占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。主に日記を綴っているnoteはhttps://note.mu/maki_akari、Instagramはmaki_akariです。

2018年5月、おうし座新月&天王星移動。星が動いていく、「自由と改革」の次のステップへ。

f:id:makiakari:20180514135237j:plain

星が動きます。2018年のなかでも一二を争う大きな節目がやってきます。

このことを知ったあなたは不安でしょうか、それとも「よし」と希望に燃えておられますでしょうか。勝手に想像してしまって恐縮ですが、おそらく多くの方が不安、というお気持ちが大きいのではと思います。人は本能的に変化を嫌うものですし、嫌いでなくとも何かしら緊張感や居心地の悪さを感じるものです。さらにいえばここは占いブログです、今きっと解決したい問題や大きな不安を抱えておられるのでしょう。「今よりもっと悪くなったらどうしよう」というご不安を抱かれるのは自然なことかなと思います。その問題が、大切なテーマであればあるほど。

 

私はこうして占いを書いていますが、決してあなたが辿ってきた道のりや、あなたの今を否定しません。あなたという人を損なうつもりもありません。頑張りが足りないと、何かを強いる気持ちもありません。ただ、より良い人生を生きていくうえで「これを知っておいていただけると嬉しいな」と思うことがあります。

  1. 「今、想像している以上の幸せ」もありうると思ってみること
  2. 自分を幸せにできるのは自分だけだということ
  3. 幸せになる、と決めること

ですね。

1については、「絶対に叶えたい」という願望をお持ちの方の場合です。自分にとって何が幸せかをはっきりイメージしておくのは大切なことですが、とはいえ「今の自分」が考えられることには限界があります。私だって、子どもの頃はまさかこんなおとなになるなんて思っていませんでした(笑)。まあ私のことはともかく、ちょっと未来の自分はもっと成長して、環境も変わって、より自分にとって幸せな未来を考えられるようになるかもしれません。今思っている幸せに固執しすぎない、そう思っていたほうが幸せは目指しやすいです。

2については、言葉どおりです。他の誰かに自分の幸せを委ねないほうがいいです。その人に振り回されるだけの人生になってしまうから。

3についても、言葉どおりです。どんな道を辿っても必ず幸せになるんだ、と常に決め続ける事はとても大切です。未来は選択の連続ですが、そう決めていることで正しい選択ができます。

 

変化、という言葉からものすごく悪い状況を想像してしまうときというのは、メンタルがネガティブまっしぐらになっていることがほとんどです。そうなると、物事というのはなかなかよくなりにくいのも事実です。ですから、1〜3を少しだけ心に留めておいていただき、そして良い方向を向けるようにしっかりと顔を上げていけると良いです。行動しなければ現実は変わりません。顔を上げる、というのも立派な行動です。顔を上げれば地面だけでなく、遠くに咲いている花や広い空だって見えます。本当にしんどいときというものは「そんなものを見たって問題は解決しないじゃないか」と思ってしまうかもしれません。私は思いますね!(お前が言うのかよ!)という話はさておき、そうした日々があっての今だから申し上げます。幸せは地面だけに落ちているものではありません。広くサーチしたほうが、つかみやすいですよ。何より、固くしぼんだ心が本来の柔らかさを取り戻しやすくなります。

 

また「前置きが異常に長い占い」という芸風を余すところなく発揮してしまいましたが(芸人だったのか)、さあ新月です。天王星の移動です。詳細を見てまいりましょう。

 

おうし座新月が与えてくれるものは「誰がなんと言おうと、私は私でいいのだ」という自己肯定感ではないかなと思います。私が好きなものを好きと言い、私が食べたいものを食べる。私は私の世界を守り通す。誰に干渉されるわけでもなく「私は私」、それを貫き通せるタイミングとなるでしょう。

ここまで、自分を肯定する気持ちが打ち砕かれてしまっていたり、ちょっぴり人のペースにのまれてしまったりしている人にとっては、気持ちを仕切り直すチャンスです。ここで「自分に軸を戻す」ということを意識してみる、取り戻せると思ってみると良いですよ。すぐにできなくても大丈夫です。自分というものはそうそう変わりません。ここをスタート地点としてちょっとずつ慣れていうことが大切です。もしやりたくなければ「できない」ではなく、「今はやらない」というふうに考えてみるのはいかがでしょう。自分を否定するのではなく「選択しない」と意志によって決めること。それはそれで「自分に軸を戻す」ことです。

 

天王星もまた「誰に干渉されるわけでもなく」という性質を帯びています。あらゆる規制や束縛をものともせず、自由を追い求める星です。ひとつの星座に7年ほどと滞在し、個人というよりは世代に大きな影響を与える……とされていますが、個人への影響度もそれなりに大きいように私は思います。

人は生きるなかで、環境や体験からさまざまな固定観念を作り上げていきます。「こう生きるべきだ」「こういうことが幸せであるのだ」といった枠組みのようなものから、「この年齢ならこうでなくちゃ」「おとなならこうしなくちゃ」といった日々のTPOのようなものまでさまざまです。それを目指して勉強やおしゃれ、コミュニケーションを頑張れる部分もあるので、決して悪いこととは思いません。ただ、それにがんじがらめになって自分がしたいことも制限してしまう部分もあり、そうなると人生というものは彩りを失っていきます。人とぶつかることも増えていったりしますよね。

