占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。主に日記を綴っているnoteはhttps://note.mu/maki_akari、Instagramはmaki_akariです。

2018年下半期 さそり座の運勢(10/24〜11/22)

f:id:makiakari:20180701002230j:plain


毎年お読みいただいている方には申し訳ありません。
ブログ版の下半期運勢については、今年はシンプルに、木星に焦点を当てて時期的なヒントを書かせていただくことにいたしました。
全体運、恋愛運などは先日出版された『2018年下半期 あなたの運勢』(幻冬舎)より、無料で一部(1/3くらい)をご覧いただける幻冬舎plusの記事もよくまとまっていますので、こちらをご参照いただけますでしょうか。

www.gentosha.jp

情けないことと自覚はしておりますが、幻冬舎様の『2018年下半期 あなたの運勢』を執筆した際に我ながら今持てる力を出し切ってしまい、あれ以上のものが現在、書ける気がしないのです。こんなことは今までなかったので、自分でも驚いています。これ以上長く書くのも間違っている気がしますし、変にニッチな方向にいくのもお役に立てないと思います。リライト程度のものでお茶を濁したくもありません。

ずっと何を書けばお役に立てるのか、本を買っていただいた方が内容かぶりでがっかりなさらないか考えていました。結果として、あのクソ長い本の文章ではわかりづらかったであろう「木星移動までにベストを尽くしておくと良いこと」「木星移動から焦点を当てていくと良いこと」という、下半期の計画を立てるヒントをお伝えしたいと考えました。

2019年の運勢については、もう少し何か頑張って書きたいです。メッセージ的なことかな、お手紙みたいに書こうかな、カレンダーにしたいなとかいろいろと楽しみながら考えておりますので、よろしければお付き合いください。そのためにも、体調を少し良い状態に戻すよう頑張ってまいります。

長い言い訳でした、本文は以下です。

 

木星は「幸運と拡大」の星。11月8日に移動します
木星は滞在している場所が意味するテーマについて、あなたを確実に成長させてくれるラッキースターです。木星が自分の星に回ってくる年は、だいたいの占いで「12年に一度の幸運期」と書かれていたりします。ただ、木星が意味する幸運というのはただ待っていていいことが起こる、というものではありません。頑張ったら頑張っただけいいことがあるという意味合いの幸運であり、頑張る方向がズレていれば、結果もズレたものになりやすいのです。

木星をうまく活かすコツはふたつあります。まず「少し欲張りに手を伸ばしてみること」。そしてもうひとつは「簡単にジャッジしない」ことです。木星はときに、幸運とは思えないような出来事をもって私たちの成長を促すこともあります。ただただ忙殺されただけに思えることもあります。ただ、それでも「これは凶事だ」と簡単にジャッジせず、そこから何が得られるだろう?と考えてみると、木星の恩恵を受けやすいでしょう。「あのとき頑張ってよかった」「あのときああなってよかった」と思えるようになる日が、やってくるはずですよ。(もちろんパワハラやいじめ、メンタルの不調といったものを我慢する必要はまったくありません)

2018年の木星移動は11月8日です。
この日までは「できることは全部やりきる」方針で下半期のスケジュールを立てられると素敵です。自分のテーマについて、やるべきことややりたいことをリストアップするのはとても良いことです。1ヵ月ごとに何をするか、スケジュールを立てるのも良いですね。
そして11月8日以降の1年間は、次の木星のテーマを頑張っていくことになります。それも心しておくと、時間を有意義に使っていきやすいはずです。

人は締切があると、やる気にターボがかかります。これは心理学的にも証明されていることです。木星が意味するものは自分ごとのテーマですから、締切も設けやすいはず。意思をもって占いを使っていくと、求める方向にも手を伸ばしやすいと思いますよ。ぜひ、お試しください。

 

■11月8日までにベストを尽くすと良いテーマ「ベストを尽くす」
2017年秋から、「幸運と拡大の星」である木星がさそり座に巡ってきています。いわゆる幸運期なのですが、木星がもたらす幸運というのはちょっとハードモードです。運が良いときというのはチャンスや人があなたの周りに集まってくるのでとにかく忙しいものですが、11月8日までは「今の忙しさも、きっとベストな結果につながる」と思ってお力を尽くしていかれるといいですよ。目の前のことを単純に「いいこと」「悪いこと」とジャッジせず「これも自分がもっと幸せになるための過程なのだ」ととらえておくのも、ご自分らしく頑張るエネルギーにつながるかもしれません。

この時期は、頑張ったら頑張った分だけいいことがあるときです。頑張らなくても生きてはいけますが、得られるものはそれなりでしょう。ひとつ申し上げるならば、頑張る方向性はちゃんと選ぶこと。自分のために、本心からやりたいことをやる、ということが大切です。ここだけは外さないでいらしていただきたい、と切に願います。
もちろん無理をしすぎるのはよくありませんが、ご自分のために欲張りになってあげられると良いですね。

 

■11月8日から焦点を当てていきたいテーマ「能力とお金」
2018年11月8日から2019年12月3日までは、2017年秋から2018年秋までに頑張ってきたことを、実力としてあなたのなかで熟成させ、発揮していくときです。できることややりたいことはどんどん人に話して、活躍のチャンスを作りましょう。そう言えるためにも、自分にはどんな能力があるのか棚卸しして、足りないものがあればキャッチアップしておくことも必要です。あなたが今まで努力して自分のものにしてきたことが、いろいろなところで役立ちますように。

金運も良い時期です。これまで頑張ってきた人は収入にも良い影響があるはずなので、そのつもりでお力を発揮していかれてください。ただ、金運が良いといってもジャンジャンバリバリ使いまくる!というのはあまりお勧めしません。この時期は浪費より蓄財のとき。ろうそくの火で暮らせとは言いませんが(いつの時代だ)できる範囲で貯金をしていくことで、金運を好調のまま保てるでしょう。

2018年下半期、良い日々にしてまいりましょう。さそり座のあなたがたくさん笑っていられますように。心からそう願っていますし、応援もしています。


真木あかり

 

2018年下半期の運勢を最も詳しく書いた電子書籍はこちらです。12星座全部入りのと、星座ごとのものがあります。

電子書籍Kindle電子書籍リーダー)がなくても、スマホやPCからご覧いただけます。Kindleアプリ(無料)をダウンロードしてくださいね。お手数をおかけして恐縮です。

https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page

2018年下半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

2018年下半期 12星座別あなたの運勢 (幻冬舎plus+)

 
2018年下半期 12星座別あなたの運勢 さそり座 (幻冬舎plus+)

2018年下半期 12星座別あなたの運勢 さそり座 (幻冬舎plus+)

 

 

 

雑誌「SPUR」8月号でも下半期の運勢が出ています。