読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2016年下半期 みずがめ座の運勢

2016年下半期の運勢 12星座占い

f:id:makiakari:20160530221456j:plain

2015年の秋頃から、大分動きやすくなってきたという人は非常に多いだろうと思います。夢や目標など、将来の自分と向き合うにあたって「自分は本当はこうしたいけれど、でも社会的なことを考えればこうしたほうが良いのだろう」といった大人として求められがちな妥協から解放され、少し自由に夢ややりたいことに向かって手や足を伸ばすことができているのではないでしょうか。

 

みずがめ座は本来、とても自由でなにものにもとらわれることのない人びとです。2015年後半から2016年前半という時期にわたっては、どこか頭を押さえつけられるような息苦しさを抱いていた状態から開放され、本来の自分を取り戻しながら歩いているような時間が続いていました。とはいっても完全な自由とは、少し意味合いが異なります。目上の人や能力のある人たちから力を注がれるなど、温かな支援がありがたくもあり、しがらみでもあり……と“嬉しい悲鳴”のような拮抗する状態が続いていました。こうしたものから解き放たれ、自由がさらなる意味を持ってくるのが2016年9月以降です。

 

環境が変わり、今までよりももっと自由に自分の世界を探求し始めるようになっていく人は非常に多いことでしょう。2015年後半から少しずつ、既成概念から開放されていく部分はあったかと思いますが、いよいよ本格的に自分が欲しいものを、やりたいことを追い求めることができるようになります。旅行や読書が、行先を思案してくれることもあるはずです。

 

こうした傾向は2016年秋、スポット的に起こるのではなく、2017年秋まで続いていく、少々長丁場の転機となります。自分はどんな未来も選ぶことができるのだということを、ぜひ心の片隅に留めておいてください。迷いや悩みが生じたときに、思い出せるように。

 

進学や就職で生まれ育った家を離れ、一人暮らしを始めたことがある人なら経験があるかもしれませんが、慣れ親しんだ場所を出て、時間や生活を自分の自由にすることはとても自由でありながら、不安も伴うものです。おとなの自由には責任も伴います。それでも、みずがめ座の人は持ち前の好奇心を発揮して、この時期を最大限に楽しんでいくはずです。ここしばらくしまっておいた願望を、また取り出してぴかぴかに磨き始めるような人もいるでしょうね。

 

占いの本では「宇宙人」などと表現されるほど、みずがめ座の人は自由なアイデアに満ちた人です。この秋からの1年間は、それを自由自在に発揮して、世の中にはたらきかけていくのだろうと思います。

 

<仕事運>

以前に比べて、あなたの両肩にのしかかっていた重荷はだいぶ、軽くなったのではないでしょうか。自分がやりやすいペースを取り戻すこともできているはずです。9月までは仕事上でいくつか、チャンスも訪れます。情熱を燃やすタイミングと言えるでしょう。

 

9月中旬以降は仕事上、転機を迎え「風向きが変わった」と感じるタイミングが増えそうです。そして、仕事全般に関して「思考する」「調べる」という作業が非常に重視されるようになります。これまでよりも深く考え、ものを深く調べて分析し、自分なりの考えを構築していくような仕事に携わるようになるでしょう。ここではあなたのアイデアが重宝されますが、それだけでは乗り切ることはできません。また、付け焼き刃の知識では太刀打ちできない仕事も多いでしょう。いわば人間的な深みのような部分を求められることも多くなるので、焦らずにひとつひとつの物事に対し、じっくりと思考してみると仕事に広がりが出てきやすいだろうと思います。

 

自分で仕事を選ぶことができる立場の人であれば、目の前の損得ではなく、自分が成長できるかどうかといった基準で仕事を選ぶようにすると、この時期の運を上手に活かしていけるでしょう。自分の可能性を、小さく見積もらないことが大事です。「言われたことだけやる」「もっとチャレンジしたいが、叶えられない」といった場合は、転職を考えてみるのもありだろうと思いますよ。

 

また、同僚や仲間、パートナーシップにおいては課題が持ち上がりやすいときです。みずがめ座の人はどちらかというと非常にマイペースで、ある意味「他人がどう言おうとどうでもいい」と対人関係の悩みを割りきってしまえる人です。とはいえ、仕事はたった一人でやっていくものではありません。チームワークなり、パートナーシップなりが良好であってこそ、より良い仕事ができることもあります。自分のペースを保つことも確かに大切ですが、周囲とどのように付き合っていくのかを考えてみると良いときです。今だけというよりは、今後2年くらいをかけてじっくりと向き合ってみると良いでしょう。分かり合えないと思った人の理屈にも、意味があります。苦手な人のなかに、自分のなかにある欠点を見出すこともあるだろうと思います。そんなふうに、ゆっくりと周囲の人に“気づき”を得ていけると、人生はとても豊かなものになるのではないでしょうか。

 

<恋愛・愛情運>

7月半ばから8月上旬にかけて、どなたにとっても非常に豊かな愛の季節が訪れます。シングルの人であれば、偶然が偶然を呼ぶかたちでドラマティックな展開が期待できます。とはいえ「いつものペース」で過ごしていては、セレンディピティもなかなか起こりにくいかもしれません。敢えていつものパターンを崩して行動範囲を広げ、さまざまな人と交流を持つよう意識してみると良いでしょう。

 

カップルにとっても、8月はあたたかな愛を感じる出来事が起こるでしょう。9月上旬までに、家族の転機を契機として、この先のことを深く話し合うようなタイミングが訪れる人も多いかもしれません。あまり気が進まないテーマであるかもしれませんが、この時期に問題ごとをスルーしたり、自分だけが我慢するかたちで話し合いを避けたりする道は、選ばないほうがよろしいでしょう。今後、同じテーマが再燃したときに話し合うよりは、このタイミングで話しておいたほうが2人にとって良い展開を生みやすいはずです。ここでしっかりと2人の気持ちを通い合わせることができれば、絆はこの先もずっと長く続いていくものとなると、私は信じています。

 

<真木あかりからひとこと>

2016年秋までに、あなたは周囲の人と、今までにないほど慎重に接してきたような部分も多いだろうと思います。それはきっと、2016年秋からの生き方を強く、またやさしく後押ししてくれるはずです。さらに自由に、さらに優しく。そんな季節を、ぜひ楽しんでくださいね。

 

真木あかり

 

(2016.9.14追記)

BASEというオンラインショップで個人鑑定をお申し込みいただけるようにしてみました。ご不安なことがあるときなど、いつでも頼ってくださいね。お力になれたらと思います。

makiakari.thebase.in


 

LINE占い「チベタン・オラクル」好評配信中です。個人鑑定のご相談も随時承っております。LINE占い「悩み相談所」もしくはオフィシャルサイトより、いつでもお声がけください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

真木あかり8冊目の著書『悪魔の誕生日事典2016』(宝島社)発売中です。コンビニや書店、Amazon等でお求めいただけます。お見かけになりましたら、ぜひご覧になってみてくださいね。

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!