読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2016年 かに座の運勢

f:id:makiakari:20151231191510j:plain

情熱とコミュニケーション。2016年のホロスコープを概観すると、かに座の運命にはこうしたキーワードが見えてきます。すでに2015年の後半から、自分の意見や情報を積極的に発信し、自分の世界を大きく広げてきたという人は多いのではないでしょうか。込み入った複雑な仕事に取り組んだり、慣れた世界に改めて本気で挑んだりしている人もいると思います。2016年もこの流れは続いていきます。途切れることのない努力の積み重ねの中で、新たな世界が広がっていくでしょう。

 

また、2015年から2016年にかけては、何かと移動が多く生じるときでもあります。ひとつの場所に拘泥することなく、フットワーク軽く歩みを進めていくなかで運が開けていきます。前進する足取りは軽く、ときに気まぐれや思いつきのようなムードを伴うものとなりますが、後から大きな意味があったと気づくことも多いでしょう。

 

運勢を詳しく見ていきましょう。

9月まではコミュニケーションと移動がものを言うときです。情報のアンテナを広く張り巡らせ、興味を持ったことにはどんどん足を運んでみると良いでしょう。これまで一人で頑張ってきたものの行き詰まっていたこと、内面の葛藤に関しても、具体的な解決方法が見つかっていくでしょう。

 

それと同時に、地に足のついた努力も必要とされるときです。かに座の人はもともと安定に重きを置く人で、無謀な挑戦には手を出しません。新しいチャレンジをするにしても、しっかりと足元を固め、自分なりに確実であろうという道が見つかるまでは歩を進めることはないでしょう。

 

それでもなお、今年は楽観と試練の波が繰り返し訪れることになります。「できる」「したい」と思ったときの明るく自由な情熱と、「する」ための着実な努力に目を向ける冷静さが、まるでダッチロールのように心を惑わせることもあるでしょう。どちらの気持ちも諦めずにベストを尽くすことが、2016年のカギとなるだろうと思います。

 

先ほど、2016年は移動がものをいう年と書きました。9月までは近距離での移動が多いのですが、9月以降は住まいを移転するなど、大きな環境の変化を体験する動きも出てきます。それは、今後10年の暮らしを大きく膨らませるような、明るい展望を伴う移動になるだろうと思います。

 

<仕事運>

世界が広がりを見せる好調期ではありますが、正念場でもあります。これまでうまくいっていたことに対してなかなか自分が今まで築いてきたセオリーが通用しない場面が多くなる暗示があります。2015年秋からすでにこの流れは始まっていますが、特に2016年3月〜9月はたびたび、ハードルの高い問題として感じることになるでしょう。

 

この時期に引き起こされる問題は、うやむやにごまかすのはもちろんのこと、他人任せにしたり、自分の主張を通そうとしたりすると得るものはないでしょう。どんな問題に関しても、真正面からタフに、情熱的にかぶりついていくことで前進できます。

9月以降は、組織や仲間との関係づくりにも力を入れていけると良いですね。

 

2016年は、情報にも縁が深い年です。今やどんな職種であっても、情報と縁がない仕事はないかと思いますが、必要な情報を取捨選択し、正しく利用していくことで仕事運にも、自分自身にも広がりが出るときです。情報や通信、インターネットに関わる仕事をしている方であれば、さらに情報が現代という時代に与える意味をきちんととらえて動くことで、自分という人材の意義を示していくことができるだろうと思います。

 

<恋愛運>

1月、2月と6月、7月は情熱的な愛のシーズン。特に6月に関しては、失ったと思っていたものを取り戻すことができたり、誰かの密やかな思いに気づいたりと、思いもよらない展開を見ることも多いでしょう。

かに座は基本的に、人との間に一定の距離を設けて付き合う人です。自分の心やプライベートに踏み入られるのは大嫌いですが、一度心を許した相手には、どこまでも自分をオープンにしていく傾向があるでしょう。その心の中に、かつて愛した懐かしい誰かが戻ってくるのかもしれません。慣れ親しんだパートナーとの間に情熱が戻る人もいるでしょう。強く輝く夏の太陽のように、7月のかに座の愛は熱量をともなったものになるだろうと思います。

 

9月以降、恋人やパートナーと一歩踏み込んだ関係に進む人もいそうです。結婚や同棲など居をともにして、さらに2人の関係を盤石なものにしていくという動きが起こる可能性があります。2017年に続く、大きな流れの中で愛情が深まっていくでしょう。迷いはあっても、思い切って相手を受け入れることが前進となります。

 

<真木あかりからひとこと>

かに座の2016年は軽やかなようでいて重みがあり、愛に心を躍らせる一方で地に足のついた動きもあります。長期的な見通しも、短期的な戦略も必要となります。常にどこかでもう一人の自分と対話しているようなバランス感覚はときに閉塞感を伴うこともあるかもしれません。そんなときでも、周囲の人とたくさんの言葉を交わし、情報をやりとりし、会いに行くという軽やかなステップを、ぜひ楽しんでいただければと思います。きっと良い展望が開けてくるでしょう。

あなたにとって、すばらしい1年でありますように。心より願っております。

 

真木あかり