占い師・真木あかりのブログ

四柱推命を中心に、12星座占い、九星気学、タロット、風水、数秘術等で鑑定を行う占い師・真木あかりのいろいろ覚書です。占いコンテンツの企画、執筆、連載ご依頼随時承ります。アプリ「チベタン・オラクル」好評配信中。個人鑑定受け付けております。LINE占いか公式サイトよりどうぞ。twitterは@makiakariです。noteアカウントはhttps://note.mu/maki_akari

幻冬舎plus『ご縁の法則』占い編が公開されました

f:id:makiakari:20170331075924j:plain

幻冬舎plus様で連載している「ご縁の法則」、月2回のうち月末は恋愛運に特化した占いです。カップルの人/シングルの人/障害のある恋に悩んでいる人、と3つのステータスでみっちりと翌月の恋を占っておりますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

www.gentosha.jp

2017年4月は逆行が5星(水星、金星、木星土星冥王星)というなかなかワイルドな星回りで、恋をはじめ仕事や人間関係においても「いつものやり方が通用しない」といった印象を受けるかもしれません。ぜひ、ご参考にしていただけますと幸いです。逆行する星たちについては、おいおいまたこのブログで書いていきますね。ちなみに金星はすでに逆行中、水星逆行は2017年4月10日から5月4日です。

 

 

 

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

noteでは主に日記とか日々のつれづれを書いています。しょーもないことも多いのですが、よかったらぜひご覧ください。

note.mu

【宣伝】
どのようなお悩みでも詳しくご相談いただける個人鑑定(メール鑑定)を、BASEで承っております。仕事運など悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

※最近ご依頼が多くいただけるようになり、時折SOLD OUTとなってしまっています。が、毎日20時〜24時に枠を追加しておりますので、恐縮ですがタイミングをみてアクセスいただけますと幸いです。

makiakari.thebase.in

アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

3月23日発売の『Cancam』5月号にて「私とお仕事心理テスト」監修しております

f:id:makiakari:20170327132311p:plain

f:id:makiakari:20170327132252p:plain

3月23日発売の『Cancam』5月号にて、真木あかり監修による「私とお仕事心理テスト」が掲載されています。16ページにわたって適職診断やお仕事への取り組み方、ストレスとの上手な付き合い方、上司や先輩のヨイショ方法などもりだくさんの内容です。新生活シーズン、人間関係やお仕事に悩んだときのヒントに、息抜きに、ぜひお役立てください。

表紙の右下にタイトルが載っているのが地味に嬉しい♡

 

ちなみに私は社会人になってからもう一度大学に通って心理学を勉強したのですが、心理学を学ぶことで感情やストレスのコントロール方法を覚え、随分生きやすくなりました。そんな経験を持っているものですから、心理学や占いといったものを通して、おひとりでも生きやすく、幸せになるためのお手伝いができたらいいなあと、いつも思っております。

そのためにももっと努力をしようと、冷たい雨が降る中おうちにこもって仕事と読書に勤しんだ週末でした。いろんなことが始まったり終わったり、変わっていったりする春にこうした時間を持つのは、悪くないなと感じています。

CanCam(キャンキャン) 2017年 05 月号 [雑誌]

CanCam(キャンキャン) 2017年 05 月号 [雑誌]

 

 

 

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

noteでは主に日記とか日々のつれづれを書いています。しょーもないことも多いのですが、よかったらぜひご覧ください。

note.mu

【宣伝】
どのようなお悩みでも詳しくご相談いただける個人鑑定(メール鑑定)を、BASEで承っております。仕事運など悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

※最近ご依頼が多くいただけるようになり、時折SOLD OUTとなってしまっています。が、毎日20時〜24時に枠を追加しておりますので、恐縮ですがタイミングをみてアクセスいただけますと幸いです。

makiakari.thebase.in

アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

2017年3月28日、おひつじ座新月。はじまりは春風のように

f:id:makiakari:20170326175448j:plain

2017年3月28日、太陽に金星、水星、天王星がぎゅっと集まっているおひつじ座で新月が起こります。新月といえば「はじまり」の意。しかも12星座のトップバッターであるおひつじ座で起こるということで、スタート感は非常に強いです。20日の春の日は星占いでいうお正月、ということはすでにこのブログでも書きましたが、普通のお正月でも仕事始めまではちょっぴりゆるゆるとした気分で過ごす人も多いことでしょう。星占いでもこの28日の新月が仕事始めのような感覚で、フレッシュな気持ちがわいてくるのではないかと思います。