 

天王星は、そうした知らずしらずのうちに溜め込んできた観念から、自分を解き放って自由にしてくれる星です。ただ、自分のなかで「当たり前」と思うようなことを変えるというのは、よほどのことです。従って、なかなかのストレスを伴います。

天王星が滞在するとき、星座によって異なるテーマで、少なからず負荷を感じる人は多くいます。その度合いというのは、本人がどれだけ「がんじがらめになっている」かによって変わります。自分が今までぎゅっと握りしめてきた価値観を変えざるを得ないような体験や、自分が自分でなくなるような思いを伴うこともあります。ただ、それは決してマイナスなことではないのです。天王星は「自由と改革」の星、と書きました。自分がより自分らしく、自由に生きられるようになるための改革、なんですね。

天王星が滞在する7年間を過ぎたあと、人は「大変だったけど、おかげさまでやれることが増えたな」「あのとき痛い目に遭って苦労したから、自分に合わないものはよくわかった。これからはこういう生き方をしていこう」と思えるようになります。そうやって自分を変えていくことが「改革」であり、できることが広がった、自分が本当に幸せになれるような道がわかって目指せる力もある、というのが「自由」なのだろうと私は思うのです。天王星はただひどい出来事だけをぶつけてくる、そんないじめっ子のような星ではありません。安心してくださいね。

こうして占いを更新すると「私には何が自由かわかりません」「何もない気がします」といったコメントをいただくこともよくあります。差し出がましい発言かもしれませんが、「何もない」なんてことはないのではないですか。あなたは今まで、とてもたくさん頑張ってきたはずです。何もない、なんてなかったことにしたら、自分がかわいそうです。2011年頃から「自分がどんなふうに変わったか」ということを振り返ってみていただくと、ヒントを見出しやすいだろうと思います。

 

2011年からのしかかってきたテーマを、星座ごとに書いてみます。これに当てはまらなかったらすみません!ブログ上で語れることにも限界があります、ご容赦くださいね。

 

★おひつじ座

アイデンティティに関すること。自分らしさ。自分が自分として生きるということについての葛藤や、抜本的に変えていかざるを得ないような出来事。

★おうし座

人には知られたくないような心の暗部。ドロドロした黒い思い出、コンプレックス。そういったものを卒業したり、「もういいよ」と手放してあげるようなこと。

★ふたご座

仲間や友達など、身近な対人関係。離れていく人もいたかもしれない。自分が「人間関係とはかくあるべき」と思っていたかたちを変えていくこと。プラス、自分が生涯をかけて叶えていきたい夢やライフワークの構想を、試行錯誤しながら練り上げたり見つけたりする。

★かに座

仕事のこと。成功のこと。社会的にチャンスを得て、それに応え、評価されることを、敷かれたレールに乗るのではなく自分の頭で考えさせられる。

★しし座

視野を広げること。探究心。自分が目指すものを作り上げるために、新しいものを取り込み、研究して、遠くまで出かけて知識を広げていくことで自由を手に入れる。

おとめ座

人から受け継ぐもの、教えてもらうこと。パートナーの収入、資産との関わり方に変化が起こる。お金を差し出したり、借りたりする他者との関係を変えていける。

★てんびん座

対人関係。あなたを縛り付けるような人間関係を解消できる。それゆえに離れていく人もいるかもしれないが、自由な発想を与えてくれる人との出会いもあったかもしれない。

★さそり座

自分で自分を縛り付けているような日常の義務から解き放たれ、自由に動いていけるようになる。「やらんでいいことはやらん」と決めて、主体的にやりたいことを選んでいく。

★いて座

自分を縛り付けるような恋愛観から卒業できる。「頑張らないと愛されない」「誰も私を大切にしてしてくれない」いった思い込みから、世間的なジョーシキと呼べるものまで、とらわれをなくせる。想像もしなかったような恋がそれを教えてくれることもある。吉凶も激しく出がちだけれど、暗闇だけでなく光もあったと思う。

★やぎ座

家族間のしがらみから自由になるための行動を起こせる。引っ越しや移住などで新しく理想的な自分の居場所を獲得する人もいるかもしれない。なかには起業する人も。

★みずがめ座

コミュニケーション。理解しあうということを新しく学んでいく。仕事や勉強のやり方を自分にとって実のあるものにチューニングしていける。狭いところにこもっていたような人は、発想をぐいぐいこじ開けられるような体験をすることも。

うお座

自分の能力を磨いていく、または磨かざるを得ないような状況に飛び込む。「お金やものを所有する」ことについて、自分がより自由さを得るための抜本的な変化。お金を自分の力で稼いでいくこと。

 

