占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。主に日記を綴っているnoteはhttps://note.mu/maki_akari、Instagramはmaki_akariです。

2019年3月6日、天王星移動&水星逆行に次いで7日新月。大きな変化の時期、心身とモノ、コトの備えを。

f:id:makiakari:20190303170141j:plain

2019年3月6日、7日は大きく星が動きます。まず6日、天王星が7年ぶりに居場所を移し、同日に水星がうお座で逆行開始。翌7日にはうお座新月が起こります。

こうした大きな動きが起こるときというのは、いつも以上にインパクトの強い出来事が起こりやすいとき、と言われます。が、私は声を大にして申し上げたいのですけれども、占いというのは悪い予測をしておびえたり、振り回されたりするためにあるのではありません。「そうか、こういう時期なのか。ならばこうしよう」と、“悩む”を“考える”に変えていくためにあるのだと私は考えています。まあ、毎度毎度そんなハードボイルドな捉え方をしなくても気楽にご覧いただければと思うのですけれど、人が背負っているものはそれぞれですから、怖いときもあって大丈夫です。ただ、今が辛いという方は、上記を少しだけ意識して、心身とモノの「備え」をし、過敏になりすぎないようにしてまいりましょうね。

 

天王星の移動を中心にした読み解きは、SONYのエンタメステーションで以前、公開されておりますので詳しくはそちらをご覧ください。

個人としては、自分がより自由に自分らしく生きてくために向き合うべきテーマが切り替わります。単純にチャンネルが変わるというわけではなく、ここ数年間頑張ってきたテーマが自分なりにひとつの成長をもたらし、満ちきったところで次のテーマに取り組む、というかたちになります。エンタメステーションではそのあたり、書かせていただきました。

社会的には、2019年春から数年かけて、お金や資産といったものの概念、価値観が大きく変わっていくでしょう。その萌芽はすでに起こっていて、どなたも感じられていることと思います。ここからガンガン進んでいき、「昔はこんなふうにお金を使っていたんだよ、今から考えると信じられないけどね」的なことが増えていくのだろうと思います。

 

こうした大きな節目と、「スタート」を意味する新月が連続して起こるというのはとても印象的だなと思います。その一方で、今回新月が起こるうお座では水星が逆行という動きをスタートさせ、うお座の守護星である海王星も同座しています。さらにいえば、天王星が移動するおうし座は不動宮でもあります。

「潮目が変わる」「未来を見据えて意図的に行動を起こしていく」というようなはっきりした感覚よりは、どこか「変わりつつあるのだろうがよくわからない」「なぜか過去ばかり振り返っている気がする」といった心境のほうが強いかもしれません。

 

今の段階ではそれでのOKです。うお座新月というのは「目に見えるわかりやすい展開」よりも「目には見えないしわかりやすくないけれど、とても大切なもの」に目を向けるときです。“常識”や“普通”ではなく、自分なりの人生の定義を見つけていくときです。

そのためにも、じたばたと状況をコントロールしようとするよりも流れに身をゆだね、「こうでなければ」という思い込みから自分を開放するようなことをしてみると、この時期にベストな結果に繋げられるだろうと思います。

今は先々の見通しが立たなかったり、視界が曖昧模糊としていても大丈夫です。3月の終わりには、きっと空気がすっきりと澄んでくるでしょう。視線の先に咲いたうつくしい花やひらひらと舞う蝶、そして足元の道がずっと遠くまで続いていることも、しっかり見えてくるでしょう。今がたとえ、濃い霧のなかにあったとしても。

 

なんかいまいちピンと来ないな!という方のために、ヒントとなるかもしれないアクションをふたつ書いておきますね。

 

