読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2016年下半期 やぎ座の運勢

12星座占い 2016年下半期の運勢

f:id:makiakari:20160530221351j:plain

2015年末に公開した2016年1年間の運勢において、私はやぎ座の人の運勢を「世界」という言葉になぞらえてお話ししました。2015年の秋頃から2016年前半にかけて、自分の視野を広げ、いつも以上にさまざまな知識を積極的に獲得してきたという方は多いでしょう。この時期に得たものが、どれだけあなたの世界を大きく広げ、豊かなものにしたかということを実感していくのはこれからですが、わずか半年前とは風景が違って見える、他人に寛大に接することができるといった感覚を覚えているようなら、得たものをすでに自分の手足のように、使いはじめることができているのだろうと思います。

 

文字通り、世界——つまり、グローバルな視野を持ってお仕事やプライベートでの活動、興味の幅を広げていた人も多いでしょう。もっと面白いものを知りたい、見たこともないものを見てみたい。子どもがわけもわからないまま走り出すように、突き動かされるような好奇心にかられてこの時期を過ごすことは、自分という「個」の限界を破り、豊かな広がりを見せてくれるだろうと私は確信しています。

 

というのも、どこか旅にも似たこの知識、知見を広げる探究心と同時に、今のやぎ座の人は自分の内面に向けても旅を始めているからです。知識や知見を求める旅が「ここではないどこか」を求める傾向があるのに対し、自分の内面に向けての旅というのは、底の知れない井戸にどんどん深く降りてゆくようなもの。「ここ」にフォーカスするということです。相反するような動きが同時に起こる中で、やぎ座の人は普段にも増して、人間性を豊かに成長させていくのでしょう。絶対に無理だと思っていた壁を勢いよく突き崩すヒントも、この時期に見つけることができるかもしれません。

 

世界に目を向け、手を伸ばすような時期は2016年9月上旬まで続きます。9月中旬からは、「ここではないどこか」よりも、目の前の現実にガッツリと取り組む、そんなタイミングがやってくるかもしれません。というのも、この秋からの1年間は、社会的にあなたの才能や技術、知識などが求められる期間に当たるためです。特に、仕事においては非常に伸びしろのある時期となります。自分が今、担っている役割をより強く意識し、結果を出していくことが求められるでしょう。それは決して楽なことばかりではありません。ただ、こうと決めたことはとことんやり抜く胆力と粘り強さを持つやぎ座の人からしてみれば、とてもやりがいのある日々だろうと思います。

 

ある意味、2015年後半から2016年後半の、行き先を決めない旅路のような日々の自由さは、楽しいなかにもどこか不完全燃焼感が拭えず、これで良いのかと自問自答することも多かったことでしょう。それが落ち着きを見せるのが2016年秋です。やぎ座が本質的に持っている信条や行動パターンにフィットした、自分らしく充実した日々を過ごすことができるようになります。「できることは全部やる」くらいの気持ちで、頑張ってまいりましょう。

 

<仕事運>

9月上旬まではフットワークの軽さと探究心がものを言うときです。自分のなかで「こうすればうまくいく」という答えが見えていても、なお別の可能性も探ってみる、というくらいの姿勢が大きな実りにつながります。第一、そのほうがこの時期は仕事をより楽しめるだろうと思います。

 

職種にもよるかとは思いますが、海外との取引がある方はそちらに注力すると良いでしょう。語学を学んだり、プチ留学をしたりといった行動もプラスとなります。

 

ただし9月までは、仕事上の仲間やパートナーとぶつかりやすい暗示もあります。感情的になって良いことは何一つありません。憤りを感じるのもまた、その人や仕事に対して本気である証。そんな自分に誇りをもって、つとめて冷静になるようにしましょう。

 

節目となるのが9月中旬です。ここから2017年秋にかけて、やぎ座の人は仕事や自分の役割において、大きな上昇気流に乗っていくことになります。これまでより一段上のステージに乗って頑張っていく人もいるでしょうし、チャンスをものにして大きな名声につなげていく人もいるでしょう。管理職の人も昇進し、より大きな成果をつかみとっていくタイミングに当たります。仕事を頑張りたい、今よりもっと認められたいと考えている人にとっては、絶好のシーズンだと言えるでしょう。10年に一度のチャンス、くらいに受け止めてもよろしいかと思います。

 

仕事を頑張りたい人にとっては……と書いたことには、理由があります。この時期、やぎ座の人の仕事運を支えるのは木星というラッキースターです。木星の特徴は「頑張った分だけ良いことをもたらしてくれる」こと。つまり、幸運期とはいえ、何もしなくても良いことが起こる、という時期ではありません。努力すればその分得られるものは大きいですし、逆にいえば、努力もせずのうのうと過ごしていれば、それなりの1年で終わってしまいます。

 

つまり、頑張りたくないと思っている人にとっては、ただひたすらプレッシャーのみを味わうことになったり、期待していたことが起こらないまま時間が過ぎてしまったりといったことが起こりがちです。それで良いというのであればそれもまた人生。ただし、私個人としては、ぜひ自分のためにこの時期を活用していただくのが、自分の人生をより良く生きることにつながるだろうと思います。

 

<恋愛・愛情運>

6月上旬から7月下旬にかけて、愛情のこもったコミュニケーションが生まれる時期です。シングルの人はこのあたりで、素晴らしい出会いに恵まれる可能性があります。友達が恋人に昇格する、といった流れもあるかもしません。信頼できる友達に紹介をお願いするのも良いでしょうね。

 

パートナーがいる方にとっては、相手の気持ちやスタンスといったものにしっかりと目を向けると良いときです。近くにいるからこそ、慣れているからこそ見えなくなってしまったものはないでしょうか。そうしたものに改めて目を向けることで、見えていなかった愛情に気づいたり、自分のなかにある愛情を再確認したりするタイミングがあるでしょう。絆を確かめ合うような、あたたかな出来事も起こりやすいだろうと思います。

 

シングルの人にとっては、11月下旬から12月上旬にも恋にあたたかな追い風が吹きます。自分でも気づいていなかったような長所や魅力を、さり気なく教えてくれる人がいるかもしれません。そこから恋に発展する可能性は、大いにありそうですよ。

 

2016年後半はどうも仕事に目が向けられがちで、恋は二の次という気分になる人も多いかもしれません。ストイックに努力を重ねるのは、それはそれで価値があることは確かです。それでも、愛する喜びや愛される喜びをきちんと感じ取っていくことは、あなたにとってプラスの追い風になることでしょう。

 

<真木あかりからひとこと>

やぎ座の人にとって、この時期は「求めれば得られるとき」。といっても、幸運期と聞いたから頑張る……といった発想は、やぎ座の人にはないでしょう。これまで続けてきたように、粘り強く物事に対峙していくという姿勢は崩さずにやっていかれるのでしょう。きっと、それがいいつも以上に豊かな果実となって、2017年秋以降の生き方につながってくるだろうと思います。頑張ってくださいね。心より、応援しています。

 

真木あかり

 

(2016.9.14追記)

BASEというオンラインショップで個人鑑定をお申し込みいただけるようにしてみました。ご不安なことがあるときなど、いつでも頼ってくださいね。お力になれたらと思います。

makiakari.thebase.in

 

LINE占い「チベタン・オラクル」好評配信中です。個人鑑定のご相談も随時承っております。LINE占い「悩み相談所」もしくはオフィシャルサイトより、いつでもお声がけください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

真木あかり8冊目の著書『悪魔の誕生日事典2016』(宝島社)発売中です。コンビニや書店、Amazon等でお求めいただけます。お見かけになりましたら、ぜひご覧になってみてくださいね。

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!