読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

どうしてもダメなときは、強制的に自分をかわいがろうぜ

f:id:makiakari:20160317213408j:plain

私は基本的に「自分は本当にいい女だ」と思って生きています。まあそれは幸福な思い込みであって、実際には悪いところもありますし、凹むこともあります。ただ、完璧な人などいませんからね。悪いところは随時修正&アップデートするとして、根本的には自分をちゃんと信頼していることが大事だと思っています。そうでないと、おかしなことで流されたり自分を苦しめたりすることになります。

でも、どうしても自分に自信がなくなってしまう日もありますよね。自分にだってイイところはたくさんある。それはわかっているけれども、人から言われたこと、されたことが胸に突き刺さって前に進めない。自分ばかりを責めてしまう。

 

そんなとき、悩み続けてしんどくなっても良いことはありません。悩んで自分を見つめ直すことも大事ですけれども、それにしたって「そこに至るまでのパワー」が必要なわけです。そのためには、とにかく自分をケアして、かわいがってあげることが先決です。

自分は大事な存在なんだってことを、自分にわからせてあげるんですね。長所を紙に書き出すのでもいい。おいしいものを食べてもいい。お気に入りの入浴剤でリラックスしたり、とことん寝たっていんです。

でも、それでもどうもむなしいときは、強制的に自分をかわいがること。これに尽きます。その方法は

 

マッサージ

 

……えっとガッカリさせてしまっていたらすみません……(∪ ´ω` )

 

エステでも、指圧でもいいです。自分が一番「ここがいい!」と思ったサロンに行って、オールハンドで、できれば長めの時間を選んで施術してもらってください。人の手というのは強力なエネルギーを持っています。それが60分なり、90分なり、自分を徹底的にケアしてくれるわけですね。自分でかわいがれないなら、人にかわいがってもらうのです。大切にしてもらうのです。

(※よく知らない他人に身体を触られるのが嫌い、という人は向かないと思います)

 

同じ理屈でいえば、美容院でもいいです。足裏の角質とりでもネイルサロンでもいいです。人の手で触れてもらうことで、自分の波長に合っているならなんでも良いです。誰かの手をお借りして、自分をかわいがってあげる。

もし自分をどうしても責めてしまうような、そんな思考回路に陥ってしまうようなときはぜひ試してみてくださいね。

 

 (ここからは余談です。しかもものすごいどうでもいい話です)

先日、マッサージに行きました。徹底的に自分をかわいがろうと思って(笑)、フンパツして90分コースに。ホット●ッパービューティーで(別に伏せ字にする必要もないのですが)予約した初めてのお店です。行ってみたらなかなかいい雰囲気。しかし、ブースに通されて着替えていたらですね、どうにも気になることが。

 

隣のブースで男性がハアハア言ってる

 

これは……!(∪ ´ω` )

 

いやでもしかしホッ●ペッパービューティーに載っていたお店だし、ソレなお店ではなかろう、しかし気になるなコレ困っちゃうな。まあでも着替えちゃったしなあ参ったなあ。で、なし崩し的に施術が始まったわけですが、疑惑はリフレ担当のお嬢さんから指圧担当のお嬢さんに交代したときに氷解しました。

当初は普通に肩から背中にかけて力強く押してくれていたお嬢さんですが、ふとベッドに乗っかったと思ったらいきなり、

 

私の背中の上で正座

 

驚いて口から心臓が3つくらい飛び出しそうになりましたが、これが実に気持ちいい。正確にいえば、体重軽めのお嬢さんが膝を使って背中を広範囲に押してくれるんですね。凝りまくって一枚板のようになった背中には非常に良い刺激です。ただ、肺が圧迫されるのでどうしても、グッと押されるたびにハアハアしちゃうわけで……(笑)

 

さっきのハアハアはこれだったのか……!!(∪ ´ω` )

 

あのときのおじさま(って、もしかして若いかもですが)、変な疑惑を抱いてホントすまん……と思ったのでした。きっと私の隣のブースのお客さんも、若干心配になったに違いないw

一生懸命、私の身体をケアしてくれた彼女には感謝の気持ちでいっぱいです。今回はほんとうにありがとう。おかげさまで元気になれました。また行くね。そのときはどうぞ、よろしくね。