①過去の「どうでもよかった」に学ぶ

この数年間で「『こうでなければ』と思っていたけど、実はそれってどうでもよかった!」と思った経験を、思い出してみていただきたいと思います。若い頃はとても大事だと思っていたことが、年齢を重ねることで「どうでもええわ」と思えてくること、ありますよね。若い頃は絶対嫌だ、避けたいと思っていたことが「思ったより悪くなかった、ていうかむしろ楽しいかもwww」と思えてきたことも、あるんじゃないでしょうか。年齢を重ねて経験を積むということは、たくさん悩んだり考えたりする日々の集積です。そうすることで私たちは、より自由になれます。

そう考えると「こうでなければ」という思い込みは自分が自分に課す生きづらさというよりは、自分が今後より自由に生きていくために、前向きに乗り越えていくべき課題なのかもしれませんね。

で、過去の「できた」という経験は自己能力感を高めることにつながるわけです。過去もできたのだから、これからもできるだろう。そんなふうに思えたら素敵です。

 

②自己肯定感を持つ

「思い込みから自分を開放する」といっても、頭で「よし思い込みから自分を開放するぞ」と思っても、だいたい5分くらいで挫折するものです。私は4分35秒くらいで「開放するぞ」と思ったことすら忘れそうです。こういう曖昧な目標設定をすればだいたい何をしていいかわからなくなりますので、具体的にまいりましょう。

思い込みから自分を開放するには、自己肯定感を安定させるのが王道かなと思います。自分は生きていていいし、いていいし、自分は自分でOK。この思考をコツコツ自分のなかに植え付けて基本姿勢とすることで、自己肯定感は安定します。そうすれば、あるときふとした瞬間に「俺は俺やで。○○でなくちゃ……って思ってたけど、よく考えたら俺は俺やし、どうでもええわい」と思えるようになる、ということですね。

「どうでもいい力(りょく)」って、私はすごく大事だと思います。自分で背負わなくてもいい他人の問題や、誰が言っているかもわからない“常識”を「それって、どうでもいい」と言えること。乱暴なように聞こえるかもしれませんが、それは「どうでもいいことを切り分けて、自分にとって大事なことに意識を向ける」スイッチでもあるのですよね。しょーもない出来事があったときなどに、心のなかで「どうでもええわい」言ってみると自分が強くなれるときがありますよ。

そういや以前、こんな↓ことも書いておりましたw

 

新月、水星逆行と天王星移動。気持ちも少し揺れやすくなるかもしれませんが、こういうときもあって私たちは、経験や心の鍛錬を積み重ねていけるのだろうと思います。それなしの人生は楽かもしれませんが、たやすく折れやすい脆いものにもなりがちです。だから、今というときもまた自分のために大切に生きてまいりましょうね。

どなたにとっても、良い春となりますように。

 

 

(以下宣伝です)

ご好評をいただいております『2019年上半期 12星座別あなたの運勢』が、2月より

Kindle Unlimitedで読み放題となっています。

Kindle Unlimitedは小説から漫画、雑誌、ビジネス書などさまざまな本(和書20万冊、洋書40万冊−2018年2月のデータですが)が読み放題になるというサービスです。月額980円、申し込みから30日までは無料ですので、まずは試してみたい!という方も気軽にお申し込みいただけると思います。Kindleを持っていなくてもスマホから読むことができます。詳しくは下記バナーからご覧ください。

 

 

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2019年上半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

 

こんなコラムを書きました。

www.alicey.jp 

Yahoo!Japan様が運営されているTRILLで占いの連載がスタートしました。無料で毎週、占いをご覧いただけます。総合運に恋愛運全体・パートナーがいる人向け恋愛運、今はいない人向け恋愛運、仕事運、金運、ビューティー運となかなかモリモリな内容となっております。

trilltrill.jp

www.gentosha.jp

Twitterで毎朝占いを読んでいます。

twitter.com

 真木あかりのインスタでは、毎朝タロットカードの1枚引きをしています。

www.instagram.com 

noteで暗い日記を書いています。正直なところ、どうして自分がこんなに暗い日記を書いてしまうのかわかりませんw 多分暗いのでしょう。

note.mu