占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2017年 さそり座の運勢(年間占い)

f:id:makiakari:20161227154309j:plain

2017年 さそり座の運勢(年間占い)

 2016年はいかがでしたか。さそり座の人のホロスコープを概観して思うに、自分のフィールドを広げてさまざまな人と話をしたり、新しい仲間を得たりしたさそり座の人はとても多いことだろうと思います。夢を叶えたり、そこに至るまでの一歩を踏み出したりした人も多かったかもしれません。決して平坦な道のりではなかったかと思います。ここまで本当に、頑張って来られましたね。人に見えないところで積み重ねた努力は多かったことでしょう。金銭面でも、努力が実り始めていると思います。

 

続く2017年は「これが起こる!」「仕事運がバカみたいにツイてる!」といった、わかりやすいものではありません。起こることは一人ひとり、まったく様相が異なるでしょう。共通して言えることがあるとすれば、1月から10月の間は「自分自身と過去を振り返り、来るべき幸運期に備える」といった傾向です。さそり座の人がどのような人生を歩んで来られたかによって、そのあらわれ方は異なります。そして10月以降、12年に一度の幸運期が巡ってきます。一気に飛躍のときを迎えることになるはずです。準備の年、と言ってしまうとなんだかつまらない下積みのようですが、高く飛ぶためには一旦、グッと深くしゃがむことが必要です。長く走るためにはそれなりに栄養や体力を溜めておくことが大事です。高く飛び、長く走り続けるために2017年できることを、ここでは書いてみたいと思います。

 

さそり座の人はとても社交的で交友関係も広いのですが、ひとりの時間もそれはそれで楽しむことができる人です。2017年は例年以上に、ひとりでいることを選ぶシーンが増えるかもしれません。もしそう思うことがあったら、運勢的には良い流れと思っていただいて大丈夫。ぜひゆっくりと、いろいろなことに考えを巡らせる時間を持つといいでしょう。これは行動についても同じことです。2017年は独立や転職、思い切った冒険といった大きな動きは2017年10月以降がベスト。それまでは現状維持で物事を進めていったほうがよろしいかと思います。

 

現状維持といっても、何もしないということとは違います。何もしなければ、現状というものは衰退する一方。あなたが今持っているものを磨きながら、目の前のことにベストを尽くしていきたいものです。それと同時に、10月以降の幸運期を迎えるための「準備」もなさっていくといいだろうと思います。それは大きく分けて、ふたつあります。

 

まずひとつ目は、自分に必要なものを見極めることです。

ここまで頑張ってきた中で、あなたはたくさんのものを身に着けてこられました。知識や技術、アイデア、思い出などなど、いろいろありますよね。嬉しいこともそうでないこともたくさんあると思います。2017年はそうしたものの中から、自分にとって本当に必要なものを選び出し、自分を確立していくことが大切です。誰かがいいと言っていたもの、世間でいいと言われているもの。世の中にはいろいろな「価値」がありますが、あなた本来の価値の拠り所を他人にばかり求めていると、自分の中の“軸”が揺らいだり、ときに失われてしまったりすることもあります。あなたが自分にとって必要だ、大切だと思うものはなんでしょうか。この問いに対し、思い浮かぶキーワードはありますか。もし胸に浮かぶ何かがあるなら、それが2017年10月以降の幸運期において、あなたのアイデンティティの“軸”になるのではないかと思います。

 

ふたつ目は、過去にやり残したことに決着をつける、ということです。ここまで頑張っていらした中で、「あのときこうしておけばよかった」「あのときは仕方がなかった、でもずっと心のどこかに引っかかっている」といった、心のささくれのような出来事はないでしょうか。小さなことでも、大きなことでも構いません。くだらないことだっていいんですよ。ちなみに私の場合、過去のくだらない遺恨といえば「中学生のとき友達のY子に貸した『日出処の天子』1巻(しかも花とゆめコミックス版!)を返してほしい」というものであります。ない部分は文庫版で補完したので読めはするのですが、やっぱり揃えたいものです。ついでに言うなら元カレが昔うちに忘れていったアダルティーな本『●●の●● ●●●●●』(あまりにアレなので名は秘す)もどうにかしたいんですよね。別れて10年以上経ったのでもう処分していいでしょうか。ていうかなんでうちに持ってきたんだよこの本。自分ちで読めよ。

 

と、どんどん占いとズレていく内容にそろそろ不安になってきた方も多いと思うのですが、気を取り直してまいりましょう(私が)。こうした過去の遺恨、やり残したことにしっかりと決着をつける、自分の中で「完了」のフェーズに持っていくということはこの時期、非常に大切なことになります。私の例はくだらなすぎると思いますが、「あのときこうしておけばよかった」と思うものをひとつでもなくしておくことは、今年のさそり座の人の幸運をきっと後押ししてくれます。やり直さなくても、心の中で「あれはあれで良い経験だった!」と思えるようになるだけでも充分です。

 

寺山修司の詩『さらばハイセイコー』に、下記のような一節があります。

 

ふりむくな

ふりむくな

うしろには夢がない

 