2011年あたりから上記テーマがあなたの「自由と改革」のテーマでした。思い当たるものがおありでしたら、この5月中旬からそれらの緊張感がふっと解け、だんだん「頑張ったからこそ得られる自由」のほうを感じていけるようになると思います。そして次の7年間がスタートしますので、自分の星座の「ひとつ前」の星座のテーマをご覧ください。たとえばおうし座の人はおひつじ座のテーマを、ふたご座の人はおうし座のテーマを見る、といった感じです。星は巡ります、それが次のあなたのテーマです。

 

ただ、天王星は8月8日から逆行を始め、11月7日にふたたびおひつじ座に入ります。おうし座の完全に移動するのは2019年3月6日。ですから、晩秋の頃にはいったん、2011年からこの2018年5月に至るまでの「自由と改革」のテーマがもう一度、揺り戻しとして起こるかもしれませんね。ただしそれは凶事ではなく「本当に自由に生きられるように、もういっぺんしっかり意志を固めようね!」という、星からの前向きなメッセージであろうと思います。

 

さあ、顔を上げて、前を向いてまいりましょう。折しも新緑が目に鮮やかな季節です。空は美しく、風はあたたかく吹いています。街ゆく人のなかには、ちょっぴり気が早い半袖の人もいたりして。冬の間はどれも見られなかった「変化」です。変化って、悪いことばかりではないですから。きれいなものでも、喜びに満ちたものでもありますからね。どなたにとっても、どうか良い変革のときでありますように。

(※天王星は災害との関連がしばし取り沙汰される星でもあります。私は専門ではないのでこれについては詳しく触れられませんが、ハワイや長野など若干気になる動きもあります。5月いっぱいくらいは、備えを見直す機会を持つと良いかもしれません)

 

(以下宣伝です)

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。

www.gentosha.jp

宝島社より2018年5月に発売された『sweet占いBOOK2018下半期』、とじ込みの特別付録「7大占術であなたに眠っているいいところ見つけますBOOK」にて、真木あかりの占いが出ています。

sweet特別編集 占いBOOK 2018 下半期 (TJMOOK)

sweet特別編集 占いBOOK 2018 下半期 (TJMOOK)

 

 

 

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

 

 

2018年4月30日、さそり座満月。揺れる感情、ままならない心。それでもちゃんと、整えていけるとき。

f:id:makiakari:20180429132522j:plain

2018年4月30日、さそり座で満月が起こります。時間的には9:58。ゴールデンウィークに入り、いつもとは違う場所で空を見上げる人も多いでしょうか。晴れてまんまるなお月さまが眺められると良いですね。

さて満月は「満ちる」タイミングなわけですが、昨年の秋あたりから頑張っている中長期的目標がある人は、前に進んでいることを実感できるかもしれません。心の深いところにあるもの、に注目してみるとより上手く動かしていけるはずです。心残り、見てみぬふりをしてきたこと、トラウマ、欲。そうした澱のようなものは決して忌避すべきものではありません。お金があれば豊かとは限らないように、パートナーがいれば幸せとは限らないように、人間くさい部分も含めて「私」なのであり、そうした澱に少しずつ向き合い、満たしていくことが「私」をかたちづくるのではないでしょうか。そのあたり、上滑りしていないかちょっと振り返りつつ、ここまでの歩みを肯定できると良いですね。

 

さそり座ということで、感情が強く動かされる、心が敏感になる、揺れまくるという人は多くなることが予測されます。ただ、土星がぴったり「調停」という場所に入っていますので、ちょっと大人になって頑張れるでしょう。以前よりも自分自身を整えることが上手くなった、と感じることもあるはずですよ。人によっては年上の方やプロの方が助けてくれる、アドバイスをくれることもあるでしょう。大事なことに取り組んでイル方は、感情に流されず時間をかけてコツコツやることが問題解決になります。ストイックに何かに取り組んでいるときって、どこか「イイ!この自分イイ!」なんてテンションになることがあると思うのですが(私だけ?笑)そんな感じでいけると素敵ですね。

 

今「ちょっといっぱいいっぱいだな」と思われている方は、まずはそのことで自分を責めないようにしましょう。コントロールしたいのにできない、抑えたいのに抑えられない、といった「したいのにできない」ということで自分を責めても余計に辛くなります。感情は動いてもいいのです、むしろ動くのが普通の状態であって、ずっと平坦だったらそれはそれでまずいだろうよという話です。

大切なのは、感情の乱れによって現状を破綻させないことです。不機嫌になる、言いたいことをぶちまける、誰かを困らせる、とかですね。他人に頼ってはいけないというわけではありません、助けて言っちゃいけないわけじゃありません。ただ、どんどん自分を追い詰めるようなことをしてからそうするのは、スタートラインからわざわざ後退してスタートするようなもの。良い結果にはつながりにくいのです。しんどいのにわざわざハンデをつけるなんて、自分がかわいそうですよね。

自分を責めて追い込んで抑制しようとするよりも、まずは責めること・追い込むことを抑えましょう。責めるのを全部やめる、とシンプルにとらえてもいいです。これもまた、この満月における土星の力を上手に使うことにつながるはずです。大丈夫、できることからやっていきましょう。

 

どなたにとっても、良い満月でありますように。

 

 

