読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2016年下半期 うお座の運勢

2016年下半期の運勢 12星座占い

f:id:makiakari:20160530221557j:plain

2015年年末に当ブログで公開した「2016年の運勢」にて、私はうお座の人の2016年を「オンリーワン」という言葉になぞらえました。昨年の秋頃から、いつも以上にさまざまな人との出会いや接点があり、さまざまなかたちと言葉で「あなたでなければ駄目なのだ」「あなただから意味があるのだ」周囲から求められた人は非常に多いでしょう。言葉はもちろんのこと、仕事など日常的に関わっている組織の場で、それなりに重い役割を担うことで「自分にしかできないこと」を頑張ってきた人も多いと思います。ほかの誰でもないあなたという人が求められること、それが2016年の大きなテーマでした。

 

合理的に考えれば、あなたでなければいけない理由などないのかもしれません。ほかの人が担っても、立派につとめあげる役割なのかもしれません。それでも「あなたがいい」と選びとってもらえるのが、今です。この傾向は、2016年9月上旬まで続いていきます。

 

大きな海に境界がなく、魚が自由に行き来できるように(生態的に生存可能/不可能はあると思いますが)、うお座はとても柔軟で、人との間に壁を作ることなく、どんな環境にも柔軟に馴染んでいける人です。与えられた役割に対して「自分にはちょっと無理かも」といった違和感を覚えても、まずはやってみるといったところがあるでしょう。そんなうお座にとって、2016年上半期という時期はなかなか、プレッシャーが多い時期と感じられたのではないでしょうか。自覚があるかどうかはわかりませんが、実力以上のことを求められ、ストレスを溜めがちだった人も多いはずです。

 

ただ、決して辛いばかりの時期ではなかっただろうと、私は信じています。冒頭で述べた通り、この時期の重荷は“誰かがあなたにかける思い”に根ざしたものであり、また試練についても、ただ重たくのしかかってくるものではなく、ある意味で自分を鍛える、これまでスルーしてきた部分を見直すきっかけになるものであっただろうと思うのです。仕事や社会的な役割に向き合っていく時期は、今後2年ほどをかけて続いていきます。焦っても気負いすぎても、うまくいきません。じっくりと自分のペースで向き合っていけると良いですね。うお座の人にとって、自分の魅力をじっくりと、少しずつ深めていくような時期にもなるはずです。

 

9月上旬までは人間関係がとても華やかな時期です。会いたいと思う人がいるならどんどん会いにいけますし、思いもよらぬ人との出会いもあります。フットワーク軽く、いろいろなところに出かけていくと良いでしょう。あなたが誰かに求められるように、あなた自身も誰かを強く求める、惹かれずにいられないという瞬間もあるでしょう。あなたにとっても「オンリーワン」が見つかるのです。

 

そして9月中旬以降、夏の暑さが少しずつ和らいでいくように、華やかな出会いのシーズンは徐々に落ち着きを見せていきます。そして、人間関係の深い部分へと焦点が移っていくでしょう。出会いというきらびやかで新鮮味を伴うものから、深みのある「関係づくり」に焦点がシフトしていきます。さらに、親や親戚など、自分のルーツとなる人びとから思いやものを受け継ぐ暗示も出ています。30代、40代の人であれば、そろそろ親の跡を継いだり、相続や終活などと向き合ったりし、子どもという時代を卒業していくような流れもあるだろうと思います。特にお金周りのことは、きちんと証拠に残るかたちで話し合っておくと良いでしょう。

これらのイベントを通して、恋人や自分のパートナーと一歩踏み込んだ時間を持つ人もいるでしょう。決して明るい話ばかりではなくとも、とても意義のある時間になるだろうと思います。

 

<仕事運>

昇進したり、重要なプロジェクトを任されたりといった仕事面での追い風は、この2016年後半においても続いていきます。この時期を上手に過ごすポイントは、なにをおいても自分の中長期的なキャリアプランをしっかりと描くこと。

 

