読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

悪と言いなさい、悪と。

日記

f:id:makiakari:20160205001228j:plain

知人で専門学校の講師をしている人がいます。知性と教養、そして言葉に対する熱いスピリットを持った人です。その彼から聞いたお話。

 

ある日、いつものように彼が授業の最中に熱弁をふるっていたときのこと。天気が急変し、窓の外がざあざあ降りの雨になりました。生徒たちはざわつきます。

 

「さっきまで晴れてたのに!」

「やだー、最悪!!」

 

それを聞いた彼は、激怒しました。

 

「最悪とはなんだ。雨が降ったくらいで『最も悪い』と言えるのか。そんなはずはない。どうしても言葉に表したいなら『悪』と言いなさい、『悪』と!!」

 

私はこれを聞いて、腹を抱えて笑ったものでした。生徒たちが「やだー、悪!!」と言っている姿を想像すると、もうおもしろくておもしろくて(笑)。でも、思い出すたびにその通りだなと深く納得します。私たちはよく「最悪だー!」などと簡単に口にしますが、最も悪いことなどそうそうありません。おそらく「最も」というからには人生で一度のはず。それ以外は全部「悪」にすぎないのです。人生で不運だと思うことのほぼすべては、悪にしかすぎない。最悪じゃない。

 

以来、「なんとなくツイてないなあ」と思うたびにこのエピソードを思い出すようになりました。現状を正しく認識することの大切さを、改めて教えてもらったように思います。

 

最も悪いなんてことはない。

これはただの悪なのだ。

だから、私はまだまだ大丈夫だ。

 

って、ね。