ちなみに自分を責めない、追い込まないということについては、私もかなり苦労した部分であり、子どもの頃からのそのクセを最近になって大分手放すことができました(長いですねw)。責める必要がないほどすばらしい人間になれたというわけではなく、「責めたり追い込んだりして辛くなり、何もできなくなる」という時間を、自分が自分の人生を生きるために使おうと思ったのです。責めてすばらしい人になれたり、人生が理想通りになるなら私、そりゃもう全力で責めますが(笑)そうじゃないですもんね。

自分が自分のために手間と心をかけて、良い人生にしていくことでしか、自分は救われない。そう思ったときにすとん、とラクになりました。これが私にとってのこのさそり座満月、「満ちる」のタイミングなのかなーと思ったり思わなかったりしています。ていうか今日の文章ホントくどいな! とりあえず体のほうはあとで筋トレして追い込もうw(※)

Twitterをご覧になっていただいている方は、ときどき私が狂ったように筋トレしているのをご存知かと思います…笑。筋トレマニアというよりは、仕事の生産性向上のためにやっています。基本は座りっぱなしなので腰痛や肩こりはつきものですが、これがひどくなると思考力までダウンするのですね。腹筋と背筋を鍛えておくと何時間座っていても疲れないので良いですよ!

 

 

(以下宣伝です)

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。

www.gentosha.jp

幻冬舎plus様でブログの2018年が拡大版で掲載されています。ブログにない「良縁日」を出しています。

www.gentosha.jp

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

 

 

【連載・掲載情報】グルメや恋の占い、おまけで「人に受け入れられない」という思い込みから卒業するセルフメンテナンスのはなし

f:id:makiakari:20180416200212j:plain

こないだ正月が来たと思ったら4月ももう半ばだなんて……(›´ω`‹ ) 私の1月2月3月はどこへ行ったのでしょう。というコピペかよという勢いで恒例の不毛な会話はともかく、この春から大きく環境が変わったという方も、そろそろ慣れてきたことでしょうか。私はいつもどおりの日々ですが、いろいろと連載ものが更新されておりますのでご紹介です。

 

ぐるなび様のメディア「dressing」にて「グルメ占い」の連載が始まりました。

www.gnavi.co.jpその月の総合運と恋愛運、プラスラッキーフードを占っています。食事というのは、口から気を取り込むこと。体はもちろん、運気のエネルギーにもなるフードをチョイスしておりますので、ぜひご覧いただけますと幸いです。

 

幻冬舎plus 「ご縁の法則」コラムパート

www.gentosha.jp連載させていただいております幻冬舎plus様、今月も書いております。コラムパートは毎月15日。恋愛をはじめとしたいろいろなご縁について、私の考えるところのものを書いております。

 

幻冬舎plus 「ご縁の法則」占いパート

www.gentosha.jp恋愛運に特化した占いです。総合運のほか、カップル向け、シングル向け、障害のある恋に悩んでいる人向けに分けて書き下ろしています。これを分けて書きたいというのは私がぜひやってみたかったことでした。悩んでいるときは、明るい占いを読むのが辛いことがあります。恋をすることが喜びだけでなく、逃れられない苦痛を連れてくることもあります。そうした方のお気持ちも、できる範囲で掬い上げることができたらと思いました。とはいえ、文字数制限を気にしなくて良いのがネットメディアの長所でありつつ、この長い長い原稿を掲載してくださる幻冬舎様には感謝申し上げます。

 

★ALICEY 悪魔の誕生日占い

www.alicey.jpリニューアルしていっそう素敵になったALICEYさん。新年度向けにいくつか記事を書かせていただきましたので、まとめページを貼っておきますね。

 

SUBARU様「カートピア」「真木あかりのおでかけ占い」

www.subaru.jpweb版には載っていないのですが、紙版に「真木あかりのおでかけ占い」が掲載されています。今月から文字数がちょっと増えました(о´∀`о) お近くのSUBARU販売店でもらえるそうです。スバリストの方、いらっしゃいましたらぜひ覗いてみてくださいませ。

 

 

さて、お知らせだけでは淋しいので最近考えたことなどをつらつらと。

私は昔から「人に受け入れられないのでは」という恐れを強く持っていました。引っ込み思案だからでしょうか、子どもの頃から仲間はずれにされたりいじめられたりすることが多く、社会人になってからも嫌われたり、浮いたりしてしまって。失恋もたくさんしました。

もちろんその何倍も、受け入れてくれた人はいます。友達にも恵まれ、すばらしい恋もしました。文章を好きと言ってくださる方もたくさんいます。そう、「受け入れられない」なんて思い込みにすぎないんですよね。それは理解しています。全員に好かれるなんて無理ということも、全員から好かれなくていいことも。

 

でもやっぱり、「受け入れられない」という心理的なブロック、冷静に己をモニタリングするとあるんですね。といっても楽になりました。折々にちょいちょい顔を出しますが、昔よりもずっと穏やかです。ここ3年ほどのあいだにひどく裏切られ、自尊心を損なわれるような経験を経て「そう思ってもいい」「不安になってもいい」と、思えるようになったからかもしれません。今は「受け入れられていい」とマインドセットを変えていく練習を、少しずつしているところです。そのほうが、受け入れられるチャンスは増えていくからです。

