読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2016年 ふたご座の運勢

f:id:makiakari:20151231191644j:plain

2016年のホロスコープを概観すると、ふたご座の運命には「人間関係」というキーワードが浮かび上がってきます。ふたご座はもともと、人間関係を構築するのがとても上手い人です。人と時間を共有することが好きですし、話をしたり、情報共有したりすることに楽しさを覚える人です。まるで自分がふたごであるかのように、常にもう一人の自分をどこかに探し求めているようなひたむきさで人と関わっていくのですね。

 

それでいて、あなたはすでに深い関係になった人については関心を薄れさせてしまうところもあります。人を求めながら、失っていく。心の中にあるパズルに、永遠にはまらないピースがいくつかあるような、独特の欠落感を持っている人もいらっしゃるかもしれません。

2016年は、人間関係にスポットライトが当たります。深く、熱く人と関わっていくこと。パートナーシップを築いていくこと。スマートに立ち振る舞うだけでない、愛の真実のようなものに直面することになる人も多いだろうと思います。それはきっと、あなたという人にとって前進でありうるでしょう。

 

運勢を詳しく見ていきましょう。

人間関係にある種の真剣味が求められるシーズンは既に始まっています。2015年の秋から、仕事での対人関係が停滞したり、時間と熱意を割いて向き合うことになったりと、少し変化を迎えた人は少なくないでしょう。これまでうまくいっていた恋人とぎくしゃくし始めた人もいるかもしれません。2016年も、その傾向は続いていきます。

さらに3月〜9月にかけては、たくさんの人とうまく関係を作っていくことよりも、本当に大切な人に強く働きかけを行っていくタイミングが繰り返し訪れることになるでしょう。

 

あなたはロゴスをとても大切にする人ですが、口にすると消えてしまう言葉のように、とらえどころのない印象を周囲に与える人でもあります。この時期は愛する人はきちんと抱きしめ、大切な仕事相手は目を合わせて話し、ともに時間を過ごす仲間の肩を抱いて励ますような、あなたにしかできないコミュニケーションを心がけてみるとよろしいかと思います。

 

9月までは、大切な人をきちんと大切にするときです。結婚して家庭をつくっていったり、家族との時間を多くもったりする人も多いことでしょう。これまでは束縛としか思えなかったような関係性にも、価値を見出すことができますよ。秋から冬にかけては、きらめくような愛に包まれる人も多いことでしょう。

 

<仕事運>

年明けから8月上旬頃までは、仕事にかなりの情熱を、そして時間を注ぐことになります。同時に、人間関係についても波乱が起こりやすく、熱意を共有できるパートナーに恵まれる一方で、交渉ごとではトラブルが起こる可能性も少なくありません。

 

相手が悪い、状況が悪いと感じることもあるかもしれませんが、あなた自身がそもそも問題の発端である可能性のほうが高いかもしれません。他人のせいにしては余計に事態が悪化します。時間をかけて、言葉を尽くして分かり合う努力をしましょう。

 

またこの時期は、やる気に溢れる一方で自分を追い込みやすく、体力の限界を超えやすいときでもあります。大切なときにダウンしないよう、ご自愛くださいね。

 

10月以降は、人の話に耳を傾けると良いときです。自分ひとりで考えていたときは決して思いつきもしなかったような、すばらしい展開も期待できます。あなたは「語る」ことが大好きですし、とても上手な人です。でも、この時期は敢えて相手の語る言葉に、雑踏のざわめきに、少し耳を傾けてみてください。

 

<恋愛運>

年間を通して、大切に思う人と真摯に向き合っていくことになります。特に3月〜9月まではその傾向が強く、ときに「自分らしくない」と思うこともあるかもしれません。ひとりと深く関わるよりも、気楽な相手とインスタントな関係を楽しみたい思うこともあるでしょう。ただ、その大切な人にたくさんの気持ちを、愛情を注ぎ続ける中であなた自身も幸福な変化を遂げていくはずです。

 

シングルの人であれば、結婚し家庭を築いていくことになる人も少なくありません。カップルの人でも、改めて相手に惚れなおすような、惚れ直させたくなるような思いが募る人も多いことでしょう。また、あまり常識的に良しとされていない恋を貫いてきた方の中には、きちんと一人のパートナーとして相手を選びとっていく決意をする方もいらっしゃることと思います。それも、ひとつの向き合い方です。

 

ある意味“自分のやり方”を、愛のために変えていくことになる1年です。自分らしくない、間違いかもしれないという葛藤を抱えるかもしれません。ただ、その迷いがあってもなお、2016年のあなたが選びとっていく愛の選択肢は、あなたという人を成長させていくのだろうと思います。そして、人波のどこかに、埋めきれないパズルのピースを探すような孤独も癒やされていくのでしょう。

 

<真木あかりからひとこと>

人の悩みは、そのほとんどが人間関係に起因すると言っても過言ではありません。人間関係なしに生きていける人はほとんどいないでしょう。そうした意味で、今年のあなたはとても大きなテーマに取り組むことになります。でもきっと、あなたが愛する人の笑顔や言葉のひとつひとつがかけがえのないギフトとなって、あなたに喜びを与えてくれるだろうと思います。

あなたにとって、すばらしい1年でありますように。あなたならきっとできると、信じています。

 

真木あかり