 

折しも年度末です。環境が大きく変わったり、また周囲の人の転機を目にするにあたり自分の来し方行く末に思いを馳せる機会もあるかもしれません。やり残したことへの後悔もあるでしょう。

あのとき一歩踏み出してみたらよかった、どうしてもっと優しくしてあげなかったのだろうという遺恨。そしてこれから始まる日々への、たとえようもない不安。過去と未来が交錯するなかでふと立ち止まってしまいそうになったときは、どうぞ思い出してください。わたしたちは、どんな未来をも選ぶことができます。いきなり夢や願いに手が届くことは少なくとも、それらに関連した本を読むという小さな選択の繰り返しは、必ず私たちの未来を作っていくのです。だから、未来を選ぶことをやめないように今を生きましょう。このおひつじ座新月は、そんなあなたを後押ししてくれるはずです。

 

おりしも、同じおひつじ座に滞在している金星は、3月4日から逆行を続けています。ときどき後ろを振り返ることがあっても、立ち尽くしてしまうようなことがあっても「それでいいんだよ」とふんわり心を包んでくれるような、春風のように優しい後押しもあることでしょう。わたしはわたしでいいんだ。わたしはわたしだからいいんだ。そんなふうに気づく機会があったなら、それはこれまでたくさんがんばってきた過去のあなたからの、かけがえのないギフトであるかもしれません。

 

4月から新しい生活が始まる人は、ちょっぴりどきどきですね。今度またブログで詳しく書きますが、この4月はいつもより想定外のことが多く、柔軟な気持ちと対応を心がけていることが乗り切るヒントになります。一生懸命に何かに取り組んでいるときはつい、目の前のことばかりにとらわれがちになるものですが、落ち着いてまわりを見ることも心がけておくと自分らしく過ごせることでしょう。無理をしすぎず、あなたのペースを大切にがんばってくださいね。心から、応援しています。

 

 

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

noteでは主に日記とか日々のつれづれを書いています。しょーもないことも多いのですが、よかったらぜひご覧ください。

note.mu

【宣伝】
どのようなお悩みでも詳しくご相談いただける個人鑑定(メール鑑定)を、BASEで承っております。仕事運など悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

※最近ご依頼が多くいただけるようになり、時折SOLD OUTとなってしまっています。が、毎日20時〜24時に枠を追加しておりますので、恐縮ですがタイミングをみてアクセスいただけますと幸いです。

makiakari.thebase.in

アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

春分の日、おひつじ座ステリウム。新しい酒は新しい革袋に、新しい自分は新しい環境に。

f:id:makiakari:20170319222651j:plain

「新しい酒は新しい革袋に盛れ」ということわざがあります。もともとは新約聖書の一節で、新しい酒というのはユダヤ教にかわって台頭したキリスト教の考え方のことを指します。曰く、新しい酒を古い革袋に入れれば酒も袋もだめになる。新しい酒は新しい革袋に入れることで、酒も袋も本来の味や機能が保たれる。つまり、新しい思想を持つならば、古い形式に固執するのではなく新しい形式にしていかねばならない、ということを意味しています。

さて、昨日こんな話を書きました。占星術でいうお正月、春分の日についてです。

makiakari.hatenablog.com

「とにかくやれ」「すぐやれ」「自分のためにやれ」と、いささか乱暴なことを書きましたが(ホントに…w)、もうひとつ。新しい環境に身を置いてみるというのは、この時期は非常に良いことです。運気って、毎日同じパターンの生活をしていると淀んできてしまうんです。だからといって「朝起きてごはんを食べて会社に行く」とう生活パターンを崩して「朝は二度寝して遅刻上等」みたいに変えたらいろいろマズイ気がしますが、そうではなく

「あ〜、今日も会社と家の往復だったな〜」

「ランチ…まあいつもの店でいいか…」

といったパターンです。

慣れた生活パターンというのは、ラクです。惰性でダラダラと過ごすことの楽しさよ、怠惰な時間の甘美なことよ。刺激は無けれど安定があり、外界から襲われる危険も少ないのです。ってお前はサバンナででも暮らしておるのかという感じのことを書いておりますが、“いつものパターン”から抜け出すのってなかなかのストレスを伴うのですよね。知らん人と会えばストレスもたまりますし、いやな目にも遭うかもしれない。お金もかかる。時間もムダになるかもしれない。同じことをしていたほうが絶対ラクなんです。