 

仕事や恋愛・結婚、友達づきあいなどさまざまな人間関係において、根深い「受け入れられない」ことへの不安。これを「受け入れられていい」と自分に許可することにシフトしていくためにはどうしたらいいか。いろいろ模索した結果、「受け入れられた」という疑似体験をすることがひとつのレッスンになるのではと考えるに至りました。

簡単にいえば、異類婚姻譚に触れるということです。人間とそうでないものという、常識も価値観も、ひいては寿命すら違う相手と出会い、紆余曲折を経て理解し合い、愛を深めていく。物語の構造としては童話をはじめ、昔から非常にポピュラーなジャンルですね。結婚しなくとも、交流するだけでも良いでしょう。好みによりますが、漫画や映像、アニメといったように視覚・聴覚を刺激するもののほうが、脳にプラスの感情を染み込ませるような感覚が得られるかな、と考えています。ひとつ条件をつけるとすれば、ハッピーエンドのものがいいですね。『人魚姫』だと「やっぱり受け入れられないじゃん!」となってしまいますので(笑)

そうした意味で、私が最近えらいことハマったのがヤマサキコレさんの『魔法使いの嫁』、RENAさんの『雷神とリーマン』です。この記事の下にリンク貼っておきますね。私は元来、あまりファンタジーは読まないほうで、どちらかというと異類婚姻譚は冷めてしまうので避けていました。が、この2作品は狂ったように読みふけってしまいましたw 今の私の心が求めていたのでしょう、物語というのはときどきそういう不思議な出会い方をしますね。

 

とはいえ、人間関係はどんな相手であっても「異類」ではあるのでしょう。自分ではない異物をどう理解し、付き合っていくか。仕事でも恋愛でも、差異があるから物語になります。(そうした意味で西炯子さんの『娚の一生』も「受け入れられる」というエピソードという意味で強くお勧めしたいです)ただ、人間とそうでないものの場合は差異がすごい。受け入れられることへのハードルがめちゃくちゃ高いわけです。それでもいろいろな試行錯誤を経ながら「受け入れてもらえるんだ」と自分を解放していく。

辛くて希望が潰えそうなとき、自分がこれから進む道が真っ暗にしか思えないとき、こうした作品に触れて“受け入れられる”という感覚を擬似体験して「私も受け入れられていいんだ」と思えるようにしていくのは、セルフヘルプやセルフメンテナンスのひとつではないかと考えています。もしも登場人物の気持ちになりきって読める作品、思い当たるところがありましたらお試しください。入り込めるストーリーであればあるほど、効果的でしょうから。

 

魔法使いの嫁』、先日アニメ版が終わりましたが漫画は学園編へ。ファンタジーものは普段、あまり読まないのですが久々にドはまりしました。Amazonプライムビデオでイッキ見しちゃったw

 

『雷神とリーマン』は泣きながら読んだ。とても優れたストーリーだと思う。(注:軽く腐です。あらすじを読んでから買うべし)

雷神とリーマン (クロフネコミックス)

雷神とリーマン (クロフネコミックス)

 

娚の一生 』 は何度も繰り返し読んでいる大好きな本。海江田醇センセ、かっこよすぎるぜ…(ため息)

娚の一生(1) (フラワーコミックスα)
 

 

わぁ〜今回もドチャクソ長くなっちゃったw すみません!

 

2018年4月16日、おひつじ座新月。ブレイクスルーを司る天王星のそばで起こる「はじまりのとき」。

f:id:makiakari:20180415214931j:plain

本日(4月15日)、約3週間続いていた水星逆行が終了しました。今回は、私を含め周囲ではPCやスマホのトラブルが多くて阿鼻叫喚でしたが、Twitterでお寄せいただいたお声を拝読する限りでは、プラスの側面にも目を向けていた方が多かったように思います。個人的にはとても嬉しいことでした。逆行期間は悪いことばかりではありませんから、もし伝わっていたなら嬉しいなと。といっても、イレギュラーな期間でご不安もあったことでしょう。おつかれさまでした。混乱した物事も、だんだん正常化していくはずです。

さて水星順行の翌日である2018年4月16日、おひつじ座で新月が起こります。時間は10:57。新月は「始まり」のタイミングであり、おひつじ座は今を生きる行動力の星座。さらに、この新月はブレイクスルーをもたらす星である天王星の近くで起こります。

天王星は5月、7年ぶりにおうし座へ居場所を移すため、世の中的にも個人にも大きな風向きの変化が予測されます。今回の新月は、いってみればその前哨戦とも言うべき配置です。ここで「新しい一歩を踏み出そう」と決断し、実際に何かを始める人は多いかもしれません。

今回の特徴としては、自分でもまるで想定外だった決断をしたり、これまでの自分だったら絶対にやらなかったことをしたくなったり、ということが往々にして起こるということです。天王星の移動であれば、自分の意思とは関わりなく「そういう状況に追い込まれる」という可能性もありますが、今は新月ですから、自分からトライしていくことになるでしょうね。

 

