなくても、いいのですよね。急に発想を変えるのは無理でも、ちょっとずつ「いつも〜」の枠を外していけると楽になります。

 

さて全惑星順行期間です。この時期は物事がスムーズに進みやすい、スルッとうまくいきやすいと言われています。思い切って行動を起こしてみたい、勇気を出したいという方には、追い風と感じられる動きが多くなるでしょう。「なんかいけそう」という感覚があったならば、従ってみても良いのかもしれません。「頭ではわかっているけれど、心がついていかない」といった気持ちを長く抱えている方であれば、お気持ちを整理する良い期間といえるでしょう。

 

老婆心ながら、大切なことをひとつだけ。こういうときだからこそ、自分の本当の思いに真摯に向き合う、そんな瞬間も大切にできると素敵です。といっても「本当の思いに向き合う」って実に曖昧です。誰もが、どんな自分だって「本当」だと思って生きているだろうと思います。だって現実ですからね。

 

もし迷ってしまったら、意識の表にバンバン出てきている「こうしたい!!」「叶えたい!」のちょっと裏側に目を向けてあげるとよろしいかなと思います。具体的には「最終的には、私はこういう気持ちで暮らしたい」ということをイメージしてみるんですね。誰が、という自分でコントロールできない要素は排除して、ただ「私は」のことだけ考えます。

笑顔で心の底から安らぎを感じていたい。

誰にも惑わされずに、情熱を傾けていたい。

などなど…。

人によって千差万別であるはずの、この本当の思いに気づいて軸足を置いていると、この全惑星順行期間は良い運気の波に乗っていきやすいと思います。乗っていけていいと思う、乗っていくつもりでいることも大切ですよ。って、あっ、「大切なことをひとつだけ」と偉そうに言っておきながら、結局ふたつ書いてしまった(笑)

 

でもまあ、年度初めが全惑星順行からスタートするというのも、なんだか幸先の良い星回りであるように思います。私はバリバリ平常運転ですけれども、環境の変化があるみなさんも、ご家族や親しい人が変化を迎えるみなさんも、どうぞよい春になりますように。えっもう新元号発表されるの(∪ ´ω` )

 

 

(下記宣伝です)

講談社「mi-mollet」で連載「真木あかりの開運暦」が始まりました。

mi-mollet.com

幻冬舎にて連載「ご縁の法則」を書いています。

www.gentosha.jp

Yahoo!Japan様が運営されているTRILLで占いの連載がスタートしました。

trilltrill.jp

 

ご好評をいただいております『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』が、2月より

Kindle Unlimitedで読み放題となっています。

Kindle Unlimitedは小説から漫画、雑誌、ビジネス書などさまざまな本(和書20万冊、洋書40万冊−2018年2月のデータですが)が読み放題になるというサービスです。月額980円、申し込みから30日までは無料ですので、まずは試してみたい!という方も気軽にお申し込みいただけると思います。Kindleを持っていなくてもスマホから読むことができます。詳しくは下記バナーからご覧ください。

 

 

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

 

 

【更新・掲載情報】「マイカレンダー」掲載されています

f:id:makiakari:20190328151102j:plain

先日創刊された占い&ライフマガジン「マイカレンダー」にて、真木あかりが射手座代表として「2019春の運勢レター」を書かせていただいております。射手座の方に届きますように…😌

この「マイカレンダー」は、「マイバースデー」を編集していた説話社さんが満を持して創刊されたもの。マイバースデー世代にとってはもう、懐かしいやら嬉しいやら。「友達ができるおまじない」を片っ端から試していたあの頃、まさか占い師になるとは思っていませんでした。結局当時、友達はできるどころかメチャクチャいじめられていたんだけど(笑)大人になってからはたくさんの友達に恵まれました。きっとあのおまじないは、私が期待したよりもちょっと遅めに効いたんだろうなと思っています。おまじないも占いも、希望を願う気持ちがあってこそ。Twitterで話題沸騰の様子を拝見しながら、私もひとりの占い師として、どなたかの希望をつなぐよう真摯に努力し続けていきたいと感じました。

 

 

 

(下記宣伝です)

講談社「mi-mollet」で連載「真木あかりの開運暦」が始まりました。

mi-mollet.com

幻冬舎にて連載「ご縁の法則」を書いています。

www.gentosha.jp

Yahoo!Japan様が運営されているTRILLで占いの連載がスタートしました。

trilltrill.jp

 

ご好評をいただいております『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』が、2月より

Kindle Unlimitedで読み放題となっています。

Kindle Unlimitedは小説から漫画、雑誌、ビジネス書などさまざまな本(和書20万冊、洋書40万冊−2018年2月のデータですが)が読み放題になるというサービスです。月額980円、申し込みから30日までは無料ですので、まずは試してみたい!という方も気軽にお申し込みいただけると思います。Kindleを持っていなくてもスマホから読むことができます。詳しくは下記バナーからご覧ください。

 

 

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)