 

それでも、このおひつじ座ステリウム(星がぎゅっと1か所に集まること)をともなう春分の日あたりは、いつものパターンを崩して、新しいところに身を置くことで幸運がもたらされるときです。今よりもっとバージョンアップしたいなら、「新しい酒は新しい革袋に」なのですね。何も変えずに「いいことあればいいな」と受け身でいても、運は良くなりません。新しい革袋ーーつまり新しい環境に身を置いてこそ、あなたの運は動き始めるからです。

 

すごい環境じゃなくて大丈夫です。たとえば新規オープンしたカフェとか、リニューアルオープンした洋服屋さん、入っことのないお店。そうした「新しい場所」に行ってみませんか。通勤途中で、初めての道を通ってみるのもいいですね。近所にあるけれど、行ったことのない神社や公園に行ってみるのも良いかもしれません。あなたが「ここ、初めてだし行きたい!」と思ったところが、ラッキースポットになります。新しいあなたは、新しい場所に。今年の春はそんな人のもとに、あたたかな追い風が吹くに違いないと私は考えています。春の装いでまいりましょう。きっと、良いことがありますから。

 

 

幻冬舎plusでコラム『ご縁の法則』の連載がスタートしました。ぜひご覧いただけると嬉しいです。

www.gentosha.jp

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

noteでは主に日記とか日々のつれづれを書いています。しょーもないことも多いのですが、よかったらぜひご覧ください。

note.mu

【宣伝】
どのようなお悩みでも詳しくご相談いただける個人鑑定(メール鑑定)を、BASEで承っております。仕事運など悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

※最近ご依頼が多くいただけるようになり、時折SOLD OUTとなってしまっています。が、毎日20時〜24時に枠を追加しておりますので、恐縮ですがタイミングをみてアクセスいただけますと幸いです。

makiakari.thebase.in

アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

2017年3月20日、太陽のおひつじ座入り。頑張れ笑え負けるな生きろ、自分の人生のために。

f:id:makiakari:20170318230834j:plain

2017年3月20日、太陽が12星座のトップバッターであるおひつじ座に入ります。いわゆる春分の日で、占星術ではお正月と同じ意味合いを持っています。今年の元旦、「俺はやるぜ俺はやるぜ」モードになっておきながら大して何もしていない人ー!ハーイ\(^o^)/ ってものすごくキレイなブーメランをかましておりますが、星占い的にはここからがスタートです。この新年度に環境の変化を控えている人も多いかと思いますが、心機一転頑張っていこうと思う方にはぴったりの時期と言えるでしょう。

 

太陽が「はじまり」で、かつ勢いよく信念に任せて突き進むことをモットーとするおひつじ座に入ればそれだけでグッとテンションが高まるものですが、今年は水星、金星、天王星が入っており、そこに太陽が参加する形になります。いつも以上に「はじまり」が強調される、大きな節目といえます。

 

このタイミングでぜひやっておきたいことは、とにかく“やる”こと。新しいチャレンジ、イメチェン、断捨離、なんでもいいです。とにかく“やる”ことが大事です。別に「NYの音楽シーンに殴り込みをかけるために単身渡米」とか「世界一周徒歩で自分探し」とかすごいことでなくていいです。いやそのそれが一番やりたいことならそれで良いのですが。でも、たとえば新しいノートを買ってきて、夢を叶えるためにやるべきことをリストアップする、というだけでも充分に“やる”です。そこからあなたのストーリーが始まるのですから。ポイントは「すぐやる」「自分のためにやる」、これだけです。また今度と持ち越したり、人のためにやるというのは、別の機会にしましょう。今すぐ自分のためにやる、それがここからの1年の運命を作っていきます。

 

さて、私が大好きな岡野大嗣さんという歌人が、こんな一首を詠んでいます。

 

ならべるとひどいことばに見えてくる 頑張れ笑え負けるな生きろ

 

頑張って無理して笑って負けないように生き続けて、ギリギリの自分になった経験を持つ人には、ひとが気軽に(そして多くの場合、好意をもって)投げかけてくる「頑張れ」や「笑え」、「負けるな」「生きろ」がとてもつらく胸に刺さることがあります。もう頑張っているのに、必死に笑顔を作ってきたのに、まだあなたは「頑張れ」「笑え」と言うのですか。勝てるように頑張ってきた過去も知らないで「負けるな」と言うのですか。死にたいほど辛くなっているのに「生きろ」だなんて。