ところで、こうした運勢を書いていてよく思い出すのは、雑誌やウェブメディアでよく特集が組まれる「今年こそ自分を変える!」「新しい自分になる!」といったテーマです。いや〜、実は私は若い頃、こういったものが大好きだったんですよね。んもう発売されるたびに「まあ!だんご虫がヘラクレスオオカブトに!!」くらいのキラッキラの夢を描いて読んでいたわけです。特に手帳術とノート術が大好きでした(今でも好きか・笑)。

しかし現実は毎日仕事に追われるばかりで、忘れた頃に書類の山の最下層から「自分を変える!」という文字が表紙に踊る雑誌が発掘されるわけで、そのたびに自分に失望していました。素敵な自分になりたいのに、どんどん自分が嫌いになっていったように思います。

 

それから心理学を学び、年齢も重ねて思うのは「自分を変える」ことそのものにはあまり意味がない、ということです。

大切なのは「変わりたい」と思う、その根本にある願望なんですね。自分を変えることで全部が良くなるはず、と大きく考えてしまわずに、なぜ変わりたいのかをもう一歩掘り下げてみる。そうすると「笑顔で仕事をしたいから」「愛を感じて暮らしたいから」といった本当の願いが出てきます。意識にのぼりさえすれば、変える方法というのはスムーズに浮かんでくるはずです。「笑顔で仕事をするために、仕事で必要な本を読もう」「自分は大事な存在だから、とびきり美味しいコーヒーを淹れよう」といった感じですね(※)。それを行動に移した結果として「変わる」わけです。そこをすっ飛ばして「変わること」をしても、いずれ元の木阿弥です。木阿弥って言葉久しぶりに書いた。

(※)簡単に書いてすみません。このへんのことは、個人鑑定ではそれぞれに合ったものを読み解いてベストプラクティスをお伝えしているのですが、ブログではざっくりです。お許しくださいね。

 

「自分を変える」ということは、一発逆転の魔法ではありません。意思の強さや弱さが関係することでもありません。さらにいえば「今の自分はダメだから、とにかく変わらなきゃ」「意思が弱いから変われないんだ」と自分を責めたり否定したりすることがクセにでもなれば、自分というものはどんどん弱っていきます。たった今だって、自分はすごく頑張っていますよね。それなのに「変わらなきゃ」と責め立てたりしたら、自分がかわいそうです。無理に行動を起こしたって、続きません。

 

この新月のタイミングで、「新しい一歩を踏み出そう」と行動を変えたくなる人は多いことでしょう。おひつじ座の新月ですから、その思いは率直で純粋な欲求に基づいているだろうと思います。それだけでもう素晴らしいことですが、あなたが健康的かつ豊かな人生を生きていくために「自分の本当の願い」とマッチしているか、一瞬考える時間を持てるとよりその思いが持続しやすいでしょう。

そして今は変化を選ばない方も、どうか変わらないことでご自分を傷つけることがないようにと願っています。今いる場所から動かずに、自分と向き合う時間というのもまた、必要な時間です。ただ、私からひとつだけお願いしたいのは「いつでも自分の人生を選べる」と、自分の力を信じてあげていただきたい、ということです。それは、いつか踏み出すことになっている、新しい一歩のための栄養になりますから。

 

今日はいつにもまして、くどくなってしまいました。もし私が校長先生だったら、朝礼で生徒が30人くらい倒れていそうです。このブログも、読み疲れて倒れた方がいないとよいのですが笑

 

どなたにとっても、良い新月でありますように。

 

(以下宣伝です)

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。

www.gentosha.jp

幻冬舎plus様でブログの2018年が拡大版で掲載されています。ブログにない「良縁日」を出しています。

www.gentosha.jp

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

 

 

2018年3月31日、てんびん座満月。やさしい春風を、自分のために。大切な人のために。

f:id:makiakari:20180329214026j:plain

2018年3月31日、てんびん座で満月が起こります。時間は21:37。時節柄、夜桜の向こうにまんまるの月を見上げる方も多いでしょうか。個人的には、夜桜は散りかけの頃が一番好きです。ただただ、時間を忘れて見つめてしまいます。

 

さて今回の満月ですが、月の対岸にある太陽は逆行中の水星とコンジャンクションとなっています。さらにやぎ座では火星と土星コンジャンクションで、それがおひつじ座−てんびん座ラインの太陽と月にTスクエアというかたちで干渉してきます。おひつじ座−てんびん座ラインということで対人関係にスポットライトが当たる満月ですが、人にも自分にもとても厳しい視線を持つ、といった心情になる人は多いのかもしれません。こういう関係なのだからこうして欲しい、こうあって当然だろう、こうあるべきだ。こうしたきびしさをどう運用していくかが、この満月のカギとなるのかなというのが私の見立てです。

 

この「きびしさ」は自他ともに、です。自分にそうしたストイックな視線を持つならば、ストレスと上手く折り合いをつけてバランスをとっていきさえすれば成長につながることもあるでしょう。ただ、ひとたび「他」にその視線を向けてしまうと大変です。当たり前の話ではありますが、他人をコントロールすることはできません。もしも自分以外の誰かが強く願ったことで、自分の行動が左右されたらどうでしょうか。そりゃもうワーオですよね(頭が悪そうな表現)。ただ、誰もがそれをわかっていつつ、好きな人には「私を好きになってほしい」といったことを、子どもには「こうあってほしい」といったことを願うことがよくあります。それは相手のことが、自分のことと同じくらい大切だからこそなのだろうと思うのです。

