占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

必要とされる、その一瞬をとなりで一緒に歩きたい。(木星移動によせて)

f:id:makiakari:20160908214238j:plain

明日9月9日、木星おとめ座からてんびん座に移動します。木星は「幸運と拡大」を意味するベネフィック(吉星)。ひとつの星座に約1年間滞在し、象徴的なものをもたらしてくれます。

すっごく個人的な話をしちゃいますと、いて座の私にとっては「仕事」にスポットが当たる年でした。それも目の前のルーティンワークではなく、社会のなかで自分はどう生きていくべきか、何をすべきかを考えるような部類の仕事です。「ライフワーク」と言い換えてもいいかもしれません。

 

まあ年末のようなものなのでいろいろ思い返すわけですが、いろいろなご縁に恵まれて、本当に活動の幅が広がった1年でした。LINE占いというLINEのファミリーアプリで「チベタン・オラクル」がスタートし、個人鑑定も本格的にお請けするようになりました(これまでは雑誌やウェブでの連載がメインで、個人鑑定はご紹介のみお引き受けしていたのです)。オフィシャルサイトからのご依頼も、たくさんいただくことができました。まさに「社会のなかで自分はどう生きていくべきか」をたくさんたくさん考えた1年だったように思います。

 

占い師が必要になるときって、ほんとうはないほうがいいと思うのです。悩んだとき、ってことですからね。でも、出口も見えない真っ暗なトンネルの中にいたら、ほんの一歩踏み出すのすら不安で、立ち止まって動けなくなってしまうものです。その悩みが真剣であればあるほど、闇は深くなるのだろうと思います。

どちらを向けばいいのかすらわからないような暗闇のなかに迷い込んでしまうことは、人生でしばし起こりうることです。そんなときに、そっと手をとって、となりで一緒に歩きながら、出口の光が見えるところまで一緒に歩けたら。そんなふうに思って、おひとりおひとりのお悩みに向きあわせていただいておりました。ただただ一生懸命生きてきたように思っておりましたが、それもまた私の人生に与えられたかけがえのないギフトだったのだと、今は感じている次第です。接点のあったみなさまに、心から感謝いたします。ありがとうございました。本当に幸せな1年でした。明日からの1年も、迷うことなく歩んでいけるような気がしています。まあ迷うんでしょうけどな!!(いて座特有の照れ隠し&つっこまずにはいられない性分と思ってやってくださいw)

 

木星移動については、こちらをご覧くださいね。

 

makiakari.hatenablog.com