読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2016年下半期 おうし座の運勢

f:id:makiakari:20160530220714j:plain

おうし座の人は、自分が素敵だと思ったものに対して強いこだわりを持つ人です。美しいものや手触りの良いものなど、五感で感じ取った好きなものに、常に囲まれていたいと考えます。気に入ったものはどんどん人に見せびらかしたいと考える人も世の中にはいますが、おうし座の人の場合は自分だけでそっと愛で、用意には人にさらさない用心深さのようなものがあるように感じます。とても美しい内面世界を、おうし座の人は常に持っています。

 

2015年秋頃から、そうしたあなたの豊かな内面世界のを世に出していったり、また周囲から求められたりといった機会が非常に多くなっているのではないでしょうか。また、愛情面にあたたかで強い追い風が吹いています。これまでよりもずっと、広がりのある愛情を感じている人も多いのではないでしょうか。お子さんをお持ちの方であれば、お子さんとの絆、関係性といったものが強まっていることを実感している人も多いはずです。この流れは2016年9月上旬まで続いていきます。

自分が「これは良いものだ」と思うことを、惜しまず周囲に見せていくこと。センスや才能を発揮していくこと。さらに、人を愛すること。豊かな能動と愛の季節を、思い切り楽しんでいけることでしょう。

 

6月、7月は人との関わり方にもスポットが当たります。過去、何度か繰り返されてきた対人関係のしがらみは、ここを境に一旦は収束を見ることになるでしょう。

 

残暑も少しずつ和らぎ、夏の名残がしだいに薄れていくのを実感する9月中旬からは華やかさも少し落ち着きを見せ、地に足をつけて歩むような雰囲気が漂い始めます。これまでは感覚や感性といったものを伸びやかに発揮してきた人も、安定や確実性といったものが求められるようになるでしょう。ときにはつまらない、地味なことばかりのように見えるかもしれませんが、ひとつひとつ着実に仕上げていくというのは、おうし座の人にとってはきっと、嫌なことばかりではないだろうと思います。頑張れば頑張るほど、得られるものは大きいでしょう。つまらないことにも、この時期はちゃんと意味があります。

 

同時に、この夏から秋にかけては、責任の重い役目を引き受けることになったり、誰かから大切なものを受け継ぐことになったりする気配が濃厚になります。この動きは昨年からすでにあったのですが、いよいよ本格的になると言っても良いでしょう。役割や権力など力のあるもの、目に見えない想い、手にとって確かめられる財……人によってさまざまですが、それは確かにあなたにとって特別なギフト足りうるでしょう。「そんなものは欲しくない」と思っても、まずは受け取ってじっくりと検分してみる、そんな姿勢が向いているだろうと思います。

 

<仕事運>

デザインや色彩、ものづくり、料理など、何かしら自分の手で何かを生み出すというお仕事に就いておられる方は、2015年秋から非常にクリエイティブな季節が続いています。センスや感覚の鋭さには秀でているおうし座の人ですが、それがすばらしいインスピレーションを持って発揮していけるときです。9月上旬までその流れは続きますので、それまでは創造的な試みをどんどん追求していかれるとよろしいでしょう。周囲の人はそれを求めるはずですし、そこから得られる満足感というものは、何よりもあなたを豊かにしてくれるでしょう。

 

9月半ばからは、仕事が忙しさを増してくるときです。ここでの忙しさは、社会的にステージが上がるような華やかさにあふれるものではなく、やるべきことを愚直に、ひたすらこなしていくことを求められるタイプの忙しさです。

 

迷ったときは、人の助言が役に立つでしょう。過去に先輩や上司、また親がくれた言葉が、今だからこそすんなりと入ってくる、といったこともあるかもしれません。かつては素直に聞けなかったことも、今だからこそ。

 

就職や転職を目指している方には、2016年秋からの1年間はとても良い流れになります。仕事で活躍できる場を増やしたり、収入アップにつながる流れを作れたりもするときですので、積極的に動いてみると良いでしょう。カギとなるのは、周囲の人にどう認められるかというところです。ただし決して受け身なばかりではなく、評価を受けるための根回し――たとえば実績をまとめておくとか、採算は一旦度外視して大きな仕事をするとか、そういったこともよろしいかと思います。

 

<恋愛・愛情運>

昨年秋から2016年9月上旬まで、おうし座の人には愛においてあたたかで強い追い風が吹きます。この時期、おうし座の人にもたらされる愛情のテーマは「拡大」。運命を感じるような出会いに恵まれる人もいますし、夫や恋人など、パートナーとの愛情を再確認する人もいるはずです。子どもを持つ人ならば、子どもとの時間を充実させていけると良いですね。いつも以上に絆が強まるときでもあります。

 

愛されること、そして愛すること。おうし座の人は誰に対してもあたたかな人柄をもって接するのですが、腹を割って自分の本心を話す人はかなり、選ぶところがあります。用意に自分の内側を見せようとはしません。好きでも、どこか一線を引いてしまうところもあります。

 

もちろん、そうした慎重さが信頼され、大切に愛されるところもあるでしょう。ただ、もし自分の恋について何らかのやりづらさ、生きづらさのようなものを感じているところがあったのでしたら、この時期は何かしら、愛についてのブレイクスルーを体験するのではなかろうかと思います。

 

2016年秋以降、愛情運や恋愛運は少し落ち着きを見せ、手にしたものをすべからく日用の糧にするような、穏やかで落ち着いたものとなっていくでしょう。カギとなるのは、この人と信じた人であれば、きちんと腹を割って話すことです。言いづらいこと、聞きにくいこと。そうしたものを、思いやりをもってきちんと語っていくことが意味を持つときと言えるでしょう。

 

<真木あかりからひとこと>
2016年秋以降、仕事や自分の役割を果たすことについて、とても忙しくなる人が多いだろうと思います。その流れは2017年に向けて続いていくもので、コツコツと自分のコンディションを整えつつ、やるべきことをこなしていく流れになるでしょう。健康面は充分に留意する必要があります。頑張りすぎて過労に陥りやすいときでもあるので、その点は注意してくださいね。我慢強さはおうし座の美徳でもありますが、美しい内面世界の守り手は、倒れてはいけません。自分の好きなものを守りつつ、しっかりと毎日を味わっていきましょう。

 

真木あかり

(2016.9.14追記)

BASEというオンラインショップで個人鑑定をお申し込みいただけるようにしてみました。ご不安なことがあるときなど、いつでも頼ってくださいね。お力になれたらと思います。

makiakari.thebase.in

 

LINE占い「チベタン・オラクル」好評配信中です。個人鑑定のご相談も随時承っております。LINE占い「悩み相談所」もしくはオフィシャルサイトより、いつでもお声がけください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

真木あかり8冊目の著書『悪魔の誕生日事典2016』(宝島社)発売中です。コンビニや書店、Amazon等でお求めいただけます。お見かけになりましたら、ぜひご覧になってみてくださいね。

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!