読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

問題は解決しません。でも、どうでもよくなります

f:id:makiakari:20151003210813j:plain

 「人を許すことができない」と悩んでいる人がいました。

 

こうした悩みを抱える人が辛いのは、人を許せないと思いながら、そんな自分をも許せないと感じてしまうこと、ではないかと思います。どうしてもっと優しくなれないのだろう、どうして素直になれないんだろう。自己否定の気持ちが強くなればなるほど、相手は何も考えていないように思えて、自分だけが苦しんでいるようにも感じて、苦しくなるのです。

 

私もかつて、許せないと思った人がいます。どうしてそんなにひどいことをするの。私の人生をなんだと思っているの。時間を返してよ。どす黒い感情でいっぱいなのに、表面では明るく、なんでもないように振る舞ってみたりして、本当にほんとうに苦しかった。終わりのない苦しみに完全に支配されていました。

 

そんなとき、私の占い記事が掲載された雑誌が届きまして。そこにあった一つの言葉が妙に気になりました。

 

問題は解決しません。でも、どうでもよくなります

 

です。今となってはどなたの言葉だったかも、一字一句正確かどうかもわかりません。そして、これを見た瞬間は「でも今は苦しいの!」という拒否感のほうが強かったのです。

 

でも、時間が経って考えてみると、確かにそうなんですね。心理学でも実証されていることですが、時間が経つと人は大抵、忘れます。B'zの「Don't Leave Me」に「信じられない/こんなに胸が痛いのに/いつか忘れるなんて」という歌詞があるんですが、胸を切り裂くような痛みすら、時間が経てば薄れていきます。

 

忘却するだけではありません。人は成長します。今のまま同じでいることはありません。許せないと思ったことも、その後さまざまな経験をする中で「あの人なりに頑張っていたんだな」とストンと理解できたり、「自分も大人気なかったな」と気づいたりします。それが「どうでもよくなる」ということです。

 

問題は解決しない。でも、いつかどうでもよくなる。

 

そう考えてみると「許せない」という怒りや悲しみも、少しは癒えるのではないでしょうか。考えてみれば、許すのは自分ですが、人間関係は相互のものです。どちらか片一方の断罪で、双方にとってベストな選択ができるとは限りません。それでも関係を続けていかなければならないのなら、せめて自分を責め続けるよりも、「どうでもよくなる」と考えてみてはいかがでしょうか。

 

そうすることで、前向きな努力をしてみよう、と思える瞬間もあるかもしれません。

 

 

★真木あかり監修の占いアプリ「チベタン・オラクル」、おかげさまでご好評をいただいています。無料メニューもご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

 

AppStore

Googleplay

誰にも言うな!使用注意◆当たる占い【チベタン・オラクル】 - Google Play の Android アプリ