読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

自分をいじめるようなことを言ってはいけません

日記 運をよくする方法

f:id:makiakari:20160212002753j:plain

 

私は基本的にネガティブな人間です。

だって印星の持ち主だもの!!というのは言い訳ですが、元彼にも「君はいつも悲劇を期待している」と言われたくらい。別れるときに「そういう枠にハメたいだけだろ!!」と言ってやりましたが(滅びろ!)、まあネガティブですわ。

 

ここまで読んで元彼に同情した人ー!ハーイ\(^o^)/

 

というのはさておき、何をするでも「私なんて……」って感情が先に立ってしまうんですね。この後に続くのは「愛されるわけない」とか「大した人間じゃない」といった言葉たちです。

でもね、これを「やらない」って決めると、運気は好転しますよ。

「自分なんて」と考えてしまうことって、自分をいじめているのと同じことなんです。本当はもっとできるかもしれないのに、おさえつけて「お前なんてこの程度だー!思い知れ!」と言っているようなもの。かわいそうですよね、自分が。

 

自分のことを大切にできるのは自分だけ。

それなのに、自分をいじめるようなことを言ったら自分がかわいそうです。

 

私は弱くてへこみやすくて、すぐめそめそしてしまう人間です。でも、自分をいじめるような発想をしてしまったあとは「ハッいやいやそんなことはない、私はいい女」といちいち思い直すようにしています。その真偽はどうあれ(笑)、それが大事なんだろうと思います。

 

自分をいじめるのをやめると、ぽろっと良いことがあったりします。「自分なんて」教の方、いらっしゃいましたらぜひお試しください。嬉しいものですよ。何があっても、自分は自分の味方でいなければ、ね。