最低でも向こう2〜3年、長くて5年くらいのプランや目標、理想像を考えておけると良いですね。もちろん、それに沿って生きなければいけないというわけでもありません。途中でどんどん変更を加えていったり、仕切りなおしたりするのもアリなのですよ。大切なのは、未来を見ようと思う心です。今目の前にあることだけに注力していては、この時期は運命に振り回されるだけ、毎日消耗するだけのように感じられてしまいます。それはあなたにとって健康的な話ではありませんし、笑顔を絶やさないあなたの表情を曇らせることにもつながりかねないだろうと思います。

 

この時期はお金や名声よりも、自分が社会や人の役に立っているという確かな手応えも、あなたのモチベーションにつながるだろうと思います。そこを視野に入れて、キャリアを考えていっても良いでしょう。

 

9月上旬までは周囲からの引き合いも多そうです。意義のあるプロジェクトに抜擢されたり、転職やヘッドハンティングのお誘いがあったりするかもしれません。興味がなかったとしても、話だけでも聞いてみると良いでしょう。思わぬセレンディピティがあるかもしれません。対人関係も良くなる暗示がありますので、ここでつないでおいた人脈があとあと生きてくることもあるでしょう。今後につなげていく、という視点は常に忘れずにいるとよろしいかと思いますよ。

 

自営業や会社経営など、自分で自分の責任を負うようなお立場の方であれば、9月以降は大きなツキに恵まれるときです。頼もしいパートナーや支援者が現れたり、資金繰りに余裕が出てきたるすることもあるはずです。大いなる楽観とともに、自分が今できることに尽力していかれるだろうと思います。

 

<恋愛・愛情運>

冒頭で「オンリーワン」という言葉について語りました。これは恋愛においても当然ながらスポットライトが当たります。9月上旬まで、愛情運、恋愛運といった部分に強くあたたかな追い風が吹いています。上旬ですでにそれを感じていた人も多いかと思いますが、大切に思っている人としっかり向き合ってコミュニケーションをとっていく時間をぜひ、楽しんでいただければと思います。これは特定の恋人がいる人であっても、結婚している場合でも同じです。ともに過ごす時間が長くなって、正直マンネリ気味というカップルであっても、きっとこの季節は信頼や愛情を感じられる、特別な時間になるでしょう。

 

秋以降は、家族や血縁関係でシビアな話題が出てくる暗示があります。死や老いといったものに向き合うのは正直なところ、気が進まない人も多いかもしれません。それでも、この時期にそうした話題を共有することは、うお座の人にとっては確かな追い風になるのではないだろうかと思います。

 

出会いを求める人にとっては、9月上旬までに恋のミラクルが起こる予感。仕事が忙しい時期ではあると思いますが、いつもの生活パターンを崩し、楽しみながら行動範囲を広げていけると良いですね。ときめく気持ち、運命を感じた瞬間というものをぜひ、大切にしていってください。9月中旬以降は、お見合いや結婚相談所といった、確かな伝手からの話に良いご縁があるかもしれません。

 

<真木あかりからひとこと>

うお座のあなたは、周囲の人に合わせることがとても上手です。合わせていると言ったら、多少語弊があるでしょうか。「馴染む」と言ったほうが、ぴったりくるかもしれませんね。それは素晴らしい能力だと思いますが、2016年後半は馴染みながらも言うべきことははっきり言う、なあなあにしないといった気持ちでいることが自分にとっても周囲にとっても良い展開を導くことになるだろうと思います。会いたいとか好きだとか、これが欲しいといったものですね。それは今後のあなたを形作っていく、大切なギフトを自ら呼び込むことにつながるだろうと、私は思うのです。空気なんて、読まなくたっていいのですよ。

 

真木あかり

 

 

(2016.9.14追記)

BASEというオンラインショップで個人鑑定をお申し込みいただけるようにしてみました。ご不安なことがあるときなど、いつでも頼ってくださいね。お力になれたらと思います。

makiakari.thebase.in

 

LINE占い「チベタン・オラクル」好評配信中です。個人鑑定のご相談も随時承っております。LINE占い「悩み相談所」もしくはオフィシャルサイトより、いつでもお声がけください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

真木あかり8冊目の著書『悪魔の誕生日事典2016』(宝島社)発売中です。コンビニや書店、Amazon等でお求めいただけます。お見かけになりましたら、ぜひご覧になってみてくださいね。

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!