読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

誰も傷つかないように。それはとても難しいことだけれど。

f:id:makiakari:20160224234009j:plain

ちょっとだけ昔話をしようかな……

 

今は真木あかりとして占い師のお仕事を多くしておりますが、もともとは広告などで使われるテキストを書く人でした。キャッチコピーとか、広告テキストですね。化粧品メーカーさんから飲料メーカーさん、大きな会社さんからちいさな会社さん……幅広く書かせていただく怒涛の日々のなかで、私がポリシーとしていたのは「誰も傷つかないように」ということでした。私が書いたものを読んで、悲しむ人がいないように。誰も、心に棘を刺さずに済むように。

 

自分が、気にしぃな性格だったからかもしれません。当時はそのときの恋人に何度も結婚を拒否された結果、街中で幸せそうなファミリーを見るたびに絶望感にさいなまれていました。もちろん、幸せそうなんて一瞬の感想でしかないことはわかっています。その裏にはひたすら、地道な日々がぎっしり詰まっているはずで。でも「受け入れてもらえない私」「幸せになれない私」で思考がストップしてしまうんですよ。

人はものすごく傷つきやすい。だから、誰も傷つかないような言葉を……と、一番に考えて書いていました。

 

あるとき、お仕事でご一緒した広告代理店の方にこのことを話したら、「またそんなキレイゴトをw」と一笑に付されました。

 

(またすごい否定の仕方をするなと思いましたが(∪ ´ω` ))そりゃそうです。100%、誰かが傷つかない文章をを出すなんて無理。価値観が違うんだもの。幸せそうなファミリーを見て傷ついていた自分がいるからわかります。痛みを持った人にとっては、たったひとりで涙をこぼさなければいけない状況の人にとっては、世間の常識や幸せすらも刃になるのです。

 

誰も傷つけないなんてことは無理。割り切ってやったほうが楽なんです。特にいまのネット社会は、そんな風潮があるように感じています。

それでも私は、言葉を使う仕事である限り、やっぱり傷つけないことを目指していきたいと思うのです。曖昧にぼかすという意味じゃない、真摯に表現をしたい。たとえキレイゴトだとしても、ときに失敗することがあるかもしれないとしても。ただの自己満足だとしても、できるだけそうしていきたい。ああ、またキレイゴト言っちゃってるかもしれないなあ(笑)。手に入らないから欲しいと思っているだけなのかもしれない。でもまあ、それもまた人生、よね。