 

この満月については、自他ともにきびしい心持ちになる人は多いかもしれません。コミュニケーションのずれによって、本当はきびしくなんてなりたくないのにそうなってしまう人も多いでしょう。ただ、本質的に他人はコントロールできないということは変えられません。「すべき」「あるべき」と思えば思うほど、相手の心は遠のいていきます。「すべき」「あるべき」と思えば思うほど、自分は苦しくなっていきます。この星回りを健やかに役立てていくには、「きびしくなるのは、大切だから」ということを認識しておかれると良いのではないでしょうか。大切な人のことも、自分のことも、大切だからきびしくなるのです。どうでもよくないから、願うのです。でも、それが大切な人を遠ざけたり、居づらくさせる原因になっているのならーー抑えられますね。

 

もしも自分や他人にきびしい視線を向けていることに気づいたら、どうか「大切に思う心」に立ち返ってみませんか。折しもこの31日、金星は13:55にホームであるおうし座に移動します。愛することの価値、人生の豊かさ、といったものを活かしやすい星回りなのですね。大切だからこそきびしく思ってしまう、それさえわかっていれば、金星が愛の力を後押ししてくれるでしょう。「北風と太陽」という寓話のごとく、あたたかな春風が旅人の服を脱がせてくれるかもしれません。

 

春です。春が来たんです。だから自分に手向けるものも、「すべき」「あるべき」という冷たく硬いなにかではなく、きれいな花にしても良いのではないかと思います。無理にきびしくしなくても、あなたの心は本当に大切なものが何であるか、ちゃんとわかっているのですよね。それであれば、ひばりのように春のうたを歌って、みずみずしい春の花を手にしていたほうが、運というものは明るい方向に開けやすいです。

あたたかな場所に、人は集まってきます。さあ、どんな春のうたを歌いましょうか。何色の花を手にしましょうか。桜を見上げながら、自分のために何ができるかを考えてみてもいいかもしれませんね。

 

どなたにとっても、良い満月でありますように。

 

(以下宣伝です)

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。

www.gentosha.jp

幻冬舎plus様でブログの2018年が拡大版で掲載されています。ブログにない「良縁日」を出しています。

www.gentosha.jp

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

 

2018年3月23日、水星逆行開始。コミュニケーションや通信の混乱と、前に進むための過去への旅。

f:id:makiakari:20180322155106j:plain

2018年3月23日、水星逆行スタートです。順行に戻るのは4月15日の宵の口、それまではおひつじ座の中でイレギュラーな動きを続けることになります。特におひつじ座、かに座、てんびん座、やぎ座の人は強めに影響が出やすいと予測されます。

 

水星逆行は、星占いに少し興味がある人であれば「すごく嫌な時期」として記憶されていることも多いでしょう。たとえばLINEの返信がない、電話が来ない、ドタキャンされる、といったことは起こりやすい時期。ほか、交通機関の遅延、予定のリスケ、誤解なども起こりやすいでしょう。水星がつかさどる、コミュニケーションや通信、移動、知識の習得といったテーマについては全般的に思い通りにいかないと考えておくと、いくばくか心の救いにはなると思います。

たとえば時間には余裕を持って、いざとなればお金でリカバーできるように現金や交通系ICカードを持っておくと良いでしょう。「通信」の管轄であるPCやスマホはこの機会にバックアップをとっておきましょう。こういうことをやっておくだけで、イレギュラーなことが起こっても落ち着いて対処できます。個人鑑定ではよくお話ししていることですが、起きたことは同じでも、受け止め方によって心の穏やかさは変わってきます。運命に翻弄されるばかりでは辛いもの。「今はこういう時期だ」「終わりはこの日だ」とわかっているだけで「じゃあ、この時期までは慎重に、悩みすぎずに過ごそう」と先の見通しが立つ、これが大事です。人生は良い時期だけではありません。良いとは思えない時期をもどう有意義に過ごすか、その参考にするというのも、占いというものの健やかな使い方のひとつであろうと思います。

 

今回の逆行は、コミュニケーションを取るよりも衝動性が増してしまうとか、意欲に言葉がついていかない、といった傾向が出やすくなるだろうと思います。やる気をガツッと出したときに限って足を引っ張られてモヤモヤする、なんてことも。そういう時期ですから「意思や理性の力を過信しない」というのもひとつの対処法になるかもしれませんね。衝動的に発言しそうになったら深呼吸をする、その場を離れる。誰かに説明する必要があることは、事前に紙に書いて整理しておく。体をしっかり使って対処しておく、というのはけっこう有効です。そうやって前向きな対処をすることで見えてくるものもある、と私は考えています。

 

