占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。主に日記を綴っているnoteはhttps://note.mu/maki_akari、Instagramはmaki_akariです。

春分の日。さあ、動き出そう。

f:id:makiakari:20160320122750j:plain

2016年3月20日は春分の日。星占いでは太陽がおひつじ座に入ることを意味し、新しい1年がここから始まります。太陽のおひつじ座入りはもうすぐで、13:30。昨日は1日雨が降った東京ですが、今日は晴れ上がってまさに「春!!」という感じ。太陽の光が、格別嬉しく感じます(^^)

 

月と天王星土星でグランドトラインもできていますね。しかも火の星座ですから、ここのところ辛くてしんどくて、ただ傷をなめるしかできなかったような人は少し楽になるかもしれません。断捨離するなら今、です。

 

お正月みたいなもんですから、向こう1年の展望を考えても良いですね。春のあたたかな光のエネルギーを受けて、希望を抱ける人がひとりでも多くいらっしゃることを願っています。私も今日は少し早めに仕事を切り上げて、のんびりと“これから”を考えようかなと思っています。

 

(余談)

実は私のメイン占術は四柱推命なので、節分のときも「お正月ー!!」と言っています。もちろん1月1日もめでたいので祝います。そして春分はもちろん今日のようなテンションで過ごしているわけで、年に3回お正月気分になっているんですよね。なんておめでたい奴なんだ(笑)

占いそのものの使い分けとしては、個人鑑定のときは四柱推命で、内容によって九星気学を使います。連載ものは12星座と九星気学を持っています。書籍のときは数秘術を使ったりもします。個人的に日々の指針としているのは九星気学かな、日盤吉方は毎日取っていますし、引っ越しは必ず良い方位のほうに決めるようにしています。