これらは想像ではなく、過去の私が思ったことでした。このブログを探して、読みに来てくださる方の中には辛いお気持ちを抱えた人も多くいます。ですから決して、簡単にそういうことを言うつもりはありません。

でも、この占星術でいうお正月のタイミングでは、敢えて言いたくなりました。あなたがあなたの人生を生きるための何かをやってみていただけたらと、切に願います。小さなことで構わない。好きなごはんを食べるとかでもいい。それだけできっと、あなたのストーリーが始まります。あなたが本来持っている「頑張りたい」「笑いたい」「負けたくない」「生きたい」という思いに、火をつけるようなことが起こると思うのです。

 

言葉を見ただけでも傷ついてしまう、相手も悪気があって言っているわけではないと本当はわかっているのに。そう思ってしまうのは悲しいものです。そんな辛い状況がもしあったとしたら、いつまでも留まっていて欲しくないと思うのは、多少おせっかいに過ぎるでしょうか。そうかもしれません。占い師として老婆心をバリバリ掻き立てるほどの星回りだったということで、ひとつ笑ってやってくださいな(^^)

 

どなたにとっても、よき「お正月」でありますように。なお私へのお年玉はいつでもう受け付けておりま……ハッいや調子に乗りましたすみません。新年を境に、くだらない冗談を言う癖も改めようかと思いますw いや改まらないだろうな〜やんなっちゃいますよねもうね(←まるで反省していない人)。

 

 

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

noteでは主に日記とか日々のつれづれを書いています。しょーもないことも多いのですが、よかったらぜひご覧ください。

note.mu

【宣伝】
どのようなお悩みでも詳しくご相談いただける個人鑑定(メール鑑定)を、BASEで承っております。仕事運など悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

※最近ご依頼が多くいただけるようになり、時折SOLD OUTとなってしまっています。が、毎日20時〜24時に枠を追加しておりますので、恐縮ですがタイミングをみてアクセスいただけますと幸いです。

makiakari.thebase.in

アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

 

幻冬舎plus様でコラム『ご縁の法則』がスタートしました

f:id:makiakari:20170315163119p:plain

幻冬舎plus様でコラム『ご縁の法則』の連載がスタートしました。

www.gentosha.jp

テーマはタイトルそのままなのですが「縁」。人との縁、モノとの縁、会社との縁……わたしたちの周りにある「縁」をより良いものにする、欲しい縁を引き寄せるといったことについて書いていきます。特に恋愛運においては、個人鑑定でもよくお伝えしていることをテーマに、できるだけ実践していただきやすいものをご紹介してまいりますので、ぜひお役立ていただければと思います。

15日にコラムが、月末に恋愛に特化した占いが更新されます。どうぞ楽しみにしていてくださいね。

 

ちなみに、よく聞かれる「出会い」については、自分をご機嫌な状態にキープして、良い香りをさせておくのが効きます。お試しあれ!

 

▼こちらもご参照ください

makiakari.hatenablog.com

 

 

Twitterアカウントは@makiakariです。よろしければぜひフォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

noteでは主に日記とか日々のつれづれを書いています。しょーもないことも多いのですが、よかったらぜひご覧ください。

note.mu

【宣伝】
どのようなお悩みでも詳しくご相談いただける個人鑑定(メール鑑定)を、BASEで承っております。仕事運など悩んで行き詰まってしまった折には、いつでも頼ってくださいね。

※最近ご依頼が多くいただけるようになり、時折SOLD OUTとなってしまっています。が、毎日20時〜24時に枠を追加しておりますので、恐縮ですがタイミングをみてアクセスいただけますと幸いです。

makiakari.thebase.in

アプリ「LINE占い」では無料メニューもあります。ログインでコインもたまりますので、ぜひ有料メニューなどもお試しください。

f:id:makiakari:20160530220326p:plain

 

 

 

「今日のことば」1月22日〜28日分:自分と人に向ける言葉に、どんな思いをこめるか。そんなことを考えた1週間。

2017年1月1日からTwitterでつぶやき始めた「今日の星回りと言葉」。続けようと思えば続くもので、しかしダイジェスト版まで手が回らず苦難する日々であります。あまり気にされている方も多くないとは思いますが、私が実際に読んだ本から好きな言葉をご紹介していることもあり、ちまちまとまとめてみます。

 

■1月22日 月は蠍座からいて座に移動。

 