ある程度長い時間を生きてきた方なら、うしろに夢がないことはわかっているのだと思います。でも振り向いてしまうんですよね。「あのとき……」と思いたくなってしまうものです。それは決して悪いことではありません。思い出は甘美です。ただ、負のエネルギーを呼び起こすだけの思い出をずっと握りしめていては、新しい運をつかめません。2017年10月以降、さそり座の人は振り向いていてはもったいないくらいの時期を迎えます。だから私は敢えて「ふりむくな」とお伝えしたいです。そのためには、「ふりむかないようにしよう」という決意ではなく「振り向かなくても大丈夫」と思っていられることが大事です。ちゃんと前に進めるように、過去のあなたがやり残したことに、ちゃんと決着をつけておきませんか。夢は前にあります。ふりむいて別のものを見ていたら、もったいないですよ。

 

さて、1月から10月にかけては、星のフォーメーションの関係から、想定外の出来事が起こりやすいときでもあります。中には少なからぬショックを伴うこともあるかもしれませんが、解決の道がまったくないわけではありません。状況をよく把握し、できることをひとつひとつやっていきましょう。先程申し上げたとおり、大胆な展開は選ばないほうが吉ですが、運命は変わらないものではありません。あなたが変えようと思えば、未来は開けます。

 

ただし、こうしたトラブルがもし起きてしまった場合、精神的にはかなりのダメージを食らう暗示です。あなたは決して弱い人ではないのですが、今年に関しては影響の出方は大きいと考えられます。できれば自分を癒やし、心身ともにしっかりと休息をとる時間を意識的に持つようにしましょう。ときには現実逃避だって大いにオススメします。って、一応日常生活に影響が出ない程度に戻ってきてはいただきたいのですが、自分で自分を追い詰めないこと。それだけは覚えておいてください。まあいつの間にか追い詰めてしまうのが人間ってものですけれどもね、もし追い詰めモードに入っているご自分に気づいたら「おっといかんいかん」と平常モードに戻ってきてください。大丈夫、戻れますよ。

 

<恋愛運>

恋愛運が良くなるのは2017年10月からです。ここからあなたにとって愛情も人間関係が濃く豊かに拡大していく星回りが始まるのに加え、他の星々も素晴らしいフォーメーションを組んであなたの恋やパートナーシップといったものを応援してくれます。おそらくはここで運命と呼べるような大恋愛や、結婚といったイベントを経験刷る方は非常に多いだろうと思います。シングルなら非常にモテます。ただちやほやされるだけではなく、あなたという人の魅力を理解し、互いに嬉しさや喜びを分かち合いたいという熱い思いを寄せられることになるだろうと思います。

 

……と、年間占いとして年末年始に読む方が多い本稿において「10月からです!」で終わってしまうのはあまりに切ない感じですね。まあ幸せが約束されているようなもんなんだからあとはいいだろ! と3秒くらい思ったり思わなかったりしたわけですが、それまでのことも述べておきましょう。10月までの間にまったくそういった機会がない、というわけではもちろんありません。年明けからしばらくの間はあたたかな追い風が吹きます。2月末頃、少々インパクトのある出来事を経験する暗示もあります。また初夏から夏にかけて、すでにパートナーがいる方は「ふたりで目指していくもの」「ふたりの関係が続くことを前提に、あなたが目指すもの」を、心に強く刻印するかもしれません。

 

一点ご注意いただきたいのが、2017年前半は、表向きにできない“わけあり”の恋にふらふらと惹かれやすい暗示がある、ということです。抗いようのない波もあるかもしれません。障害があっても、それに飛び込むことが幸せであると思えることもあるでしょう。ただ、あなたが自分を傷つける道を選ぶことのないように、と私は願っています。

 

<仕事運>

10月からは華々しい幸運と拡大の星が巡ってきます。それにより仕事の幅もグッと広がりを見せチャンスも増えていくのですが、それまでは人知れず力を尽くしたり、誰かの陰になって頑張ったりすることが多いでしょう。裏方仕事は華がないように見えるかもしれませんが、それこそがあなたの実力や周囲からの信用の源泉となり、2017年10月以降のチャンスにつながっていきます。ガンガン新しいことをする、最前線に打って出るというよりは、置かれた場所で真摯に咲きながらベストを尽くすとよろしいでしょう。

 

また過去にやり残したこと、経験が足りないと思っていることなどがあれば、この時期に補完しておくと良いだろうと思います。2月と8月、仕事面では需要な転機が訪れるかもしれません。また収入に関して不安を抱いていた方は、2017年から安心できる状況が増えていくだろうと思います。

 

2017年、頑張ってまいりましょう。あなたにとって充実した1年になりますよう、心から応援しています。

 

真木あかり

 

【宣伝】
どのようなお悩みでも詳しくご相談いただける個人鑑定を、BASEで承っております。私でお力になれそうなことがありましたら、いつでも頼ってくださいね。

makiakari.thebase.in
LINE占い、引き続き出ております。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

最近書かせていただいた記事です。よろしければぜひご覧ください。

soflan.lion.co.jタートルネックはNG! 風水的恋愛運アップのファッション | ALICEY

新しい手帳を買ったら試してみて! 運気アップの手帳術 | ALICEY

12星座別占い♡真木あかり先生の2016年の運勢特集 | 4meee! (フォーミー)

 

noteには日記を書いてい……くつもりはあったんです!(∪ ´ω` ) 2017はがんばります!

note.muTwitterです。おもしろい動物画像ばっかりリツイートしていて、あまり占いのことはつぶやいていない気が……なぜTwitterやってんだろ私www

 真木あかり (@makiakari) | Twitter