読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

2016年下半期 さそり座の運勢

f:id:makiakari:20160530221159j:plain

2015年後半から、さそり座の人のなかには「自分を押さえつけていた重荷のようなものからいつの間にか開放されていた」という実感を抱いている人が多いのではないだろうかと思います。一方で、2016年に入ってからは「本当の自分」を試行錯誤しながら熱く追い求めるようなふしもあったことでしょう。ときには妥協を許すことなく、自分自身との闘いを繰り広げてきた方も多いだろうと思います。頑張って来られましたね。こうした流れは8月上旬には一旦落ち着きを見せ、また秋口までにはそんなあなたを応援してくれる、頼もしい味方も現れるだろうと思います。

 

そして2016年9月中旬以降、ここまでに手にした能力や資格、他者からの信頼などを、自分が本当にやりたいことと向き合う時期がやってきます。ずっと向き合うことを避けてきた、生々しい本音やコンプレックス、嫌な部分にも直面するかもしれません。ただ「臭いものにフタ」をしていても、あとあとそれが足を引っ張ることになるというのは、ここまでで散々経験もしてきたことでしょう。

 

正直なところ気が向かない部分も大いにあると思いますが、この自己研鑚のような時期が終わる2017年秋以降の1年間、あなたには大いなる幸運期が訪れます。ここでしっかりと力を発揮し、チャンスをつかんでいくためには必要な1年間だと思って、自分と向き合っていくと良いでしょう。これからの人生、どう生きていきたいかを先にイメージして、それに足りないものを自分に課していくのも良いだろうと思います。

 

私からひとつご提案したいのは、自分と向き合うにあたっては、自分に「ないもの」だけに注目しないことです。「ないもの」と向き合うと同時に、自分が確かに持っているもの、頑張って手の内におさめてきたものも自覚しましょう。そうでないと、しんどいばかりになっちゃいますからね。頑張ってきた自分もちゃんと認めてあげることで、2016年秋からの1年間はとても有意義で、かつ能動的なものになると思うのです。自分の価値に、ちゃんと気づくことが大切です。

 

この先やってくる幸運期は、すでにやってくることも、時期もはっきりと決まっています。2017年秋からの1年間ですね。もともと、さそり座の人は困難を前にしても決して逃げることなく、真正面からぶつかっていく不屈の精神力の持ち主です。きっと、この時期を有効に使っていけるだろうというのが私の見立てです。自分を肯定し、ないものはきちんとないと認め、マイペースで目標に向かって進んでいきましょう。周囲に迎合することなく「個」を突き詰めていくのも、この時期のさそり座の人を支えていくことになるでしょう。

 

8月、9月は将来の自分のために投資をしたり、ガツンと大きな出費をしたりするタイミングです。この時期の投資は未来に生きてきますので、変にケチケチしないことです。ただ、今この瞬間の楽しみのための出費はムダになりやすいので、注意したほうが良いでしょうね。つい、使っちゃいたくなるかもしれませんけれども。

 

<仕事運>

2016年前半、自分にしかできないことを追求したり、また技術を身につけるのに必死に頑張ったり、なさっていると思います。この研鑽の時期は、これから先もしばらく続きます。しんどいかもしれませんが、今のあなたはすぐに身につくことや、表面上の知識には興味はないはず。また、そうしたものを追い求めてもすぐに使えなくなりますから、じっくりと腰を据えて努力を続けていくと良いでしょう。先ほども述べたように、自分が今後やっていきたいことを念頭においてじっくりと考えてみても良いかもしれません。

 

9月上旬までは人脈形成にも良い追い風が吹きます。いろいろな人に会いに行って、自分のやりたいことを伝えてみると良いでしょう。友人や仲間が思わぬ力になってくれたり、人を紹介してくれたりするかもしれません。

 

2016年の下半期は、ここまでも述べてきたように、自分に厳しく向き合っていくときです。楽な選択肢はいくらでもあります。それはあなたにも充分わかっているでしょう。それでも、敢えて厳しい道を選びたくなるのがこの時期のさそり座だと思います。もし、そういった選択をしようとしているのなら、ぜひ自信を持ってください。あなたは、運に逆らわない「正解」を、きちんと選びとる能力を持っているという何よりの証です。自分は何のために働くのか、何のためにスキルを磨くのか。迷ったときは、どうぞ心のなかで問い返してみてはいかがでしょうか。

 

また、この2016年下半期というタイミングで、働く場所を変えたいという動きが起こる人もいるかもしれません。今後、最終的な目標を達成するための足がかりとなる異動や転職の話が舞い込んで来る可能性もあります。心のアンテナが反応したのなら、ぜひ前向きに考えてみると良いでしょう。9月上旬までにご縁があった人がキーパーソンとなって、嬉しい引き合いがある可能性もあります。話だけでも聞いてみる、そんな姿勢が幸運を呼びこむでしょう。

 

<恋愛・愛情運>

2016年前半は2度、大きく恋愛運が盛り上がりを見せるタイミングがありました。2016年も中盤を迎えた現在は、さほど積極的に恋を追い求めたいというモードではないでしょう。どちらかというと、今自分がやるべきことが楽しく、そちらが優先されている気配があります。たが9月末から10月にかけて、そんなあなたに恋をする人が現れるかもしれません。友達が恋人に発展するようなタイミングが訪れるなど、想定もしなかったような恋のハプニングを経験する人も少なくないだろうと思います。ストイックに努力を続けている最中の人も多いと思いますが、気持ちと気持ちがふと邂逅する奇跡があるかもしれません。

 

カップルの人であれば、11月から12月いっぱい、少し踏み込んだ将来の話をするタイミングが訪れるかもしれません。家庭をもつこと、ともに将来を歩んでいくことに関して、恋人とガチな話し合いを持つ人もいらっしゃると思いますが、当然ながら自分のことだけを考えていると平行線に。本音を出しつづも、常に愛を介在させておくことを忘れないようにしてください。

 

ファミリーの人には、ちょうどクリスマスや年末年始といったタイミングで「家族でいてよかった」と、自分自身に再確認するようなタイミングが訪れるでしょう。冬の寒さにも負けない、熱い熱がこもるタイミングです。

 

<真木あかりからひとこと>

苦労して身につけたものが大きければ大きいほど、遠くまで行くことができます。これまでは歩いてきた道のりを、これからは翼を広げて自由自在に飛んでいくことができるかもしれません。自分にはもっとできることがあるのだ、そんな確信を持つ人こそが強いのだろうと思います。この特別な時間を、どうぞ楽しみながら過ごしていただくと、良いこともたくさん得られるだろうと思います。頑張っていきましょうね。心から、応援しております。

 

真木あかり

(2016.9.14追記)

BASEというオンラインショップで個人鑑定をお申し込みいただけるようにしてみました。ご不安なことがあるときなど、いつでも頼ってくださいね。お力になれたらと思います。

makiakari.thebase.in 

 

LINE占い「チベタン・オラクル」好評配信中です。個人鑑定のご相談も随時承っております。LINE占い「悩み相談所」もしくはオフィシャルサイトより、いつでもお声がけください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

真木あかり8冊目の著書『悪魔の誕生日事典2016』(宝島社)発売中です。コンビニや書店、Amazon等でお求めいただけます。お見かけになりましたら、ぜひご覧になってみてくださいね。

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!

悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!