岩崎俊一さんはコピーライターです。人を深く理解すること、その人の愛するものまで好きになることのあたたかさ、をこの日の星になぞらえて選びました。


岩崎さんはミツカンの「やがて、いのちに変わるもの。」や日本郵便の「年賀状は、贈り物だと思う」、ライオン「今日を愛する」などのコピーを作った方です。東急線沿線で配布されているフリーペーパー「SALUS」の岩崎さんのエッセイが、私はほんとうに好きでした。電車のなかで、涙しながら読んだことも少なくありません。ご病気による休載を経て連載が再開されたときは、本当に嬉しかった。でも“そのとき”は私が想像した以上に早くって。できたらもっと長く、岩崎さんの文章に、ひとと世の中を想う心に触れていたかった。岩崎さんがいないSALUSは、ううん岩崎さんがいない世界は星がひとつ消えたようで、とても寂しくなりました。そのエッセイは今『大人の迷子たち』という本になって出版されています。

大人の迷子たち

大人の迷子たち

 

 

■1月23日 いて座の月

 昔々会社員だった頃、日々広告や企業サイトの企画に追われまくっていた時期に買った本。朝から晩まで追われるような日々の中、たしか虎ノ門あたりの書店で買った1冊なのだった。無理やりに捻じ曲げるようにしかアイデアというものを生み出せずにもがいていた未熟すぎる日々、スッと肩の力が抜けてものを考えられるようになったきっかけがこの1冊でした。折に触れて読み返す中、心に残った一節。いて座の月にぴったりだなと思って選ばせていただきました。

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)

 

 

 

■1月24日 いて座の月

 いて座に月があるときは、どこまでも遠くに足を伸ばせるような気分になる。広い視野で世界を見渡らせるようになる。だから目の前のことにじたばたしないで、報われないと思っても自分のベストを尽くそう、という願いをこめました。見城徹さんは『編集者という病い』からずっとファン。この人の熱が好きです。

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

 

 

■1月25日

月は朝、いて座からやぎ座へ。自分への厳しさを前向きなものに転化していける日。

 

別れた人の思い出を忘れるためのおまじないーー それが「だいせんじがけだらなよさ」。逆さから読むと意味がわかります。そうであってほしくない、逆さに読むのはある種の祈りであり、願いでもあるように私には思えるのです。

寺山修司少女詩集 (角川文庫)

寺山修司少女詩集 (角川文庫)

 

 

■1月26日

やぎ座の月。水星や冥王星と重なっていく。ことばが現状を変えていくかも、とこの日は書きました。

 宇野千代さんといえば恋多き女の代表的存在。さまざまな文化人たちと波乱万丈な人生を送られたことはご存知の人も多いかと思います。『恋愛作法』をはじめとして、宇野さんがさまざまなところで書いた言葉をまとめた本は何冊か文庫化されていますが、骨太で大胆で、それでいて可愛らしく、愛され愛した人生だったことが伝わってきます。単なる人心掌握術ではなくて、大切な人の大切なところをしっかり見つめていけるといいですよね。そんな思いを、この日の星になぞらえて選びました。

恋愛作法 愛についての448の断章 (集英社文庫)

恋愛作法 愛についての448の断章 (集英社文庫)

 

 

■1月27日

夕方に月がみずがめ座へ。

 

マッキンゼーで「i-mode」立ち上げに携わり、リクルート、現KLab、サイバード、オプト、Google楽天と錚々たる企業を渡り歩いた尾原和啓さんの本。プラットフォームビジネスの基本をおさえたくて読んだのだけれど、すてきな一文があったのでご紹介。幸せな未来へ向かって。どんなサービスもここが基本なのだよね。占い師っぽくない本だけどご紹介。

ザ・プラットフォーム IT企業はなぜ世界を変えるのか? (NHK出版新書)

ザ・プラットフォーム IT企業はなぜ世界を変えるのか? (NHK出版新書)

 

 

■1月28日

この日はみずがめ座の新月。スパーンと純粋なスタートライン。追って火星がおひつじ座に入る。どんな心の声も大切に、と書きました。

 

 

大好きな『点子ちゃんとアントン』より。児童文学だけれど、おとなになった今だからこそこの本で取り上げられている「勇気」が必要だなと思って、折りに触れ読み返しています。私がコドモすぎるのかもしれないけれど(笑)

点子ちゃんとアントン (岩波少年文庫)

点子ちゃんとアントン (岩波少年文庫)

 

 

といったところで1月も終わろうとしている日々の記録でした。