そして毎回書いておりますが、水星逆行という時期は悪いことだけが起こるタイミングではありません。再会、復縁、誤解を解く、信頼を取り戻すといったことも起こりやすいのですね。なつかしい人に会える、長年の思い違いが「そうだったんだ」と解消される、といった経験をされる人も多いのです。

 

私も、ちょうど水星逆行がスタートした日から終了の日までという驚くようなタイミングで、過去に思い残すことがあった人と深く深くコミュニケーションを取るに至った経験があります。ともに肩を並べて過去に旅するような日々の中で、積み重なった重層的な誤解がお互いに溶けていく実感を得たのでした。ふたりの道はもう交わらないと知っていても、価値ある時間でした。

そんなふうに、過去のどこかに取り残してきたものを何らかのかたちで変化させ、前に進むための足がかりとするように逆行の影響が出てくる人もいるのですね。水星逆行=悪いものと決めつけていると、こうした良い面にもなかなか気づきにくかったりします。もし、過去に関して印象的な出来事が起きたなら、どうか自分の望みに執着しすぎずに「過去のどこかに取り残してきたもの」を見つめてみてはいかがでしょうか。

 

前述した1ヶ月あまりの水星逆行で、私は傷ついて打ちひしがれている人の心に灯をともし続けることができたと思います。占い師としてもひとりの女性としても、幸せでした。もう済んだことです、けれどときどき思い出します。あの水星逆行期間は、間違いなく良い時間だったと。痛みや悲しみもぜんぶ含めて、良い時間でした。

 

それでは、水星逆行期間、がんばってまいりましょうね。どなたにとっても、有意義な日々でありますように。

 

(以下宣伝です)

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。3月のコラムは「縁が切れて、よかった」。少し淋しいエピソードも含みますが、痛みに耐えなければならないとき、少しでもご参考になればと思っております。

www.gentosha.jp

幻冬舎plus様でブログの2018年が拡大版で掲載されています。ブログにない「良縁日」を出しています。

www.gentosha.jp

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in

2018年3月17日、うお座新月。心の声に耳をすませる、静かな「はじまりのはじまり」。

f:id:makiakari:20180316214533j:plain

2018年3月17日、うお座新月が起こります。もうすぐ春分、星占いでは1年のはじまりのときと解釈しますが、その直前の新月なんですね。ここのところグッとあたたかくなって季節の移ろいを感じている方も多いのではと思いますが、そして「こないだ正月だと思ったのにもう3月…」とショックを受けている方も多…

俺!俺!母さん俺だよ!(∪ ´ω` )

 

ハッいえ、多いと思うのですが、はじまりのときに向けて粛々と物事が移り変わっていく過渡期における「はじまりのはじまり」のようなものを感じます。自分の心の深い深い場所に目を向けるような、無意識からの声に耳を済ませるような、そうしたスタンスでおられると良いかもしれません。

 

思えば私たちは、人生における大きなイベントの直前にはどことなく、しんみりした静けさに満たされる瞬間があるのではないでしょうか。引っ越し前日の、この部屋で過ごした思い出を振り返る時間。結婚式の前日の、静かな感謝と愛。入学式の前日の、不安と期待が入り交じったような気分。来たるべき「大きなはじまり」を前に、静かに内省と振り返りを行いつつはじまりに備える、どこか祈りにも似た「小さなはじまり」の時間を持つのですよね。

 

うお座新月は、この時間に似ているなと思うのです。もりもりと未来の幸福を祈るのとは違って、愛する人が幸せであるように、好きなものごとが存在をまっとうできるようにと、感謝とともに気持ちの整理をつけるようなやりかたで。悲しいことは消えなくても、平気にしようと思えるようなやさしいまなざしで。今の自分にできるぶんだけ心の整理をつけること、これもまた「はじまり」なのですよね。

 

できればそうした「小さなはじまり」を意識してみると、きっと21日の春分も「いったるで!」と思い切りよくスタートが切れるのではないかと思います。音楽を聴いたり、映画を観たり、心に残った風景を写真におさめたりするのも、この日はとりわけ心の栄養になるでしょう。

 

誰もが心に小さな火をくべるような、やわらかな新月でありますように。そんなことを願う春の夜です。

 

 

(以下宣伝です)

幻冬舎Plus様でコラムと占いの連載をしています。3月のコラムは「縁が切れて、よかった」。少し淋しいエピソードも含みますが、痛みに耐えなければならないとき、少しでもご参考になればと思っております。

www.gentosha.jp

幻冬舎plus様でブログの2018年が拡大版で掲載されています。ブログにない「良縁日」を出しています。

www.gentosha.jp

Instagramで毎朝、タロットの1枚引きで占いを更新しています。Twitterの毎朝の占いとはちょっと違う、今日をよりよく過ごすヒントとしてメッセージを書いています。

www.instagram.com

2017年は9冊目、10冊目の本が出ました。『辛口誕生日事典2018』、どうぞお役立てください。

辛口誕生日事典2018

辛口誕生日事典2018

 

 個人鑑定のご依頼はこちらから。毎日20時に、翌日鑑定させていただける分の枠を追加しております。SOLD OUTとなっていることが多いのですが、鑑定は毎日しておりますのでご安心くださいね。

makiakari.thebase.in